ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.19 (Mon)

職場の環境と2人目の育休期間

このところ、終日の土日出勤も多く、平日もギリギリいっぱいの生活で、バタバタでした。
もちろん、終日休日出勤のときには代休をとってよいことになっていますし、代休を取ると宣言したら反対する上司はいないのですが、代休をとったからといって別の人が仕事を進めてくれるわけではないので、メール上では対応しておいた方が自分のために楽だし、結局、週3日の定時帰宅を考えると作業時間が限られるので、代休をとると自分が苦しくなる・・という状況です。

同じ室の職員は、室長である先輩一人と、私、後輩の研究員が二人、非常勤の事務補助の人が3人の態勢です。

7月末でわたしより5歳若い後輩が1人、不妊治療に専念するとのことで退職しました。私が産休中に入った人だから2年弱。
私が育休から復帰してすぐに治療しようかどうか迷っているというような話を自分から打ち明けてきたので、夢クリ通いの結果、うさこがやってきたという話をし、その後もあれこれ話を聞くようになっていました。
私が不妊治療に通っていたことは職場内で話した人はそんなに多くないのですが、子どものいる女性研究員もあまりいないので、「子どもの話をしてよい人」と思って打ち明けたようです。
彼女が辞めるといいはじめたとき、辞めるのは最後でもいいんじゃない?と言っていましたが、どうもそうは思えなかったようで、治療をはじめて1年弱で退職していきました。

その後彼女の代わりに入った後輩、もともとの病気が再発してここ10日ほどお休みです。
命にも係わりかねない大きな病気で、彼女自身の努力では如何ともしがたい症状なので、本当に本人も辛いだろうし、早くよくなることを祈るのみで、それを非難する気持ちは私も、そのほかの人にも毛頭ないのですが、入職して3か月、徐々に本格戦力になってくれるはずだった時期なだけに周囲としても痛手であることは確かです。

もう一人の後輩は私がうさこの育休から復帰してしばらくしてから入ってきた新人君。
心根はいいのですが、実務上はいろいろと問題が・・・。素人目に見る限り、軽度の高機能の発達障害系統のむずかしさを抱えているように見えます。電話応対もちぐはぐになってしまったり、議事録を見ても要点がつかめていなかったり、一つ一つの情報がバラバラなんだろうなあという感じです。
相手の反応の読み方も的が外れているので、そういうタイプなんだな、と頭で理解していないと周囲をイライラさせてしまうことがしばしば。結果、いろいろなことの情報を統合しながら進める仕事を任せることはできず(つまり、研究員としてやるべき仕事はうまくいかず)、周囲が引き受けることになります。
勤務時間中、怠けてはいないのですが、ちょっと作業が立て込むと(周りから見ると単純作業でしょ??、と言う内容でも)精神的に参ってしまうということもあり、なかなか調和してやっていくのが難しい感じです。非常勤の事務補助の人たちとほぼ同じ仕事を効率悪くやっているという状況で、この先どうしていくのが本人のためにも、周囲のためにもいいんだろう?という状況です。

そんな中、産休に入る時期が確実に近付いている私。実に心苦しい・・・。
妊娠を報告したときに、間髪入れず「おめでとう」と言ってくれる優しい職場ですが、産休に入る職員がいるからと言って代替要員が補充される仕組みはなく、残りの人の負担が増えることは確実です。
妊娠34週に入るのは2月28日ですが、年度内にいろいろ予定されている仕事等々を考えると、トラブルがない限りそこから10日ほど先の3月8日までは出勤しないといけないなあという感じです。
その後も、報告書等々は自分の手で仕上げるしかないでしょうから、どうやりくりするか、今から頭の痛いところです。もちろん、それを含めてマネージする先輩や上司の方が大変なのですが。

