ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.15 (Fri)

退院直後の生活で役立っているもの

退院直後から里帰りもせず、親のヘルプもなく夫婦二人でやっています、というと、「すごいね~」とか、「大変なのによくやるね~」と言われます。
でも、旦那さまがよくやってくれるせいか、うさ子がよく寝てくれるタイプなのか、私の産後の回復が平均より早いのか、よく分かりませんが(全部なのかも)、それほど大変な状態にならずに最初の2週間を乗り切ることができました。

当初、退院後1週間は旦那さまは仕事を休む予定でしたが、出産までに時間がかかってしまったため、そういつもいつも休むわけにもいかないので、通常通り出勤しています。
旦那さまは朝7時に起き出して、出かける前にご飯を炊く、洗濯をする、日によっては掃除機をかけたり料理を1品作ってから出勤します。一生懸命早く帰ってきて、なるべくうさ子の沐浴も頑張ってくれます。
遅くなる日は私一人で入れるのですが、今のところ平日も6割は旦那さまが沐浴の係。
その後、私がうさ子に授乳している間に夕食の準備をして、うさ子が寝るのを待って二人で夕ご飯。
まさに旦那さま奮闘中です。

ちなみに洗濯は乾燥機フル回転。
私が洗濯をするときは雨が降っていない限り外に干すのですが、その手間が・・というのもあり、もう今は電気代や環境には全て目をつむって労力節減第一、でやっています。

ヘルパーさんの依頼の仕方も調べたし、頼むつもりでいたのですが、なんとか家の中が回っていると、わざわざ人に来ていただくのも面倒になり、今のところそのままになっています。
誰かにお願いすることに抵抗があるわけではないので、私が外出できるようになってから一時保育をお願いすることが出てくるのかも、と思っています。

そんなこんなでやっていますが、出産前よりは明らかに実働できる時間が少ないので、手間のやりくりは必要になります。
おっぱいが止まったら大変、と思うので、まずは食べるものの確保を最優先にして今役立っているものは・・

冷凍しておいたおかず
これは何より役立っています。朝ご飯はご飯+納豆+αぐらいで食べ、夕ご飯は旦那さまが帰ってきてから支度をしてくれますが、昼ご飯は一人。
うさ子がいつ泣き出すか、いつ泣き止むか分からない中でゆっくり麺をゆでたりなどできません。
安全なのはレンジでチンすること。これはもし途中で泣かれて放っておいても危険はないですから。

昼ご飯に便利だなと思ったのは、野菜をたっぷり入れて煮込んだビーフシチュー。
これをご飯にかけて食べれば美味しく食べられるし、栄養もそこそこいい線行っているのではないかと思います。

ハンバーグ、ひじきやおからの煮物、おひたしなども冷凍してあるので、もし、旦那さまの帰りが遅く、夕飯を作ってもらえないときにはこれらを食べれば大丈夫、と思うだけで安心感があります。
旦那さまが準備してくれるときも、1品足したいなとか、調理時間を短くしたいなという日にはとてもお役立ちです。

先週末には、旦那さまがいるので安心して火を使って煮物(高野豆腐と切り干し大根)を作り足すことができました。またストックが増えた安心感で心穏やかに過ごせました。

冷凍おにぎり

冷凍おかずと同じようなものなのですが、おにぎりにするということにもメリットがありました。
普段、わが家では米は3合ぐらい炊いて、余った分は一食分ずつラップに包んで冷凍しています。これで十分食べられるのですが、なにせうさ子がいつ泣くのか、いつ泣き止むのかが分かりません。
昼になって私もお腹が空いたなあという時間帯に延々とぐずるときには、おにぎりになっているととても安心感があります。

食べるときには、まず、レンジで温めておいて、熱すぎない程度になったときに大判の焼き海苔に巻きます。
そうすれば片手で食べられるので抱っこしながらでも十分食べられるし、うさ子の上にこぼす心配もほとんどなくて安心です。

