ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.11 (Fri)

いやいやとか自己主張とか(2歳3か月)

最近あまりうさこの成長を書き留めていないのですが、とにかく、いろいろしゃべるようになっています。

○○しようか~、とか、○○しようね!、大丈夫だね、等々、たぶん私がうさこに対してそういうしゃべり方をしているんだろうなあという言葉づかいが多いです。

大人から見たら何を泣いているのかわからない状態で、30分も大声で泣いているので、私もイライラしてついに「うるさい!」と言ったところ、その後、しばらくは何もないとき、「お母さん、うるさい!」と何度か言われる羽目になりました。
10日ほど、「お母さん、うるさいよ~」と言いながら、ニヤッとしたりを繰り返し、うさこなりの“復讐”が終わったのか、その後言わなくなりましたが、反省です。

プーさんのばんそうこうは、お風呂に入るときに自分ではがすと言うことが多くなりました。そして、「先生にも、プーさんバイバイしたって言おうね」と宣言し、翌朝、保育園の先生に報告です。
「プーさんにバイバイしたのー。」
「うさちゃん、えらかったね~」
と言ってもらうやりとりが誇らしい模様。

一時のベビーカー拒否、階段魔は少しよくなりましたが、やはりベビーカーを嫌がり、かつ、歩くのも嫌がり、「抱っこ~」とせがむ日もあります。それを拒否するとギャン泣きで手が付けられない状態になるので、ヒーヒー言いながら抱っこすることになります。
引っ越して駅までの距離が5分ばかり延びたことが恨めしくもなるぐらい、ずっしり重たいうさこですが、昨夜は「あの曲がり角まで行ったらベビーカーに乗るよ、いい?」と念押しして抱き上げたらその後は約束通りベビーカーに乗ってくれました。

お母さんがいい、とか、お父さんがいい、とか、といった主張が増え、何一つやるにも時間がかかります。
たとえば、私が迎えの日、あっちフラフラ、こっちフラフラの寄り道に付き合って、間で抱っこして、ようやく家にたどり着いて、手と足を洗わせてご飯・・・、というときに、「お父さんとあんよ洗うの。お母さんはきらい」だそうで。
「お父さん遅いよ、帰ってこないよ、うさはご飯食べないでずーっとここ(洗面所)で待ってる?」
「うん、待ってる」
「おかあさんだけ向こう行っちゃうよ、ご飯食べちゃうよ」
「いいよ~」
かといって、私が台所に行くと、「ひえーん」と声がするので、洗面所へ。
でも、「じゃあ足洗って一緒に行こう」と誘っても、また「お父さんと洗うの、お母さんは嫌」の振り出しに戻り・・・。
結果、40分の根競べ。
最終的には、「じゃあ、知らない、勝手にしなさい、足を洗わない子はほかのお部屋に入っちゃだめ」と言って、わざと洗面所の扉を閉めたら「ふえーん、お母さんがいいの~」となり、ようやく和解(?)しました。
が、お風呂に入る段になって、やっぱり「お父さんと入るの~」

じゃあ、お父さんだったらいつでも大丈夫かというと、その反対になるだけで、今度は「お母さんがいいの~」になるらしい。
両方いるときは、お父さんがいいの~:お母さんがいいの~=1:2ぐらいの割合でしょうか。

スーパーに言っても、「これを絶対買う~!」と言う主張が激しくなり、コントロールできないことも多いです。それほど変なものを買うというわけではありませんが、納豆も、黄色いラベルのコレでないと嫌、とか、このソーセージを絶対買う、とか。別のメーカーにしたいなと思ってもそれを変えさせることは不可能で、それを無理にすると家までギャン泣き、抱っこ状態になるので、私が諦めます。
「おうちにあるから今日は買わないよ」が通じたり、通じなかったり(「ないから買うの!」と勝手に主張)、逆に買おうとしても「あるからいらないよ」と拒否されたり。
どれぐらいうさこの要望通りにしてやるのが教育上よいのかわからないまま、ただ、押し問答をしている時間もないし、で、よほど困るもの以外は要望を受け入れることが多いです。
結果、ヨーグルトや納豆がたくさん冷蔵庫にたまり、必死で食べる羽目になったりしますが・・・。

朝もすべてが時間がかかります。
相変わらず納豆大好きのうさこですが、最近はふたをとり、間のフィルムをとり、箸で混ぜる、を自分でやらないと気がすみません。以前は「お母さん、やって~」ですんだものが、いつ終わるかわからないうさこペースで納豆を混ぜ混ぜ。
手もドロドロ、周囲もドロドロになるのを覚悟で見守っていないと、途中で取り上げたり手を出したりすると癇癪をおこして万事休すになります。
混ざったような、混ざらないような、うさこによる納豆かきまぜがようやく終わり、たれをいれ、今度はうさこの箸を一緒にもって何度かかきまぜて、うさこの茶碗に入れて、残りを私の茶碗に入れて、という動作に何分かかることか。

一事が万事、そんな調子なので、何事も予定通りに進まず、急かしても無駄、手を出して早くやらせようとすると逆効果だったりするし、それらをすべて封じて無理やり抱っこして連れて回るにも限界があり・・なので、朝イチから会議がある日などは気が気ではありません。
歩けない頃はなんて楽だったんだろう、なんていう気分になることも。(その時はその時で別の大変だと感じていたはずなんですけどね)
これにゴマちゃんが加わった時、どうなるのか。今から恐ろしい感じがします。

反面、その気になったときにはそれなりにいろいろできるようになりました。
親戚から送られてきたみかんが箱のまま玄関に置かれているのですが(家じゅうで一番涼しいと思われる場所)、「うさちゃん、みかん自分で持ってくる?」と言うと、喜んで持ってきます。
「3つもってくるね。おとうさんのとー、おかあさんのとー、うさの!」
と言って、トコトコ走ってちゃんと3つ持ってきます。
他の部屋や台所にいるとき、携帯が鳴っていると「おかあさん、電話だよー」とか、「メールだよー」とか、言いながら走って持ってきてくれたり。

いかにその気にさせるものを増やすかということなんでしょうが、まだまだコツが掴めず、イライラしながら右往左往の毎日です。

保育園では毎日規則正しくお昼寝させてもらっていますが、休日はなかなか昼寝をしません。
以前は、バウンサー=お昼寝、というサインになっていたのですが、さすがに89センチ、14キロ超のうさこにはバウンサーは小さくなってしまったので、引っ越しを機にうさこの前から撤去(ゴマちゃんに備えて押入れへ)。
となると、お昼寝サインがはっきりしなくなり、なかなかお昼寝モードも作りにくくなりました。
先週末は、3人で出かけ、お昼を外で食べて帰ってきて、3人そろって昼寝というぜいたくモードだったのでうさこも寝ましたが、昼寝をしないと夕方から夜にかけて、眠すぎるけどどうしてよいかわからず、とにかく癇癪をおこして泣きまくるという状態になるので、どうしたのものか・・と言う状態です。
(その割には夜も遅くなるまで寝ようとしない)

トイレトレは、大して進みもしませんが、引っ越したのを機に、おまるからトイレに昇格しました。
(ようやく今頃になって、です)
トイレに行ったからといって、ほとんど出ることはありませんが、トイレットペーパーで拭く、流す、といった動作が楽しいらしく、誘っても「いや」と言うことが多いものの、朝夕2回ぐらいはトイレに行くようになりました。(はじめはなかなか行こうとせず、拒否でした)
トイレから出てきた直後に、オムツの中に涙目になりながら踏ん張ったりなど、トイレの意味をまだ理解していないのではと思う節もありますが、まあボチボチ行きます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。