ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.06 (Thu)

初の母親学級(21週2日)

びっくりするほど暑かった本日、分娩予定の病院での母親学級の日でした。
平日の日中なのではじめはパスしようかなと思っていたのですが、健診で見てもらっている産婦人科で、「入院の流れなどが分かるので受けといた方がいいですよ」と言われて申し込みました。
4月の休日出勤の代休をとって、午後の部に参加。

今日の参加者は6名。なんと全員フルタイムのワーキングプレママさんでした。
年齢もおそらく全員30代。皆似たような年齢に見えました。
若~いお母さんばっかりだったらどうしよう・・と内心思っていたのですが、同世代で内心ほっとしました。

最初は自己紹介、そして栄養士さんのお話、休憩の後、体の伸ばし方などの軽い運動をして、最後に人形を使って赤ちゃんの抱き方を試して終了。

栄養士さんのお話は、いろいろな種類の食品を食べましょうとか、カルシウムや鉄の取り方、食物繊維をたくさんとりましょう、塩は8グラム以下に、など、大抵の本に書いてあることがほとんどでしたが、敢えて時間をとって聞く、ということで印象に残りました。
わざわざ仕事を休んでお話を聞くと、ちゃんと家で作って食べなきゃ駄目だなあ、ということを実感しますね。

新しく知ったこととしてはひじきはヒ素の含有量が多いらしく、食べ過ぎはよくないとのこと。栄養豊富なのでぜひ採りたい食品ではあるけれど、1週間に1回ぐらいがよい、とのこと。

レバーも脂溶性ビタミンのビタミンAが多いので、鉄分などの補給にはいいのだけれど、これも食べるとしたら焼き鳥のレバーの串ぐらいで1週間に1回ぐらいが適量とのことでした。ビタミンAが多すぎるというのは知っていましたが、どれぐらい食べるのがいいのかなあと思っていたので、具体的な目安が分かってよかったです。

また、本にもよく書いてありますが、気をつけるべき食品として、水銀の多い魚と、リステリア菌がいることもあるナチュラルチーズや肉や魚のパテ、スモークサーモンなどは控えるように、とのことでした。
欧米ではよく指導されるらしいとは聞いていましたが、やはりよくないとのこと。レバ刺しなんかは駄目ですよ、と釘をさされました。これらの食品も熱を加えてしまえば大丈夫とのことです。

あとは、朝からちゃんとタンパク質や野菜も採ること、と、改めて朝ご飯の大切さを繰り返し説かれました。
前日の夜の残りのスープを温めて食べるとか、冷凍野菜にたまごやチーズをのせて電子レンジでチンするとか、楽にちゃんと食べる方法はいろいろあるから、朝、時間がなくてもちゃんと食べましょう、というお話でした。

後半のストレッチなどでは、骨盤の動きをよくすることで、お産が楽になるということで、骨盤を前後左右に動かす運動、股関節を伸ばす運動、足の指を伸ばすなどの運動がありました。それから、肩のまわりの血流が悪いと母乳の出も悪くなるそうで、肩の周囲をしっかり伸ばしましょう、ということも言われました。
もともとひどい肩こりなのですが、気をつけないといけないですね。肩胛骨の周りがちゃんと柔らかくなるのがいいのだそうです。

6人しかいなくて、車座になっているので、休憩時間にはなんとなくおしゃべり。
皆、一番の関心事は育休の復帰のタイミング。
全員9月が予定日なので、一番保育所の空きが出る4月の年度初めは赤ちゃんが6~7ヶ月になるかならないかという時期です。
その時期に復帰するのはちょっと早いかなあ、でもその翌年までっていうのは、ちょっと長すぎて復帰できなくなりそう(働く気をなくしそう)・・・という人がほとんどでした。

私は今朝、ちょうど区役所に電話して保育所の空きがどれぐらいでるものなのか、尋ねたところでした。
やはり4月が一番空きがでるけれど、それ以降はたまたま引っ越したとか、仕事をやめたという人がでない限り空きは出ないし、予測は難しいとのこと。
多くの人が認証保育所(認可外)に複数申し込んで、そちらを確保しながら、認可保育所に空きが出たら移る、というようなことをしているそうです。いついつ復職します、という職場からの証明書がないと認可保育所には申し込みもできないわけなのでそこがよけい難しいところです。
子どもを預ける側からすれば、預かってもらえることが分かって初めて復職できるわけなんですけれど、そういうわけにはいかないんですよね。保育所リサーチも安定期中の宿題かな。

次回の母親学級は来月。また同じメンバーで顔を合わせます。
今はいろいろな情報が手に入るので、特別新しいことを習うわけではないけれど、こうやってそのための時間をとっていくことで自覚が出てくるのかなあ、という気がします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。