ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.15 (Mon)

お食い初め

昨日はミミスケの生後100日、お食い初めの日でした。
うさこのときには、椿山荘の「錦水」に出かけ、それはとてもよかったのですが、なにせ今回は3か月児だけでなく、いつ珍獣に変身するか予想がつかない2歳児同伴。外に出かけていくのは冒険です。
個室であればよいのですが、いいなと思うような個室のお食い初めプランは大人4人が基本で、お値段も10万円ぐらいというものがほとんど。おじいちゃん、おばあちゃんの参加予定のないわが家にはちょっと・・という感じです。

で、家でやった方が安心だなあとは思ったものの、二人目だからないがしろにした、とならないようにしたいと思うとなかなか難しいな~と。
煮物や焼き鯛も「きれいに」つくるとなると大変だし、食器も十分にはないし・・・、仕出し屋さんに頼むとしても、味は写真だけじゃわからないし・・・、と思案していました。

そこで思いついたのが、デパ地下に入っているお店であれば一定基準以上の味はクリアしているのではないか、そこに事前に予約しておけばきれいな煮物も鯛も手に入ってそこそこ十分においしいのではないかと。

そこで7月はじめ、ミミスケをつれて銀座の三越、松屋の地下を物色。4軒のお店が候補になりました。
「お食い初め膳」を準備してくれる、食べログなどの評価もよい、などの条件を考えつつ検討し、「三友居」に頼むのことにしました。

結果、頼んで正解だったと思います。
味もボリュームもとても満足しました。「仕出し」というと、どうしてもお澄ましがインスタントだったり、味が濃かったり、という印象があったのですが、お店の個室でいただくものがそのまま出てきた感じで、とてもgood。よかったです。

そして何より、案の定と言うのか、それ以上と言うのか、うさこは全く参加できないほどの超超級のぐずりを見せ、もし外でやっていたとしたら散々な目にあったに違いないという状況でした。
ほんと、「家でよかった~」と何度声に出していったことやら・・・。

風邪の治りかけで体がだるかったことや、夜中に何度も起きて水を飲みたがったりという状況が続いていたので眠かったのもあると思うのですが、とにかく朝からぐずりまくり。
「自分はまだ病気で優しくしてもらえるはずなのに、どうやら主役がミミスケらしい」というのも気に食わなかったのかもしれません。
いつも可愛がってくれる義妹(私の入院中寝泊まりしてうさこの世話をしてくれた)がやってきた段階で少しは持ち直したうさこの機嫌も、仕出しが到着した段階で自分で滑って転んだところで暗転。

ミミスケが生まれて退院してきた日の大爆発以来の大爆発をおこし、泣き叫ぶうちに寝てしまい、一口も食べず。
夕方には再度持ち直したのですが、やはり再爆発をおこしてストライキ状態に入り、洗面所で籠城した状態で寝てしまいました(苦笑)。

本当にうさこについてはトホホな一日でしたが、それもこれもありながらも、自宅でやったおかげで大人はおいしい食事を味わうことができ、ミミスケの行事を無事に行うことができました。
自分で丁寧につくることができれば、それもまた良い行事になったのでしょうが、うさこは朝からまとわりつく状態だったので、自分で準備となったらこれもまた難しかっただろう(たぶん、途中でキレていただろう)と思うので、仕出しでよかった、と思います。

で、最後になりましたが、料理のご紹介。

まず、大人+うさこのお弁当4人前と焼き鯛。
(旦那さまの妹もたまたま東京に遊びに来ているときだったので参加してくれました)
京都が本店の茶懐石のお店なので、鱧がふんだんに使われ、夏の季節感たっぷりのおいしいお膳でした。

そして鯛。お盆が小さいのではなく、鯛が大きいのです。

別注の鯛の値段>1人前のお膳の値段、なので期待はしていましたが、期待通りの大きさと質。納得の価格でした。昼と夜、大人3人で十分食べてもまだ片身残っています。
お食い初め膳20130714-2

お食い初め膳-2


そして、ミミスケのお食い初め膳。
ちなみにこのお膳はサービスで無料。でも、ちゃんとアワビなども入っていたんです。
(一番奥にある歯固めの石はついておらず、家でのお食い初めを考えた段階で私の実家から送ってもらっていた石です)

お食い初め膳20130714

ふだん、2人目だからといろんなことが軽く過ぎていったり、1人だけのときのようには手が回らないので、ともすれば大きくなってから「お姉ちゃんのときにはちゃんとやったのに、僕の時には・・・」となりそうなわが家。
当面は「自分でやる」がいろいろ余力がないので、「外部に頼る」になっちゃいそうですが、時々は節目の行事を大事にしてやりたいなと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。