冷凍野菜

今までほとんど使っていなかったのですが、入院する直前にスーパーに行ったとき、国内産のものもあることを発見し、目にとまった冷凍野菜を買ってみました。
かぼちゃとほうれん草
これが意外と役に立ちました。
どちらもレンジで温めれば食べられる状態になるし、かぼちゃはちゃんと煮物にしなくても、マヨネーズとかドレッシングとかちょっとつければおかずとして食べられます。
朝や昼、緑黄色野菜が足りないなと思ったときに添えて食べるのに重宝しています。
調子に乗って、ネットスーパーで小松菜、さといも、ブロッコリーなども買ってみました。これらもいろいろ使えそうです。

乾物・缶詰・佃煮

手間をかけなくてもすぐ食べられる乾物や缶詰などもお役立ちです。
私が出産した病院では、母乳に対してえらく強いこだわりがあって、母乳によい食事についても指導がありました。その中に、授乳中は水分を多くとる必要があるので、できるだけ実だくさんの汁物を入れましょう、というものがあります。
毎食、ちゃんと味噌汁をつくるというのは面倒だし、そもそも一人の時に切ったり、沸かしたりする時間を確保できる日ばかりではありません。

とろろ昆布+かつお節+じゃこや昆布の佃煮 に熱湯を注ぐと、とろろ昆布汁ができます。
ご飯+さんまの缶詰+何か薬味 に熱湯を注ぐと、それなりによいお茶漬けができます。

など、すぐ食べられる乾物や缶詰、味付け代わりにする佃煮はとっても役立っています。

ネットスーパー

やはりネットスーパーのヘビーユーザーになっています。
家にいるので買っとかなきゃ、というものに気がつきますが、それをいちいち旦那さまに言って仕事帰りに帰ってきてもらうのも面倒だし、それより早く帰ってきてくれた方がありがたい・・という訳で、うさ子のおむつも含めて日用品も食料品も、週に2回ぐらいネットスーパーで買っています。
自分で外に出られなくても自由に物が手に入るのはほんとに助かります。

そんなこんなで入院前に準備したものと、退院後の余裕のあるときにこれらを補充することでなんとかわが家は回転しつつあります。

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

うさ子ちゃんは、一番よい方法とタイミングで出てきてくれたのですね。前回の記事を読んで思いました。妊娠出産て、本当に神秘的だと思いました。
旦那様、めちゃくちゃ頑張っていますね~。それで外で働いて帰ってくるなんてすごい・・。私は今1人でたっぷり時間があっても、お昼どうしようと悩むので、産後は冷凍のおかずを作っておくと重宝しそうですね。冷凍の里芋、よく使います!ほうれん草も便利ですよね。冷凍かぼちゃは買ったことないのですが、生のかぼちゃを切るのって大変だし、かぼちゃって何もしなくてもそれだけで甘いし、今度買ってみようと思っています♪お体に気をつけて、育児頑張ってくださいね~。

ぴょんたさん、産後の回復順調なようでよかったですね
うさ子ちゃんもよく眠ってくれて、親思いですね
先日の出産の記事、何度も何度も読ませていただきました。 自分の出産が近づいてるのもあってか、また同じく不妊治療で授かったというのもあってか、涙が止まりませんでした。
本当に出産お疲れさまでした。(うまくコメントが書けない自分が情けないです・・・)
ご夫婦二人での生活、参考になることが山盛りです。
私は1か月ほど実母の世話になりますが、実母が帰ったあとが勝負だと思うので、いろいろ真似させてくださいね
冷凍おにぎりは、絶対やります。
くれぐれも無理はされませんように、ぴょんたさんのお身体もご自愛くださいね。 



ご主人さま、すばらしいですね!
さすが育休を検討されてる方だと思いました。
(両親学級、同じ日時に参加していました!)
私は実母の手伝いを受けていますが、帰った後が勝負だと思うので
ぴょんた家を参考に、がんばっていきたいと思います。

