ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.13 (Mon)

爆発と暴発と不完全燃焼(つづき)

GWも終了し、はや一週間。
わが家は夫婦同時長期休暇中でGolden Month状態なのですが、世の中全体がお休みだと飛び交うメールも少ないし、なんとなくゆったりしていましたが、もう5月も半ば・・・。あっという間に日が過ぎていきます。

ちなみに、おそらくもう定年までないであろう夫婦同時のこの貴重な長期休暇ではありますが、ミミスケを遠くに連れて行くわけにはいかないので、特に何をするでもなくほぼ同じ毎日の繰り返しです。
うさこに朝ごはんを食べさせ、歯磨き、着替え、というところであっという間に2時間ぐらいかかり、旦那さまがうさこを保育園に連れて行き(休みの日は近所の公園へ)、わたしは授乳したり等々しているうちにあっという間に昼になり、昼ご飯を食べて片づけてちょっと昼寝でもしたらうさこが帰ってくる時間になり(休みの日はうさこを昼寝させるだけで一苦労)、ミミスケをお風呂にいれて、うさこと一緒に夕食の準備をして夕食、お風呂に入れて寝る、というだけで一日が終わります。
平日は保育園の助けもあり、かつ大人二人がかりでこれをやるのですから、そんなに大変ではないですが、それでもうさこに「お母さんじゃないとだめ」と駄々をこねられると手こずりますし、1人でやるとするととっても大変・・・。1人で頑張っていらっしゃる方たちを心底尊敬します。

もう1か月以上も前のことになりますが、タイトルもつけてしまったので、前回の続きを書きます。

爆発したのはうさこでしたが、暴発したのは私。必然的に不完全燃焼になったのは旦那さまです。

退院した翌日、旦那さまは育休に入る予定でしたが、退院が一日早まったため、退院の日に休んだ代わりに出勤日となり、うさこを保育園に送った後、出勤していきました。
朝食の用意などはヘルプに来てくれていた義母が「ぴょんたさんは水仕事しない方がいいから私がするね」とやってくれ、うさこの迎えも義母が行ってくれることになりました。
義両親は元々の予定通り、東京で友人に会う約束があり、夕方から出かけることになっていました。

日中、私はミミスケとゆっくり家で過ごし、順調。問題は夕方になってから。

義母からは16時のうさこの迎えのときに、買い物する必要のあるものは言ってね、と声をかけてもらったのですが、そのとき、「○○(旦那さま)も6時頃には帰るって言っていたから」とのことだったので、朝、私には多少遅くなるかもと言って出かけたけど、やっぱり18時頃には帰ってくることにしたのだろう、と私が勝手に解釈。じゃあ、帰りに買ってきてもらえばいいから、とミニマムのものだけお願いしました。
確か、そんなに早く帰るという情報ではなかったなあとチラッと気になったので、何時に帰ってくるのかと旦那さまにはメールを出しましたが、しばらくは返事がなく・・・。

うさこはおばあちゃんとスーパーに寄って帰ってきた後も、おじいちゃん、おばあちゃんに目いっぱい遊んでもらえてご機嫌でした。
が、17時半頃、義両親が友人との約束のため、出かけるということになって様子が一変。
うさこもまだ、私の退院後の不安定さが残っていたこともあり、「行っちゃダメー!!ギャー!!」となり、「少しお出かけしてまた帰ってきて遊んでくれるから」といくら言っても大絶叫。
でも、約束があるので義両親は出かけていきました。

運悪く、そのタイミングでミミスケもお腹が空いて目を覚まし、こちらはボリュームはうさこより小さいながらも大絶叫。
ミミスケに授乳しつつ、まとわりついてくるうさこを片手で抱き寄せて3人団子状態で過ごすことしばし・・。

その時点では旦那さまが18時頃帰ってくるというのを勝手にイメージしていたので、まあ帰ってくれば大丈夫だろうと思いつつも、電話しようと携帯を手にとると、メールが入っていました。
旦那さまはからは、「7時頃に出ようと思っていたけれど、電話(そのとき自宅のFAX電話が壊れていた)を買って帰るから少し遅くなる、電話が明日でもよければまっすぐ帰るけど」とのこと。

エーっと思いながら、携帯に電話してもすぐには出ないので、さらにイライラしながら、「電話より早く帰ってくる方が優先度高い」とメールを返し、とりあえずうさこに夕食を食べさせなければと食事の用意を始めました。
相変わらずうさこがメソメソでまとわりつくので、煮物だけ火にかけて、泣いてまとわりつくうさこをなだめ、ミミスケに授乳し、とやっているうちにますますイライラが増幅し、徐々に本格的に怒りモードになってきました。

