ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.06.01 (Wed)

5人家族になりました

月一更新すらすっかり滞り、前回更新からすでに数ヶ月ですが、元気に過ごしております。

で、タイトル通り、4月15日に無事に次女が生まれました。三度目の帝王切開、人生最後の出産です。
41週で生まれたうさこ、39週で生まれたミミスケよりは小さいですが、38週、3000グラム越えで元気です。生まれた数日後は看護師さんに「小顔ちゃんね~」など声をかけられるぐらい、生まれた直後のむくみがとれたらスッキリした顔をしていましたが、1ヶ月健診では4000グラムを軽々超え、今は下膨れのプクプクちゃんです。
うさこ、ミミスケに続き、よく飲み、よく出し、よく寝る手のかからない子路線を進んでくれていて、母としては大助かり。手がかからないというより、3人目、手をかけていないというのが正確なところですが…。

もうずいぶん前になりますが、出産のときのことを多少書いておきますと、今回はなかなか仕事が終わらず、書類上の産休は36週半ばから、そして実際には入院の前々日まで職場に行っていました。だんだん歳をとってきて、自分の仕事を整理して誰かによろしく、というだけでは始末できなくなってくるので、それが40超えた出産の大変さの一つかも、と思いました。でも、ギリギリまで動いていたことは体力維持には貢献したようで、2人目、ミミスケのときより出産直前の体力はあった気がします。
ちなみに、うさこのときは、予定が近づいても全く生まれる気配がないので、毎日涼しくなると(9月で残暑が厳しかった)かなりの距離をウォーキングしていましたが、それをしなかったミミスケのときは、なんとなく、産後も体力的に大変だった気がしていました。なので、今回は産休に入ってからは職場にも行ってはいましたが、帰り道は2キロぐらい歩いたり、保育園に早く迎えに行き、子供たちとせっせと散歩しました。
もちろん体調と相談ではありますが、産前の体力キープには効果があった気がします。

出産そのものは予定帝王切開なので、ミミスケのときの復習。
麻酔の不愉快さと、術後の痛みも、ああこんな感じだった…と思い出しましたが、もともと痛みに鈍感なタイプなので、そこそこの苦痛でクリアしました。後陣痛はこれまでより実感があり、ズキンズキンでしたが、とはいえ硬膜外麻酔もが切れてからもボルタレンとロキソニンで凌ていたので、大したことなかったのだと思います。
ちなみに金曜の出産で、同じ日に11人生まれたらしいのですが、そのうちの6人が帝王切開だったそうです。つまりその日は過半数が帝王切開。4人が予定、2人が緊急だったそうで。
退院指導の日、3日陣痛促進剤を使って産まれず、緊急帝王切開になったという、私のうさこのときと同じ状況の方がいて、私が1人目がそんな状況、予定帝王切開は楽でした、という話をしたら、とても喜ばれました。頑張っても頑張っても産まれず、結局帝王切開にというなんとも言い難い気持ち、同じ人がいてよかった~という感覚、よくわかります。

そして3人目の次女ちゃん、ここでは「ましろ」と呼ぶことにします。
全然白くなくて、普通に赤ちゃん色していますが(笑)、ぴょんた、うさこ、ミミスケ、ときて、名前がそれ以外に思いつきません…
ましろ、というのは、子どもの頃好きだったいもとようこさんのうさぎの絵本の主人公です。うさぎが好きで、ぴょん、という名前のうさぎを飼っていましたが、絵本で好きだったのは、「白いうさぎと黒いうさぎ」と「ましろのあさ」の2冊。いずれも絵がかわいい、きれい、というのが理由です。

というわけで、初登場のましろ、生後2日目には体重が10%減った、ということで、私も搾乳機を使ったり等々、スパルタ母乳指導を受けましたが、3日目からぐんぐん体重も増えてほぼノーケアの産婦になりました。
うさことミミスケで手一杯の年度末からの怒濤の日々、そして帝王切開だったので、看護師さんから「生まれる前からおっぱいのマッサージしましたか」と聞かれても、ああ、そんなことはしたほうがいいんだったな、程度。「生まれてからはしましたか」と聞かれても、手足をあれこれ固定された術後の状態で無理でしょう…と思うだけで、生まれてくるましろの準備をしていなかったなあとよくわかりました。
が、そこで反省したというより、ま、大丈夫でしょ、うさこもミミスケも丸々太ってたから、いずれ母乳も出てくるでしょうからね、と思っただけ。幸い、その通りになりました。
うさこのときは母乳が出ないのではと泣きそうになりながら頑張った感じでしたが、今回は搾乳機を使ったりしながらも、授乳室に集まるお母さんたち、産後のヘトヘトの状況でみんなよく頑張ってる、すごい、と心底思ったり、搾乳機ってよく出来ているなあとか、そんなことに感心していました。


この調子で書いていくと現在に追いつくまでかなりかかるので、まずはここまでで。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ぴょんたさん、おめでとうございますっ!
嬉しい、やった〜、ステキ!
どんな言葉でも伝えられないくらいです。
3人目、うらやましいし頑張ってもらいたいです。
先日、悲しいニュースをみたあとから少し落ち込んでいたので、気分が上がりました。
働くママ、応援しつづけます!!
やった〜*\(^o^)/*

>れおりんさん

ありがとうございます!
7年前、こんな毎日になるとは想像もつかなかったですが、様々なことに恵まれて忙しいけれど幸せな今があるのは本当にありがたいなあと思っています。
そして、当時励ましあった皆さんと今でも繋がっていられるのも本当に感謝です。

れおりんさんも毎日忙しく駆け回っていらっしゃることでしょう。
お互いぼちぼち頑張っていきましょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。