ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.22 (Thu)

D21(採卵結果)

うさこを寝かしつけながら一緒に寝てしまい、旦那さま帰宅後、やおら起きだして夕食・・・の結果、変な時間になりました。最近よくあるパターンです。

無事、採卵終了しました。
結果は、成熟卵1つ、MⅠ期1つ、GV期5つ。
1つしかないと思っていたので、院長サマサマのうれしい方の予想外でした(採卵中、2度3度、おこられたんですけどね)。

集合は7時40分で、7時35分に到着。受付番号は13番。
4とか、9とか、そういう数の方が物事がうまくいくタイプなので、13番にまず満足(13はまだ未知数ですが、4+9=13ですし)。

4階受付に持ち込みさんを提出。

すぐ5階に呼ばれて、中へ。1番ベッドでした。
「初めてですよね?」ときかれ、「いえ、1人目のときに」
「じゃ、着替えとか、わかりますかね」
「はい、たぶん」
「着替えたらトイレに行ってください」
そうこうするうちに、外の看護師さんたちの声がきこえます。
「院長あがってきちゃったよ」

「ぴょんたさーん、着替え、終わりましたか?」
「はいはい、もうすぐ・・」
「トイレに行って準備してください」

トイレを出ると、追いかけるように、「ではぴょんたさん、ショーツを脱いで、準備をお願いします」「はいはい」「入っていいですか?」

血圧を測りに来てくれた看護師さん、とっても申し訳なさそうに
「すみません、あわただしくて。院長もう来ちゃったんで。初めてなのにねえ」

「いえ、2年前にもやっているので大丈夫です」

「よかった。じゃ、申し訳ないですけれど、もう行きますね」

ということで、いざ出発。

院長、すでにスタンバっていらっしゃいました。お待たせして恐縮です

消毒等々を経て、いざ採卵が始まっての第一声。
「排卵中!」

あれま、と思っていると、「押さえると崩れるし」とかなんとか、ブツブツ。

刺されているあの鈍痛を感じた後、「1リンス」「エル」という声が聞こえました。
よかった~、間に合ったみたい、これで終了かな、と思っていると、画面の黒い影を追いながら、次々と鈍痛が。

「あれ、ここが左だから、ここが・・・、位置がよくわからんようになった。右がここで・・・」

いつまでも刺し続ける院長に
「薬なしで、自然周期でもそんなにあるんですか?」
と口を挟んだ途端
「黙っとって!」

はい、申し訳ありません。私が悪うございました

「ここは押さんととれんぞ」「軽めに押して」等々の指示に沿って、看護師さんが頑張ってくれて。

でも、ずっと続くので(麻酔しますよ、と言われたときに全く痛くなかったので、麻酔はなかったのではと疑っています)だんだん痛くなってきて息をとめがちになると、
「そんなことするから痛くなる。」

はい、またしても申し訳ございません

そうこうする間に、「右○リンス」という声の間に、「エル」とか「エス」とか、声が聞こえてきます。
なんと、他の卵胞からも採れていることに半分驚きながら、無事終了。


ベッドに戻ってから30分の安静。
再び血圧をはかりにきてくれた別の看護師さんにも慌ただしくてすみませんね・・と、ねぎらっていただきました。
「周りの方も大変ですね」

「いえ、私たちは慣れているんで。初めてなのに申し訳なかったですね」

「いえいえ、1人目のときにしているので」

「そうだったんですね、よかった。院長、変わってないんですよ。お薬とか、治療の方法とかはずいぶん変わったんですけど、院長のせっかちなところなんかは全然変わってなくて・・」

「そりゃそうですよね(急に変わっていたらこっちがびっくりします!!)。早い方がいいです」

こんな話をする余裕があるのも、すべて体験済みのコース、展開も予想できるからこそのこと。
やはり、そういう意味で2人目は気持ちは断然楽です。

30分の安静の間、久しぶりの夢ノートを読んだりしつつ、うつらうつらとしつつ。

安静終了後、ガーゼを取り出したりした後4階へ。
採卵時にはけっこう腰の奥に鈍痛があったのですが、このころにはほぼ解消。
さすが院長。あんなに刺したのにすごい!
その技術を維持するには、相当のせっかちじゃないと時間が足りないですよね。せっかちは我慢しますので、今後も技術の維持をお願いします。

内診室で止血ととり残しがないかの確認をしてもらい、1番診察室へ。

そうそう、内診室で待っている間の会話が面白かったです。

看護師さん:この患者さんなんですけど、○○○。
院長:カルテ見せて。書いてあるやろ。
看護師さん:でも○○○。
院長:そんなん、本人に聞けばいいやろ。わしに聞かんでも。本人に聞くのが一番正確なんやから。

本人の言、信用されているんですね。よかった、よかった。

1番診察室に呼ばれて、卵の写真を見ながら軽~く説明。
「排卵中でしたが、卵子はまだありました。成熟卵ではありますが、本来の排卵のタイミングはもっと遅かったんやろね。圧迫で排卵したんでしょう。ときどきあることです。まだ周りが硬いので顕微授精になります。あとは未熟卵。このタイミングやと、今周期の移植はありません。全部凍結になります。」
「培養士からの説明があります」
以上!