こんなことなら、うさこが帰ってくる前に準備をしておけばよかった・・・、義母だってはじめから遅く帰ることが分かっていれば、出かける前に食事の用意をしてくれただろうに・・・(前日、旦那さまは休みだったので、私がやるからと言う義母をひたすら制し、自分で食事の用意をしてくれたので、義母もあまり余計なことはしないように、という様子でやってくれていました)、自分でやるにしてもうさこが帰ってくる前にやっといたのに、など、どんどん1人で怒りを増幅させ、うさこのギャー!!が聞こえるたびに私の怒りが旦那さまに向くという状況になってきました。

時間にすれば義両親がでかけて30分ぐらいで電話が返ってきたのですが、この間に私の気分は急速に悪化。
「FAX電話だって、amazonで買えば明日か明後日には届くからという話を今朝もしたのに、今からビックカメラに行くなんて呑気なこと言って!!」、「自分が休みをとるとか言って結局は仕事が終わらないとか言うだろうから産後ヘルパーさんを頼むとかいう話をしても大丈夫だからやるからとか言って、やっぱりこうなるじゃないか!!」とか。
結局はアテにならないんだから、もういいよ!という気分になっているときに旦那さまからの電話があったので、もう両方泣いてるけど、好きにしたら、何時でもいいよ、とは言いましたが、この状況がたぶんよくは分からなかったであろう旦那さまは、まあとにかく今からすぐに帰るようにするから、と言って電話を切りました。

そこから40分ほどで旦那さまは惣菜を買って帰ってきました。が、その間にさらに私の気分は悪化していました。
さらに、帰ってきてからすぐにパソコンに向かっているのを見て、限界になりました。
旦那さまの会社から自宅までは30分近くかかります。確かに、このタイミングで返ってきたのは電話を切ってから大急ぎで出てきたことは間違いないので、出しっぱなしにしてきたメールがどうなったかな、とか、そういうことはあったのだろうと思いますが、そんなことを斟酌する余裕もなく、発火

旦那さまがリビングに入ってきた途端、「はじめっから遅く帰るつもりなら、なんでそういわないの?」から始まって、「昨日退院したばっかりで、お義母さんたちが出かけることが分かっていて、じゃあどんな様子になるか、少しは想像できないの?」に続いて、たまっていた鬱憤をワーッと一気にまくし立ててしまいました。

毎年、年度末になると旦那さまの仕事は殺人的に忙しいので、毎日深夜か明け方に帰ってきて、帰ってきてからも仕事をするという日々になります。
うさこがいない頃には、「大変だねえ」という感じで、極力協力というモードでしたが、うさこが生まれてからは、うさこの世話の分担が守られなくなるので、「私だって仕事して年度末は大変なんだから」という気持ちがあり、今年に関しては私は産休に入りはしたものの、大きなお腹で全部やって大変だったのに、全く他人事のようにしていて(たぶん、旦那さま本人はそのつもりはなかったのでしょうが)!、という鬱憤がたまっていました。

口を開いた時には、そこまで言うつもりはなかったのですが、一度言い出したら涙まで出てきて、一挙に噴き出して、とにかく責め立ててしまいました。何をどう言ったか、覚えていませんが、興奮状態であれこれまくしたてたと思います。
それを見ていたうさこがただならぬ気配を察知し、自分のメソメソは放り出して「お母さん、お父さんとお話しすると泣くの?お母さん、大丈夫?」とやってきたのを見て、これはイカンなと、ようやく冷静になりました。

私のその様子に驚いた旦那さま、言いたいことはいろいろあったようですが、その場は我慢して収束。
ただ、旦那さまが怒りをためていることは見て分かったのですが、私も自分の怒り自体が解消したわけではなかったので、ツンケンした態度のままその日は冷戦状態で終了。
とはいえ、私は一方的に言いたいことをいったので(笑)、さっぱりして就寝。旦那さまは怒りをためたまま、不完全燃焼。

これが、タイトルの一件です。

そしてその後。

翌日の夜中、ミミスケの授乳で起きたとき、仕事をしていた旦那さまが寝室に入ってきました。
旦那さまとしては、これまでにないくらい今年は本当に仕事が大変で、体調もおかしくなるぐらいだったのに極力言わないようにしていたし、夜中に帰ってからもできるだけの家事はしていた(夕食の片づけと洗濯)、うさこの転園や家のことを全部させたのは悪いと思うが、だからといってその日一日、ちょっと遅くなったぐらいでなんでそんなに責められなければいけないのか、と相当ショックだったようです。

