ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.06.02 (Mon)

うさこ3歳8か月

春になった~♪ と喜んでいたのですが、それからもミミスケは2週間に1度の頻度で発熱&お休み、を繰り返しています。
同僚のママさんにも、「保育園ごとに流行っているものが違うから、保育園変わるたびに洗礼があるんですよね~」と言われて、それを実感しています。
大きな園に移ったのだから仕方がないですね。
うさこも、1歳から2歳半まで通った保育園では、2度目の冬はほぼ無傷だったのに、大きな保育園に移った去年は何度かやられました(ちゃんと数えていない・・・)。

久しくうさこの成長記録を書かないうちに、3歳も折り返しを過ぎてしまいました。早いものです。
「うさこねえ、まだ2歳のときに行ったことあるの」、など、うさこにとって昔=2歳、今=3歳、だったのですが、4歳という言葉も出てくるようになりました。先延ばしにしたい約束の期限が「4歳」。
「4歳になったらやるよ」です(苦笑)。

4月に進級した「○○ぐみ」がうさこのにとっての成長シンボルで、「もう○○ぐみさんだからね、できるの」はよく連発しています。「うさこはね、○○ぐみさんだからできるけど、ミミちゃんはまだ△△ぐみさんだからできないね」など。
保育園の6学年のうち、0~2歳は乳児、3~5歳が幼児、と分かれていて、幼児クラスになると、お昼寝や朝の早番(8時半まで)と夕方の遅番(4時半以降)の時間帯は年長さんのクラスまで一緒といった区分になるので、年長さんのお兄さん、お姉さんと一緒に遊んでもらったり、お昼寝の準備や片づけをしたりといった経験をするようになりました。
まだまだ先生にやってもらうことが多くある3歳児ですが、大きい子が小さい子を手伝う場面の多い生活はいいことだなあと思います。

ちなみに、我が家が通う保育園には、年長組さんの子が毎朝2人ずつペアで各クラスを回り、欠席者の人数を書いてもらい、それを園長先生に報告する「人数調べ」というルーチンがあり、それは子どもたちにとっての憧れです。
「にんずうしらべにきました!かいてください!!」
という遊びを際限なくやらされます・・・。

一つ一つは小さなことではあるけれど、年長組の子たちは園のお仕事を手伝っている、とか、小さい子たちの面倒をみなければ、という意識が育っているようで、帰りに道で小さい子が歩道を飛び出しそうに走っていると親より早く走って捉まえてくれたり、一緒に「森のくまさん」をして遊んでくれたり(よくはわからないけれど鬼ごっこめいた遊びらしい)、気にかけてくれます。

その様子を見ながら過ごす子どもたちが、また次の、そのまた次の年長さんになっていきます。
田舎であれば、自然にできることでしょうけれど、都市部の人口密集地帯ではなかなか違う学年の子どもと遊ぶ機会もなかなか持てないのでありがたいこと。
1学年25人程度で何年も一緒に過ごしていくので、違う学年の子のことも名前を知っているのもいい点だなあと思います。

うさこは、毎日園庭で遊ぶたびに、ミミスケのクラスを覗き、「ミミちゃ~ん」と声をかけているようです。
ミミスケの連絡帳には「今日もお姉ちゃんが窓から声をかけてくれました。ミミくんは甘え泣きしていました」とか、「お姉ちゃんの姿をみて喜んでテラスに出ていきました」などと書かれています。
幼児クラスになったうさこは連絡帳がなくなり、全員用に張り出されているその日の活動の記録を見て、あとはうさこ本人からの報告で日々を知るようになりました。

うさこの臆病さは相変わらずですが、4月のある日、突然「犬も鳩も怖くない!」宣言をして、それ以降、飼い主の横を従順に歩く超小型犬に限り、騒がなくなりました。
それまでは、どんなに小さなチワワでも、反対から歩いてくるだけで「ウギャー!!」と大騒ぎだったので大した進歩です。
が、まだまだ、ではあり、吠えたり、寄ってきたりしない、しつけの良い小型犬が反対から歩いてくると、私の手を握ったうえで、犬の反対側になるように道の端によって歩き、やり過ごした後で、「騒がなかったよ~」と誇る、という感じです。
少しでも大きかったり、寄ってくる素振りがあると、もう大騒ぎ。
それでもある日を境に急に変わる(変わろうとする)というのが不思議でもあり、面白くもあり、です。

3歳の誕生日に、といって、結局は12月に購入した自転車、ほとんど出番がありません。
(うさこの自転車についてはこちら
ごくまれに乗りに行く(たいていは旦那さまと)と出かけるのですが、30分ともたずに帰ってきます。
怖がりで、少しスピードが付くと怖くなってしまうのだそうで。

このところ、急にお絵かきが好きになり、いろいろと自分で描くようになりました。
お父さん、お母さん、ミミちゃん、と書いてくれて、それなりに人の顔になっています。
おかあさんといっしょの「たくみおねえさん」なども描くようになりました。
できる、と思うまではやらないタイプのようですが、それも性格なのでしょう。

姉弟二人で遊ぶこともどんどん増えています。
同時に姉弟げんかも始まりました。
多くの場合、うさこが遊んでいるままごと道具などにミミスケが突進し、気に入ったものをとろうとする、うさことしては、それは今は触っていないけれど、用意しているもの(炒め物の材料)だったりするわけで、奪われると怒る、ミミスケにとってはそれだけが大事・・・、で取り合いになって二人で泣く。
「ミミちゃんが、かーしーてー、って言わないで取った!」とか、うさこは怒っています。
ミミちゃんに貸してあげたら?とか、ミミちゃんには代わりのものをあげないとかわいそうだよ、とか、そういう大人の仲裁が入るのですが、この姉弟げんかをどう見まもるのかも今後の親の課題になりそうです。


いつもながら、いろいろありそうなのに、いざ書こうとすると思い出せなかったりで、朝の自由時間が終わりました。
今週1週間、元気に過ごせますように(切実な願い!)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。