ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.20 (Tue)

妊婦健診(32週0日)

早くも9ヶ月です。あと1ヶ月ちょっとで正産期、あと8週間で予定日です。

昨日が健診日でした。
2週間おきの健診になってからあっというまに健診の日がやってきます。前々から予定は分かるし、どうしても駄目な日は外せるので通院の苦労はありません。
どれぐらい大きくなっているのかなあと楽しみに出かける感じです。

今日はいつもとは違う年配の助産師さん。
今日は軽めの服を着ていったから、というのもありますが、体重は前回に比べて300グラム増。なんとか踏ん張っています。2キロ増えて注意されて以降の1ヶ月、トータル500グラム増に収まりました。
さあ、これからラストスパートのお腹のせり出しの中で体重コントロールはできるでしょうか。

心音も順調。
助産師さんにはすべてOKと言われたけれど、帰って母子手帳を見てみると尿糖が±とついていました。いいのかな?とは思いますが、先生にも何も言われなかったからまあいいのでしょう。

このところずっと羊水多め(8センチ以上だと「深い」と言われて、要注意のようです)が続いているので、今日もエコーがありました。この時期、必ずしも毎回エコーが必要なわけではないようですが、羊水の観察のため、私は毎回エコーです。
エコーの費用がいくらなのだかよく知りませんが、毎回の自己負担分は6千円ほど。
姿が見られるから十分うれしいし、月2回でも1万円ちょっとで、夢クリに比べれば費用も可愛いものです。

羊水は今日も8センチ(子宮の壁面から赤ちゃんのお腹あたりまでを測っているみたいです)。やはり深めの要注意ラインのようですが、急激に増えてるわけではないからまあ大丈夫でしょう、全体に大きいからそのせいもあるかもね、ということになりました。

推定体重は2121グラム。ついに2000グラムを超えました。
頭の大きさは35週相当。そのほかも34週ぐらいの大きさで、平均からみると2週間ぐらい大きいみたいです。
私も3200グラムを超えていたし、旦那さまは3500を優に超えていたそうなので、大きめに生まれてくるのでしょうか。

次回は2週間後の8月2日。今まで診てもらっていたクリニックでの健診最後の日です。
その次からは分娩予定の病院での受診。
まともに出勤するのもあと10日余りとなりました(その後も、会議とか打ち合わせとか、動ける間はちょくちょく行くことになりそうですが)。
梅雨が明けたら、なんだか急にいよいよ、という感じがしてきました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

えええ?え~?
毎回自己負担があるのですか?
わたしのところは何か問題のあった時だけしか
自己負担ないですよ???
自治体によってか…診療所によって値段が変わってくるのですね。

びっくりです。

もう9ヵ月になられたのですね~
あと少しがんばりましょうね!!

>あ~ぴょんさん

毎回自己負担があるのでそんなものだと思ってましたけれど、自己負担がない方が一般的なのかもしれませんね。
おっしゃるように自治体によって補助額も違うし、診療所によって料金も違いますからね。
わたしの場合、血糖値がひっかかったときは、保険診療だったみたいで、却って安かったです(笑)。

仕事ももうあと2週間になりました。ほんとあっという間です。
大きなお腹を抱えて毎日暑いのですが、このボコンボコンと動くお腹ももう2ヶ月もないんだなあと思うと、早く会いたいんだけれどこの一体の時間を楽しんでいたいような気持ちもあります。
お互い元気に夏を乗り切りましょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。