ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.11 (Tue)

夫婦の財布と今後のマネー計画

これまで「妊娠するために」関連本はいろいろ買っていましたが、夢クリ卒業までは怖くて本は買う気にもなれなかったし、その後は母子手帳と共にたくさんの副読本をもらったり、分娩予定の病院でも本を何冊かもらったり、で、妊娠の経過や気をつけるべき事などについては、それらをちびちび読んでいるだけで十分でした。

ただ、徐々に本格的に出産準備を考えなければ、と考えると、必要な品について考えるにあたって、連休中、初めて出産関連本を自分で買いました。定番「たまごクラブ」と、たまたま見かけたアエラムックの「AERA with Baby」。

どちらも出産の経過などがメインに書かれているのですが、必ず出てくるのが今後のマネー計画についての話。
教育費がかかりますよ、ちゃんと貯めておかないと大変なことになりますよ、別の口座でちゃんと貯めておくことが重要、ぜひ子ども保険・学資保険にも、と。

我が家では結婚して以来、ずーっと財布は1つです。
(持ち歩く財布は、それぞれ持ってますけど、家計は、という意味です)
二人とも、大学院生を終えるときに結婚したので、二人とも当時の貯金はほぼゼロ。そして、奨学金の借金がたっっぷり!!
この借金、少しずつの返金なのであまり日常に不便は感じませんが、なにせ20年ローン。先は長いです。

結婚当初はそんな状況だったので、何を買うのも二人のお金をかき集めて、というようなスタート。その後は共働きだったので、日々の暮らしには困らずやってきましたが、なんだか当然のように家計は1つ、でした。
私に比べて旦那さまの方がお給料はいいのですが、当初から「分ける意味がよく分からない。一緒でいいじゃん」と言っていたのでずっとそのままです。

これまで7年間、一応、家計簿はつけているものの、長期的なキャッシュフローを考えることもなく、若干の貯金、給料天引きの財形、なんとなく入っている生命保険ぐらいで日常にはお金のことをほとんど考えずに暮らしてきました。
共働きで二人だけで生活している限り、お金持ちにはなれないけれど、暮らしに困ることもないし、と、かなりいい加減に過ごしてきたのですが、うさ子が生まれてきたらどうなるんだろう?と改めて考えてみる必要を感じました。

今後も、共働きを続ける限り、どっちかが生きていれば、なんとかなるのではないかと思いますが、事故など、何かが起こって、二人ともいなくなって、うさ子だけが残されたときには、なんとか大きくなるまでお金の点だけでもなんとかしてやれるようにしなければ・・・と。

まずは、学資保険とはなんぞや・・と調べてみると、貯蓄型か保障型かというのが大事な分かれ目のようですね。
いずれも保険に入る親に万一のことがあったらその後の保険料の支払いは免除されるが、保険金は満額受け取れる、というもののようですが、保障型だと、それに死亡保障とか、死亡後の育英年金とか、子どもの保険とかいろいろつき、必然的に満期の時の受け取り率が下がるというもの。
生命保険等に既に入っているなら、同様の保障に重ねて保険料を払う必要はないので貯蓄型がお薦め、とのこと。

これまでも生命保険には入っていましたが、共働きの場合、どっちかが死んだとしても、一時的に落ち込んだり等々の期間を持ちこたえるお金があればいい、ぐらいにしか思っておらず、保障の必要性はあまり感じていませんでした。
でも今後は万が一の場合を考えると、ある程度の補償は必要だろうし・・・。
必要な保障額見積もってもらい、今の生命保険を変更するか、新たに入るか、学資保険にそれらの機能をつけるか、になりそうです。

保険会社の人に来てもらわないと決められなさそうですが、それはもう少し先になりそうです。産休に入ったら、かなあ。
旦那さまの会社への妊娠報告はまだしていないので、それよりは後の方がいいと思うので。
産まれたら忙しくなりそうなので、とりあえずそれまでに、と思っています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

NoTitle

こんにちは!こんなブログを立ち上げましたので、よろしくお願いします。リンク貼らせていただいてよろしいでしょうか~?
夫婦共働きなら保険ていらないのでしょうけど、子供のことを考えると万が一の保障、考えてしまいますよね。あまりにも選択肢が多すぎて自分じゃ何に入ったらいいのかわからないので、FPに相談したりしましたが、やっぱり自社商品を売ろうとするので特定の生命保険会社に所属していない人に相談するとか、しないとなぁと思っています。私は自分の医療保険を見直さないと・・・。と2年以上前から思っていてまだ行動に移していませんー。

こんにちは!!

学資保険考えておられるのですね~
わたしは結婚する時に
生活保障の保険に入ったのと(月払いで受け取れるもの)
大学費用の積み立て用の保険(確か、どちらも東京海上だったと思います。)に入りました。
貯蓄型にするなら旦那さまメインで
学資ではないのに入ったほうがオススメと聞いたのでそちらにしましたよ(その時は年齢も若く安かったので)

今はいろんな保険会社のをひとつの代理店で
受け持ってもらえるので便利ですよね

>himekoさん

コメントありがとうございます!
新しいブログ、始まったんですね。お邪魔させていただきました。
産院にもデビューされて、順調なようで何よりです。
リンクもありがとうございます。私はこちらのページにまだリンク設定をしていないのですが、設定したらhimekoさんの新しいページにリンクを貼らせていただきますね。

保険ってなかなか選ぶの大変ですよね。たくさんある割には結局似たようにも見えるし。保険料が高くて日常生活を圧迫するのは本末転倒だし。
その保険に入るかどうかは別として、そもそもいくらぐらい必要なのかはFPさんに聞いてみるのがよさそうだなと思っているところです。


>あ~ぴょんさん

保険ってほんとにいろいろありますよね。うちも結婚したときに貯蓄重視で外貨建てのものに入ってはいるのですが、それだけで大丈夫かどうか、よく分からないんですよね。
夫婦のうちどっちかが元気で働ける状況であれば大丈夫かなと思うのですが、両方とも、っていう事態が生じたとき、どうなるのかな・・と。
いずれにせよ、給料の多い夫メインがいいだろうとは思っていますが、学資保険である必要があるのかどうかはよく分からないところです。そこらへんはFPさんに聞いてみることにしようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。