うさこのときには、生後7か月近くになる4月半ばまで私が育休、その後1歳まで旦那さまが育休で春~夏をうさことの生活を満喫したのですが、今回はそういうわけにもいかないかなあという見通しです。
私も、半年ぐらい(10月)で復帰かなあと思っており、旦那さまは年度の後半に休むのは無理かなあと言う状況。
うさこのときは、旦那さまは年度前半だったから休めたんですよね。かといって、私が産後すぐ復帰で、というのは、おっぱいのことなどもあり無理ですからそこを交換するわけにもいかず。
また、うさこのときには産後すぐも夫婦二人でなんとかやれましたが、今回はうさこの世話もあるので、一人目のときのようには行かないでしょうから、そこをどう乗り切るか。
もし、うさこが新年度で認可保育園に移れたら、私の入院時期と保育園の環境変化も重なるはずです。もし、同じ保育園に留まるとしても、お友達の入れ替わりはあるので、しばらくは慣れるのに時間がかかるでしょうし。
となると、産後の時期に旦那さまが育休をとるという案も浮上。

来月引っ越し予定ですから、年が明けたら保育園の送り迎えをお願いする可能性を考えて、保育ママさんをお願いしたり、ヘルパーさんに来てもらうなどの準備も始めておこうと思っています。
いろいろ社会資源もあることですから、なんとか無理せず乗り切りたいと思いますが、それらを使いこなすにはいろいろ知恵が必要ですね。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

色々大変ですね。私ももしそうなったら似たような感じだな~と思って拝見しました。部下の一人が産休中の上、トラブル続発中で、今妊娠したら相当ヒンシュクだなーと。
最初は思い切ってシッターさんなど活用するのがいいと思います。費用はかかりますが、ずっとではありませんし。子育ては長期戦、戦略練りながら両立頑張りましょう〜

ご無沙汰しています。2人目のベビちゃんをお腹に育てながら、頑張っていらっしゃいますね!

ブログ拝見して、私の職場とすごく似てる、と思い、共感してしまいました。私も研究職で、部屋は5人ほど、みないい人たちですがいっぱいいっぱい…。私は育休を1年間とらせてもらいましたが、私も場合も、産休は仕事の関係で、かなりずれこみました。育休中も、職場はやはり、大変だったみたいです。(私の場合は、他の人の留学その他で逆の立場になることもあるので、申し訳ないながら、お互い様と割り切らせていただいたのですが。)

今も、育児時間で1時間短い勤務ですが、最近は大概、フルタイムみたいなもので、それでも仕事はたまってます(平日に残業ができないので)…最近はやむをえず、シッターさんにお世話になることも、出てきました。

そうなんですよね、職場の人は、育休とるな、とか、フルで働け、とは言わない(言えない)のですが、結局、不在にならない限り、仕事量が減るわけではないのですよね。

長文になっちゃって、すみません。

結論ですが、職場に早めに復帰されるのであれば、私もやっぱり、シッターさんとかファミサポとかにお願いするのがお勧めかな、と思います。ファミサポは登録だけしていて、まだ経験がないのですが、シッターさんに関しては、やっぱり助かるし、かなり安心感もあります。高いのが難点ですが、無理してリズム崩して、体調が悪くなるよりはいいかな、と思っています。保育園の送迎だけでも、ずいぶん助かると思います。最初は、知らない人に家に入ってもらうことに抵抗がありましたが、すぐに気にならなくなりました。

お子様が二人になると、大変なことも多いかもしれませんが、旦那様も協力的でいらっしゃるし、社会的資源もいくつかあると思うので、お互いうまく使いたいですね。

>だらさん

だらさんは部下も抱えていらっしゃるからなおさらですよね。
高齢出産だと、体力以外はある程度余裕も出ていて楽な面もあるけれど、一時的にでも仕事から抜けるとなると周囲に与える影響は大きくなってしまいますよね。
これまで保育園と病児保育の利用だけであとは夫婦でなんとかやってきましたが、シッターさんにお願いする部分もつくっていこうと思っています。弟妹がやってきて環境が激変する前にシッターさんに慣れてもらわないと…と思っているところです。

>とんさん

こちらこそご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
とんさんも同じような環境なのですね。

2人になると、少々は上の子が大きくなっているとはいえ、食事はまだ同じものを食べさせるわけにもいかないだろうし、お風呂も2倍手がかかるということだろうし・・と考えると、外の手を借りて乗り切るのがよいだろうなと思います。
まずは出産時の送り迎えなどに対応してもらえるようにシッターさんに慣れてもらうところからかなあと思います。
お互いに上手にこの時期を乗り切りたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。