ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.02 (Sun)

育休期間をどう過ごすか

ミミスケが生まれて8週間経ち、産休が終了しました。
昨日から育休です。
体調も戻ったなという気がするので、もちろん個人差はありますが、産休が8週間というのは妥当なラインなのですね。

保育園が確保できたとすれば、10月復帰を考えているので、4か月ほど。長いような短いような期間です。
産休の2ヶ月あまりがすでに過ぎたことを考えると、あっという間に終了してしまうのでしょう・・・。ただ、どうにも身動きできない期間ではなくなるので、うまくすごせば良い時間になるはずです。

子どもたちとの生活を最優先しよう、といったぐらいのこと以外には、これまでどう過ごすかというのはあまり考えてきていませんでした。
あれをして、これをして、と思うことで結局余裕のない生活になるのであれば意味がないなあと思っていたということもありますが、考えるのが面倒だったというのもあります。

とはいえ、あまりに日がどんどん過ぎるのを感じて、せっかくの時間なのだから考えたいなあ、考えなきゃいけないなあという気になっています。

うさこの保育園の迎えの帰り、絵本を買ってとせがまれて立ち寄った本屋で見かけた過去の日経WOMAN別冊。
私が変わる 毎日が輝く時間術
思わず買ってしまいました。
直接参考になったなあという部分はあるような、ないような、ですが、どう過ごしたいかを考えることは必要だなと改めて思いました。

今からの4か月、過ごし方として子どもたちとの生活を最優先にする、ということは変わりませんが、最優先するにはどうしたらよいかを考えなければいけないなあという気になりました。

そのうちもう少し深まるかもしれませんが、今思いつく最大の課題は、「家の中を片づける」です。
引っ越して一回り広くなったので、人を招いたりする分にはまあ合格(と自分では思う)レベルではありますが、過去の物たちの整理ができていないまま収納を占領し、書斎として使っている(=お客さんには見せることのない部屋)は明らかに物であふれかえっているし、普段使う場所の物の定位置も最適な使い方になっていません。
これからどんどん増えていく子供たちの物を考えると、今、整理をしていかないと、復帰後の毎日を乗り切れないなあと。
だから復職後の生活を見据えた家の中の片づけが必要だなと。まさに断捨離が必要なのでしょう・・・。
基本的に物をため込むタイプなので、苦痛だけどやっていくしかないなあと思いました。

それができれば、日々の作業が短時間でルーチン化できるはずで、そうすれば秋からの怒涛の日々を乗り切れるのではないか、と。

すでに一応片付いていて掃除の仕方も確立しているところ(リビング、寝室、子ども部屋の表面と水回り)は、短時間掃除を継続して汚れをためないのが重要だなと(当たり前のことでしょうけれど)思いました。


というわけで、当面、私なりの片づけを模索していくことにします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。