一日経ってはいましたが、私が元々「家事も育児も半々が当然、でも私の方がやっている」と思っているところがあり、だからこそ、年度末が大変だということは分かっていても、「仕事が大変って何よ、私が仕事が大変だからってうさこの世話を放り出すってありえないけど、自分は仕事が大変だと任せて当たりまえと思っているんでしょ!私だって別に女性だから仕事を減らしてもらうなんてしたことないし、元々うさこの送り迎えだって私の方の分担が多いのに、年度末になると週2日迎えに行くという約束すら守られないから、週1日の残業できる日は明け方まで仕事しないと立ち行かなくなってるじゃない!そもそも、私だってもっと仕事でやっておきたいことあるのに、妊娠中は無理できないと思って半年以上いろいろ我慢してきたのに、忙しいといって予定を聞いても、うさこの転園の相談をしようとしても忙しいからうるさい、という様子は何なのよ!!」というのが年度末の鬱憤でした。

なので、それを聞いてもすぐには納得できず、もう一度私の怒りを披露したのですが、最終的に、二人とも仕事はしているとはいえ、現在のそれぞれの立場や仕事の状況を考えると旦那さまの方が大変というのは理解できるのと、「なんだかんだいって、女の人が産休、育休っていうと、じゃあ頑張ってね、と言われるけれど、男が育休とろうとすると表立っては言わないけれど、勝手なことしてと思われるからそれ以上に頑張らないといけない」というのは確かにそうだなと思ったので、私が謝って終了。
ようやく一晩越した喧嘩が決着しました。

結婚して丸10年ですが、そんなに喧嘩したこともなく、一晩以上続いた喧嘩も初めて。たぶん、私が旦那さまに対して大声で喚き散らしたは初めてではないかと思います。(もちろん、他人様にはしたことなく、大人になってからも親には一度似たようなことをしたことがあって後々相当言われたので、私が喚き散らすときはかなりひどいんだと思います・・・)

その後、なんで自分があんなにいきり立ったのかを分析してみると、怒りの元は上に書いたようなことですし、産後の心身の状態というのが直接の原因だと思いますが、周りから産後は寝ていなければダメ、水仕事はしないように、目を使うな、等々と言われてそれに合わせようとすると(目を使うな、は入院中から守っていませんでしたが)、旦那さまにやってもらわないと困る、ということになり、やってくれないと怒ることになるので、もう、あれこれ思わずやったほうがいいことはやってしまえ、と思うことにしました。
そうするとうんと気が楽になって、そこから数日して旦那さまが本当に休みに入ったので、その後は穏やかに生活しています。

ただ、私のものの考え方自体はそんなに変わらないでしょうから、これからも忙しい日々には似たような状況に陥りそうで(苦笑)、気を付けたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

明日は我が身だ…とぴょんたさん側の目線で読ませていただきました~。
ウチは、旦那の協力を求めないようにしています。あてにしてイライラすることが沢山あり、あてにするから悪いんだな…と自分に言い聞かせてます。
なので、仕事で遅く帰って来ようが、休みの日にパチンコしてて、洗濯物を取り込み忘れていても、文句言うだけ無駄な能力と思ってます。きちんと向き合ってケンカするだけぴょんたさんちは仲がイイんだと思います。
産後は体調も心も不安定だと思います。加えて24時間子育てですもんね。
私も覚悟しなきゃ。
季節の変わり目でもあります。
うさこちゃんも体調崩さないといいですね。

>れおりんさん

コメントありがとうございます。
れおりんさんのブログを読みながら、れおりんさんが全面的に引き受けて頑張っているんだな~といつも思っていました。

私も3月中は自分の気持ちの自衛策として、当てにならないもの、と言い聞かせてきたのですが、産後は周りがあんまり気を使って休め休めと言ってくれるものだからついその気になって・・・。そうしたら、ため込んでいたものも含めて噴き出してしまいました(笑)。
夫も平均からみたらずいぶんやってくれる方だと思うので、文句を言ったら贅沢なのだと思いますが、やっぱり半々で当たり前という本音は消えないので、難しいですね。

れおりんさんもだんだんお腹が大きくなって動くのが大変になってきますよね。
無理しないで、といっても、無理せざるを得ない状況もあると思いますが、どうぞお大事に。
その大変さをご主人が察してくださるといいのですけれど・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。