ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.29 (Mon)

4歳と1歳半

前回の記事を書いたのが9月の最初の週末。
土曜日には全員そろって元気に昭和記念公園に繰り出しました。
ありあわせのものでなんとか弁当もつくり、車で昼前に到着。

lunch.jpg

レンタサイクルでトランポリンに向かい、うさこはトランポリンを楽しみ、ミミスケはひたすら徒歩を楽しんで、お弁当。
ローラー滑り台と再度トランポリンで終了。
帰りの道中は子どもたち爆睡。

とても予定通りだったんですが・・。
その後、月曜日にうさこ発熱。月曜日は半日ずつの出勤でつなぎ、火曜日は旦那さまが休めるとのことだったので旦那さまに任せて私は出勤。水曜は始発・終発の新幹線で大阪出張だったので、病児保育を予約し、この日も旦那さまにお任せ。
この時点ですでに夫婦ともに十分に風邪をひいておりましたが、そんなことには構っていられない事態で、とりあえず、出勤を続けておりました。

ようやくうさこが復活したころからミミスケが黄色信号。そして私は赤信号。3連休中に39度ぐらい熱が出ながらすごし、翌週はミミスケの風邪っぴきweek。連休明けに電話でお呼び出し、翌日は病児保育で乗り切りました。

その後、次の飛び石連休で私の実家に帰省し、帰ってきて誕生日本番を迎えました。
帰省中と先週3日間は無事に過ごしたのですが、この週末からミミスケが大量うんちで、???と思っていると、今朝は微熱。本日保育園まで連れて行ったものの、やはり連れ帰ってお休みです。
ふぅー、、気候のよい季節ですが、1歳男児、なかなか手ごわいですね。

ほんと、風邪にやられるとあっという間にアップアップのまま時間が過ぎていきます。
病児保育だと弁当もいるし、準備もなんやかやと大変だし。(もちろん一番大変なのは体調が悪くても預けられてしまう子どもたちでしょうが、親も大変です・・・)
7月、9月はやられっぱなしでした。つくづく実感します。
8月は夏休みモードで仕事自体も多少落ち着いていたというのはありますが、何より誰も風邪をひかなかったから平和だったなあと思います。

そんな夏風邪にやられっぱなしの我が家ではありますが、子どもたちは夏でちゃんと一回り大きくなっています。
うさこは先週4歳になって、ご飯を食べるスピードがやや改善し、昨日から自分のベッドで寝られるようになりました。
(もう2年近く前から大人のダブルベッドの隣にうさこのシングルベッドがつけておいてあるのですが、ずっと大人の間に入って添い寝でした)
4歳になったから自分のベッドで寝ようねと(寝相が悪くてだんだん体も大きく、力も強くなってきて、夜中に蹴られるとほんとに痛いので・・・)いい、昨日ピンクのシーツを新調したおかげで昨日は自ら自分のベッドに入って寝てくれました。

夏前から急にお絵かきが好きになり、いろいろ自分で描くようになりました。
運動会の旗も、2枚のうちの1枚は自分でいろいろ絵を描いて(うさぎとか、リボンとか)持っていきました。ちなみに、もう一枚は旦那さま担当で、エルサの力作ができあがりました。

発音は未だ怪しいものの、いろいろしゃべる言葉が面白くなってきました。時々覚えたてのキーワードを連発しているときが面白い。
先日はホームページという言葉がブームで、保育園の先生口調で「これは、こちらのホームページから見られますので、ぜひおうちで見てください。これもホームページにあるので、確認してください。」等々、延々と演説していました。

音程もまだまだですが、歌はよく覚えています。朝晩、お母さんと一緒を見るのが日課なのですが(親が身支度する間、夕飯の支度をする間)、お兄さん、お姉さんの振り付けも完ぺきに覚えて歌っています。
ミミスケがそれを見て一緒にやっている姿はかなり可愛いです。特に、「アイヤイヤイヤイ、ヤッホホー」など。

運動神経はやはりかなり期待薄。トランポリンも大好きですが、全然膝を使えていないし、走り方も速くなりそうな兆しはなし。自転車も全然・・・。
ですが、背も伸びてきたこともあり、以前と比べると、よじ登ったり、いろいろできるようになってはいます。

今でも眠くなったり、疲れたりすると、ギャーギャー泣きますが、それでも話せばわかることも増えてきたし、3歳になる前の手の付けられないような泣き方はまずなくなりました。たいていはうさことミミスケ、二人を連れているのですが、まれにうさこと二人で買い物に行ったりするとずいぶん静かだし、楽になったなあと思います。

ミミスケの方は、7月前半に沖縄に行って以降、がぜん歩くのが大好きになり、今頃は保育園の行き帰りも歩きたがって困ります。いいことなんですが、時間がかかって。
朝は有無を言わさずベビーカーに押し込んで連れて行きますが、帰りは歩きたいと言えば付き合うようにはしています。
旦那さまの迎えのときにはそれほど歩きたいと主張しないようなのですが、私の場合には9割以上、歩きたがります。
帰省したときには、お城に遊びに行ったのですが、砂利道の砂をつまんでは投げる、を繰り返し、その後は芝生をテケテケ歩き、ほこりまみれになって喜んでいました。

ものすごい食欲は相変わらずで、うさこよりよく食べます。スピードも速い。
肉や魚も好きだけど、出汁のしみた根菜の煮物が大好き、何よりトウモロコシが大好物。トウモロコシがこんなに好きな人は大人子ども問わず初めてみた、というぐらい好きです。はじめは何粒かはずして食べさせていたのですが、ちょっと目を離したすきに、自分で奪い取ってかじっていたので、そのまま与えるようになったら、かなり上手に全部自分でかじって食べるようになりました。
歯に挟まると気持ち悪いらしく、嫌がってとってくれと言いますが、それでもまたかぶりついていく情熱があります。

小さないたずらをいろいろやってくれるようになりました。
牛乳やお茶を飲んで、少し余らせてそれをテーブルにこぼしてビチャビチャと遊ぶとか、ダメと言われることがわかっていて、本や子ども用ピアノの上に乗るとか、食洗機のボタンを押すとか、等々。

言葉は遅いのかもしれませんが、理解言語はかなり増えています。
話はだいたいわかっているようで、あれして、これして、というと、それ通りのことができます。
話せる言葉は、今のブームは「あ、くるま」。車をみては、「あ、くーま」「あ、くーま」
ここは東京、歩道を歩くと延々車が来るので朝晩忙しいです。
そのほか犬を見ると、かならず「あ、わんわん」。これは間違えません。
それ以外の動物は「うーわ」。
おとうさんとか、おかあさんとか、おじいちゃんとか、それっぽいことも言えるけれど、今一つ安定しません。
名前を呼ぶと「はーい」と可愛く返事をして手を挙げるのですが、うさこの名前を呼んでも手を挙げてしまうので、いつもそこが謎です。自分の名前はわかっている様子だし、呼ばれて手を挙げる、もできるけど、姉の名前でも手を挙げてしまうのはどういう心境なんでしょう??

今週末には1歳6か月、来週一歳半健診を受けに行きます。
風邪をひきつつも、元気に育ってくれているのは助かります。

とりとめのない近況でした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。