ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.08.06 (Sat)

3ヶ月健診と予防接種

気がついたらオリンピックが始まっていて、お盆休みも目前…
ついでに42歳の誕生日も目前。そんなに歓迎していませんけど(笑)、この一年、家族みんなが元気に過ごせて、ましろも生まれて、幸せなんだなと思います。

先週末、土日とも出勤だったので、今週は月曜と木曜に代休をとり、ましろの保育園参観、夏祭りと3ヶ月健診に行ってきました。
保育参観といっても、ましろはお座りすらできないので、保育園での姿、といってもいつもと変わらない様子でした。窓からこっそり覗いで楽しくなるのはやはりもう少し自分の意思で行動を起こせるようになってからかも。
今、ましろが通っているのは、30人弱の小さな保育園ですが、先生たちが頑張って夏祭りも用意してくれていました。新聞紙で外枠を作った中に風船を入れて作るボール作り、風船ヨーヨー釣り、ビニールで作った金魚すくいと盆踊り。いずれも3ヶ月のましろには楽しさが伝わらなかったようですが、盆踊りの音楽は好きだったようで、ポンチャラリン♪(曲名を知らないのですが、うさこも保育園で踊っていたようなので保育園児にはメジャーな歌なんでしょうか)と流れると楽しそうにしていました。

3ヶ月健診は集団健診。同じぐらいの月齢の子たちが集合し、お母さんたちもなんとなく顔見に知りになっていたりするとおしゃべりしたり…の時間。うさこの時とは違い、マタニティ教室にも行っていないし、児童館にも行っていなし、会ったことあるかも…という人は皆無で、特段おしゃべりする相手はいなかったのですが、「ミルクを一回に○ml飲ませている」とか、「そんなに飲めるはすごい!」とか、いつから混合にしたか、とか、助産院ではこう言われた、とか、情報交換している声は聞こえてきました。
たぶん、一人目のうさこの時から相対的にはいい加減な育児の方だったのだろうと思いますが、ましろに至っては、泣いても放っておく放置育児(?)なので、お母さんたちの悩みの輪に加わるのも場違いで、ましろと遊びながら待ち時間を過ごしました。
とにかく普段構っていないので、ましろは密着しながら遊ぶととても喜ぶ、喜ぶ。
3人目らしい、ツボを押さえたニコ~でアピールしてくるのでとてもlovely💓

ちなみに、問診票に書いた育児の悩みは「手をかけていないこと」です。
医師の診察の時にも、丁寧に何か困っていることはないかと聞かれたので、5歳、3歳、3ヶ月で、ほとんど放っておいて気がついたら大きくなっている感じで…と言ったら、
「それでいいと思います。他のお子さんからの刺激を受けて却って成長が早いとおもいますし」と言われました。よかった、よかった。

折しも昨日、助産師さんで某区の委託を受けて赤ちゃん訪問をしたりなどもしている知人に会いました。私よりたぶん10年ぐらいは年長の方(=超ベテラン)なのですが、あれやこれやの話題から転じて、「今時のお母さんたちは情報過多で振り回されて大変よね。ミルクを何cc飲んだとか、飲まないとかで悩むより、赤ちゃん見て、元気ならそれで大丈夫なのよね。いい意味でのいい加減さが大事よ」と言われました。
そう、その通りなんですよね。今は私もそういう境地ですが、うさこの夢クリ通いをしていた頃には値に一喜一憂していたなあ。判定日のホルモン値の伸びが悪くて動揺して凹んで、持ち直して安堵して…と。
当時の夢クリルールにあった、「安静期間」が終了して母子手帳をもらいに行った日、普通のコースに乗ったらなんと楽なことか、と思いました。

こんなに気楽に放置していられるのも、ましろがプクプクに太って、お腹が空いたら大声で泣いて、あやしたらニコニコ満面の笑み、と、健康そのものなのを感じるタイプだからなんだろうと思います。だから心配する人には心配するなりの理由があって、自分で大丈夫と思えるようになって初めて心配から解放されるんだろうなあと思います。それまではいくら情報を集めても、誰かが何かを言ってくれても、それは本質的な解決ではないんだろうなあと。

3ヶ月19日でのましろのサイズは6945g、身長62.0cm
うさこは3ヶ月28日で同じぐらいの体重、ミミスケは4ヶ月3日で7800g余り。ましろはわが家の平均路線を行っているようです。

そうそう、保健師さんののお話でB型肝炎の予防接種が定期になる、というお話がありました。5月ぐらいに上二人の予防接種をしに行った時に小児科でその話を聞いていて、先月、区からのお便りも来ていました。
今年の4月以降生まれからが定期接種、定期接種の用紙が送られるのが9月の末で、10月から3月までの間がその用紙が使えるとのこと。
小児科の先生からは、もちろん定期接種の用紙が届いてから(=無料になってから)受けてもよいのだけれど、半年の間に3回受けるのはけっこう日程的に厳しい、生後半年で一番風邪を引いたりしやすい時期、かつ秋から冬にかけてやるのは大変だから、それまでに受け始めておくことをお勧めする、というようなことを聞いていました。3ヶ月健診のときの保健師さんのお話でも、通常は2ヶ月から接種が始まるので、自費にはなるけれど早めの接種を希望されるかどうかは家族で検討してください、というお話でした。
わが家は基本的に予防接種は積極的にやる方針なので、再来週、すでにましろは初回の予約を入れています。ちなみにうさこやミミスケもこの機に受けさせようと思って、旦那さまに予約を入れてもらったところ、二人とも接種が完了していることがわかりました(汗)。

予防接種、多すぎるし、どんどん増えるし、アプリも使ったりはしているけれど覚えきれません。わが家が診てもらう小児科は2箇所あるのですが、そのうちの1箇所はこちらで頼まなくてもインフルエンザの予防接種などの折に母子手帳を受付の人が細かく確認してくれて、受けていないのがあると、「○○の接種が可能です」という付箋を貼ってくれるのです。一種の営業、売り込み(?)ですけど、助かるわ~。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。