ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.16 (Mon)

フェマーラ周期(D10)通院

連日の夢クリ通院。待ち時間に昨日の話。
日曜日は1週間前から予定がわかっていたD10通院。最近は会計待ちが異常に長いので、会計が溜まる前の受付番号奪取を目的に、うさこの朝ごはんは旦那さまに任せ、早めに家を出ました。とないえ、そんなに早くない8時25分受付。すでに70番代後半でした。

まずは前回の採卵に伴う支払い。結局凍結には至らなかったけれど、当日の4万円に加えて4万5千円ほど追加でお支払いです。全部顕微だし、数だけは多かったし、諸々かかりますね。
まあ、手術室の費用とか、採卵のときのスタッフの人数だとか培養にかかる諸々のコストを考えると、うまくいかなかったときにこれだけの費用ですむ成功報酬のシステムはありがたいと思います。

外来受付の表示が出るまでにも、採血までにも時間がかかり、不規則な順番から院長診察を予測。

今週末は帰省の予定なので、遅くともD15には採卵になってくれないと困る、水曜日採卵は避けたい、というところなので、どんな進捗なのか気になりつつ内診を待ちました。
独り言が少ないので院長ではないのかしらと思ったり、採卵なのに内膜測っているのでやっぱり院長だろうと思ったり。
左はほとんど卵胞がなく、一番大きいので6ミリ。ちょっと緊張しつつ右を待つと、ありました!わたしのd10にしては大きい〜。17ミリ。
うん、これは週の前半に採卵、と安心したのでした。

問診までは長かったです。D10あたりで料金体系が決まると言われていたので、やはり院長診察だろうと思っていましたが、不規則な順番で呼ばれるのをずっと聞き立てているってそこそこ疲れます。ボソボソっとマイクから遠いところの声もちゃんとキャッチするのが患者の務めになっていますからね(苦笑)。
待った割にはほんとに秒察。座る間もあるような、ないような。
「◯◯さんやね、E2が190、もう一日やな、明日また午前中。セロフェンは今日も飲んどって」
以上。

じゃ、火曜日採卵かな〜、早いな〜と思いつつ4階を後にし、30分ぐらい会計を待って終了。

が、夜になって考えてみると、前回はLHサージが始まってしまっていたから翌朝採卵でしたが、普通なら夜中にスプレキュアで、翌々日の採卵。
つまり、一番避けたい水曜午前中採卵の可能性が高いわけではないですか…。
困ったな〜。

また採血の数値、追記します。
E2:192
LH:13.1
FSH:4.9
P4:0.3

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。