ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.25 (Mon)

34,36,37週の健診

出産する予定の病院はセミオープンなので、一度出産の予約をしに行ったとき以外は、近くのクリニックで健診を受けていましたが、34週から出産する病院に通うようになりました(通常は36週ぐらいですが、予定帝王切開のため早めに病院に移動しました)。

34週の健診のときに帝王切開の日が決まりました。
寸前に、うさこの認可保育園転園問題(!?)が浮上したところだったので、38週前半(3月末)を提示されましたが、頼み込んで39週1日となる4月5日にしてもらいました。
エコーで見る様子も順調、子宮口、頸管なども問題ないということで終了。

まだ34週だから、超音波外来も受けておけば、というような話で、これまでクリニックで丁寧に見てもらっていたのだからまあ別にどっちでもいいかなとは思ったものの(2人目だとこういうところでもいい加減)、もし、何か問題があるなら保育園がどうのとか言っている場合ではないので、分かることは調べて早めに手を打てるものならうった方がよい、と、受けることにしました。
で、正規の出勤最終週の時間のない中、午前休をとって超音波外来も受診。無事、問題なさそうということになりました。

36週の健診では、エコーや内診では特に問題なし。
週数通りの大きさで、仮に早産になったとしてももうほとんど問題はないですね、というようなお話でした。
内診では子宮口はまだ固いし、前回の帝王切開時のところの壁の厚みも4ミリぐらいあるので今のところ問題なし、ということで終了。

予定帝王切開なので、通常の血液検査の他、どれぐらいで出血が止まるかという検査(だったと思います。耳たぶに針を刺して、時間をはかりながら血が出るのを観察してもらいました)や、心電図などもとってもらい、比較的時間がかかりましたが、無事終了。

先週金曜日が37週の健診。
正産期に入ったので、NSTもありました。お腹の中のごまちゃんは、始まったと思ったらぐっすり寝てしまい、そろそろ終わり、という頃になって俄然やる気を出して動き回ったたため、しばらく延長。
1時間近くもモニターをつけた状態になりました。

エコーでは、順調に大きくなっており2500グラムを超えていました。
なので、赤ちゃんの状態としてはいつ生まれてもOK。あとは大人の(親の)都合のみです。
あと2週間待ってほしいのだけれど、待ってくれるかしら、というところです。

その後の内診で、子宮口が前より柔らかくなっていること、帝王切開後の壁が3ミリぐらいに薄くなってきていることから、あまり動き回らないでできるだけ安静に、と言われました。
通常分娩であれば、もう37週を超えれば、せっせと動いて、と言われるところでしょうに、ここにきて安静にというのはなんだか窮屈な感じです。
実際、いろいろ準備すべきことはあるし、うさこもなんとなく異変を感じていつも以上に甘えん坊だし・・・。

というわけで、今のところほぼ順調、ただ、あと10日ほどおとなしくお腹の中で待っていてくれるよう、自重しないといけないなあというところです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。