前回の記事での出産の様子、本当に大変でしたね…
でも最善の方法での出産だったのですね。本当によかった!
うさ子ちゃんが選んでくれたんでしょうね、親孝行ですね。
お互いまだ産後間もないですが、体調に気を付けながら
子育てを楽しみましょうね!
これからもよろしくお願いいたします。
(リンクありがとうございました。こちらもリンクさせていただきました)

ぴょんたさん、本当に大変なお産だったんですね。
でも、必然的にというか、神様が導いてくれたようなお産だったんですね。うさ子ちゃんが母を思ってだったのかもしれませんね。とにかく無事の誕生、本当におめでとうございます!
(前記事の手術当日の夜。思い出しました。当日夜は本当につらいですよね・・・)

旦那様、すばらしい!! ぴょんたさんの準備もすごいです。私は実家にすっかり甘えましたが、大変な時期だからこそ2人で乗り切ることができたらそれが何よりな気がします。あと、私もネットスーパーはよく使いましたが、遅ればせながら、先日生協に加入してみました。まだ届いてないですが、冷凍食品はさすが生協が充実しているなあと思いました。
まだまだ大事にしなきゃいけない時期ですから、くれぐれも体調第一にして過ごしてくださいね。

>himekoさん

うさ子はうさ子なりに考えて下から出てこない、という方法を考えたみたいです(笑)。
帝王切開だね、とほぼ判断を固めてくれた先生がちらっと、「どうしても下から生まれたくない理由があるのかもしれないしね」と言われたのですが、そうだったのかなあと思います。

はい、旦那さま、頑張っております(笑)。家事をするのが
冷凍の葉物は生をゆでるより繊維を感じて味は少々劣りますが、手間を考えればあまり贅沢も言っていられないので、今は重宝しています。かぼちゃは生を買うのとあまり味も変わらずいいですよ。

himekoさんも健診など順調な様子。
これからますますお腹が出てきて動くのは大変になると思いますが、赤ちゃんに会える日が楽しみですね~。

>BLUEさん

暖かいコメントありがとうございます!
一緒に共感してくださる方がいることで、長期戦の間も心強かったし、今振り返ったときにもいい経験だったなあ~、と思えるようになっている気がします。ありがとうございます。

日によるんですが、うさ子はけっこうまとまって寝てくれるタイプなので助かっていますが、やはり思ったようには動けないのでミニ工夫を寄せ集めてなんとか気楽に暮らしています。
また新たな方法が見つかったらお知らせしますね。

BLUEさんもいよいよですね。ブル子ちゃんからの合図はが待ち遠しい毎日だと思います。
私も一緒にドキドキしながら楽しみに待っています!

>Elieliさん

やはり同じ病院で同じ時に両親学級に行っていたんですね!
とすると、入院の時期も重なっていていたんだなあと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

日常の生活は夫が頑張ってくれているのと、うさ子はよく飲み、よく眠ってくれる方だと思うので、なんとかなっています。ただ、ぐずりが2時間を超えると高齢ママは疲れてしまって、「もう限界~」宣言をして添い寝+おっぱいで一緒に昼寝です(笑)。
何事も無理をしない、方針で行きたいと思うので、まあそれでいいか、って感じです。

元気ではあるものの、いろいろと注意力が散漫だなあと思うこともあって、けっこうまだ疲れているのかもしれないと思うこともあります。
お互い、大事にしながら過ごしましょうね。

>edoさん

結局本格的な陣痛こなかったので、体力的には大変じゃなかったのですが、精神戦って感じでそちらで疲れました。ただ、当日の夜はやっぱり本当にしんどかったです。
うさ子ののんびりは最初の親孝行かも、と思います。

夫が今のところ頑張ってくれているのでなんとかなっていますが、年度の後半になればなるほど仕事が忙しくなるので、私もいろいろ工夫をしながらやっていかなきゃなあ、と思っています。育休が開けたらもっと大変になるわけですし。
生協は冷凍食品が充実しているのですね。産前にちょっと見たことはあったのですが、1週間分をまとめて注文するのが面倒かも、と思って結局そのままにしていましたが、ここまで冷凍物に助けられるとは思っていなかったので、再度検討してみようと思います!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。