ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.08.06 (Thu)

夢クリD10、D11通院

今週は月曜、火曜、連続通院です。

まず、D10。
土日とも出勤だった分の代休を取得していたので、いつもより心持ち遅い時間に保育園にうさ子とミミスケを連れて行き、そのまま新橋へ。9時半ぐらいの受付で80番台でした。
あんまり混んでいないと思ったのですが、意外に進みはゆっくりでした。
院長不在だったせいでしょうか。
採血の後、内診、診察室の流れです。間で処置室に呼ばれ、あれこれ同意書を渡されました。処置室がオープンカウンターになり、やりとりがスムーズになったのはいいのかもしれませんが、会話が丸聞こえ。感染症の結果など、問題がない人だけオープンカウンターで渡していて、もし問題があれば診察室で医師から渡しているのだろうとは思うけれど、今の時代、他ではなかなかなさそうな話です。
「三人目なんですね。おめでたい」
と言われました。私はそんなに悪い気はしないけれど、1人目のためにずっと頑張っている人が聞いたら「なんとまあ贅沢な」と思うかもしれないですよね。

いつも卵胞が大きくならず、ダラダラ生理が遅れるタイプなのですが、ミミスケ出産後は、ある程度規則正しくなっていました。でも、まあ、今回も遅れるかなあと思い、移植はお盆頃、と思っていたのですが、内診室でちょっと意外。
17ミリになっていました。
ちなみに久しぶりの内診室、最大限効率重視の模様は変わらずでした。カーテンを切って・・・って、子宮頸がんの検診を受けるクリニックでも、妊婦健診を受けるクリニックでも、出産する病院でも、他では見たことありません。ご開帳の状態で何分も待たされるというのもまた他ではないことでしょう(笑)。

内診と診察は女医先生。私は初めてでした。
血液検査の結果でγグロブリンが高いとのこと。これも初めてです。
確かに最近毎日のように何か飲んでいるし、それがそのまま体に出る歳になったということなのね…と反省。移植したら飲めなくなるとは思っていましたが、早めに自重することにします。
再検査となりましたが、この一週間も毎日飲んでいたので改善していないかも。
そのせいで移植が遅れたら嫌だわ…(通院が無駄になる…)。自分のせいなんですけどね。

E2も上がってきていて、もう1日様子を見たいので、明日来るようにとのこと。
午前指定ですか?と確認したところ、カルテを見返して、院長診察が入ると思うので、午前の方がよいでしょうとのこと。
内膜に水が溜まっているようにも見えるので、それについても院長が確認するとのことでした。

そこから会計に行って待っていると、もう一度処置室からおよびだし。
γグロブリンの再検査のオーダーを出しましたという報告でした。
そんなこんなで計3時間。解放されたのは12時20分。

E2:283
LH:5.7
P4:0.4
FSH:4.8
Dダイマー:112
TSH:1.090
TPO抗体×51:3↓
AMH:4.36 ←多嚢胞なんだなあと実感する値
お会計:25,336円

実は、現在旦那さんの海外赴任に同行していて、一時帰国している職場の後輩と銀座でランチの予定だったので、代休にも関わらずヤキモキして待ちました。昼すぎることはまずないと思って12時に予約していたのが甘かった…。
この日待ち合わせをした後輩は、夢クリの後輩でもあります。彼女が勤めていたときは、別の某有名クリニックで治療をしていましたが、なかなか結果が出ず、OHSSになったりなど苦労して、不妊治療を理由に退職していきました。退職後、夢クリに転院し、うまくいって、ミミスケの半年後に女の子を出産、そして旦那さんの転勤が決まり、かなり遠方の日本人はあまりいない国で今暮らしています。
そして今、第二子希望で長めの一時帰国中とのこと。院長には1年かかると思いなさいと言われたそうですが、現在は移植後の経過観察中。まだ気は抜けないけれど、卒業も見え隠れする段階まで来たようです。よかった、よかった。

彼女からメールが来たのが先週の受診の直後だったので、なんだかとっても奇遇ね~、ということで、この日の通院後に子連れじゃ行けない店でランチを…ということになりました。
ランチのお店で2時間半、その後スタバで1時間、あれこれおしゃべりして別れました。一緒に働いた期間は1年余り、歳は5つぐらい違うのだけれど、穏やかな彼女との友達付き合いは楽しくて、同い年の子どもを持つママ友としても仲良くしていきたい一人です。

そして連続通院の本日、どのタイミングを通院に充てるか、迷いました。
毎週火曜は室のミーティングをしており、火曜の昼は、部長、室長でのランチョンミーティングの日。いずれもやめられなくはないし、出張等々だと普通にパスしたり、再設定するし、子どもの発熱ぐらいだと事情を明かしてそれでパスなのですが、理由を伏せたままドタキャンするのはなんとなく心苦しい感じ。

というわけで、この2つの小さなミーティングの時間を避けて、「用事を積み残してしまったので、10時から2時間、休みます、朝は早く出勤します」ということで深い理由は明かさず途中で脱出することにしました。
院長診察だとすると、7時半に並んでも9時に終わらない可能性が高く、これぐらいの時間が一番効率よく終わるのではないか、という賭けです。

10時15分ぐらいに受付し、外来受付、採血、内診まではスムーズ。この時点で11時20分ぐらい。
そこから診察までが30分、この時点で12時前でした。
「E2も上がっていて、卵胞も大きくなっている、1週間後に移植でいいでしょう。看護師さんから説明があるので待っとって」
瞬察で終了。
問題ないということでしょう。

そこから処置室呼び出しまで20分あまり待ち一通りの説明。
スプレキュアは1回貸し出しを選んでその場でシュツと。(どんなに頑張っても2回以上使うつもりはないので)
移植日が11日(火)、通院日が15日(土)、18日(火)までが指定されました。
お会計も若干待って、12時半脱出完了。ランチミーティングまでタクシーで直行しました。
E2:406
LH:16.5
P4:0.5
FSH:6.7
お会計:8,866円

通院の目途がたち、来週の休みの日程をちょっと操作すれば対応可能だなと思って、最大のストレスはひとまず縮小。
15日は旦那さまの実家に帰省しているときですが、新幹線で行き来すれば大丈夫だし。D12の日曜が出勤日なのがちょっと不都合ですが、判定日はそんなに時間かからないでしょうから、なんとかごまかして一時脱出をしようかと。
そして昨日、D51の卒業までカレンダーにこっそり書き込みました。
さあ、どうなることでしょうか・・・。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

うまくいくといいですね!

以前1回だけコメを残したケイトです。
あれからずっとブログみてました!
私も凍結胚盤胞が一つ残っているのですが、2人の育児にてんてこ舞いでなかなか決心がつきません。もう39歳なのに…
だから前向きに治療する姿に感激です!
私も一歩進んでみようかと思えてきました!
出産までたどり着けますように。

>ケイトさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
ずっと見て下さっていたのですね。ありがとうございます。
私も今だけで十分手一杯ではあるのですが、このままにするのも心残りで、思い切って始めました。
採卵に苦労したこれまでに比べて、急な展開になかなか追いつけないところではありますが、なるに任せて行こうと思います。
ケイトさんもいい折り合いがつくとよいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。