「次回の通院は?」
「生理3日目。それも全部培養士から説明あるから」
「ありがとうございました」

この時点でまだ9時。
早~い!!

その後、培養士さんから説明していただきました。
それぞれの段階やら、周りの細胞が硬いときに顕微になることとか、今まで通りなので、特に疑問もなく、しかるべく進んでいることが確認できて納得。

院長は、排卵のタイミング前に圧迫で排卵したのでは、との見方でしたが、思うに常に私はそういうタイプなのではないかという気がしています。
うさこがやってくる前の2回の採卵はほとんど成熟卵なく、未熟ばかり。成熟卵でも、殻が硬いから顕微、と相成りました。期待しないようにとセーブしつつも、そういうタイプでもうさこがやってきてくれたんだから、今度もうまくいくかも、と、期待してしまいます。
うさこもMⅠ期出身でしたから。

今日無事キャッチされた7個のたまごちゃん。うさこお姉ちゃんに続いてこの世に生まれてきてくれますように。


ちなみに、たくさん刺したので、具合が悪ければ一度出勤して最低限だけ片づけて早退しようかとも思ったのですが、その後、10時過ぎには出勤し、うさこの迎えまで普通に過ごせました。
安静にするにこしたことはないのでしょうが、それができないこともあるわけで、助かりました。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

たくさんとれたようで良かったです!!!院長のお叱り、笑ってしまいました。そして看護師さんの「はじめてなのにー」の連発(笑)。これから電話確認がドキドキですが、しばらくは通院もなくゆっくりできますね。強い子が凍結できますように。

採卵、お疲れさまでした!
最近は寺本スペシャルのお陰で小さい卵胞からも採卵するようですね~!
自然周期で1子じゃなく複数子の卵ちゃんが取れるとなんだか得した気分ですね☆
きっと7子の卵ちゃん頑張ってうさこちゃんの弟君か妹ちゃんになってくれると願ってます!
ぴょんたさんはドキドキの電話確認が続きますが、次周期万全でお迎えすべく体調整えながらお仕事、育児頑張って下さいね♪

P.S
M先生、すごーく丁寧で優しい先生ですけれど疲れているとうっかりミスしてくれますので気を付けて下さいね(笑)
私は排卵する結構大きな卵を見落とされました(^^;)
ホルモン値見ながらなので問題なかったですけど。。
それだけ大変なんですよね、夢クリで働くのは(苦笑)

>himekoさん

こちらへのお返事、すっかり遅くなってごめんなさい。
まだ今の段階で喜ぶのは早いですが、予想外にとれて、ほっとしたところです。
2週間は通院なしというのも一息つける感じです。
2回の電話、緊張しながらかけましたよ〜。その結果は記事に書きますね。

>お嫁ちゃんさん

最近はそうなっていたんですね。その日その日に追われて、検索魔になる余裕もなく、という毎日で最近の治療方針など、よく知らないままの採卵突入でした。
ほんと、自然周期でいくつもとれると、未熟卵で可能性は低いとしてもとても得した気分です〜。
凍結確認までどうなるか全くわかりませんが、祈っています。

M先生情報ありがとうございます。そうなんですね。きをつけます。
夢クリで働くのはほんと、大変だと思います!

採卵、お疲れ様でした!!
たくさん取れたようで、よかったです。うさこちゃんの兄弟につながる卵たちになってくれるといいですね^^

私も最近、生理周期が35日と長く、D3の初診日に院長に「周期が長すぎる。薬を使わんとD20までに採卵できん!」とダメ出しをされ、フェマーラ服用を指示されました(結局、種々の事情で中断しましたが・・・)。ぴょんたさんも35日と同じくらいなのに、自然周期でOKだったんですね。うらやましいです。私もがんばって後に続きたいと思います!

Re: タイトルなし

こんにちは。無事に育ってくれることを願うのみなのですが、あまり期待しすぎないように、と、意識しているところです。
やまさんはフェマーラ処方だったんですね。
私は常に長いので、フェマーラかなと思っていたのにそうはならず意外でした。なぜなんでしょうね。私はダラダラと周期が長いと通院回数も増えるし、フェマーラ処方してほしいなと思っていたのですが。
周期が長いことを見落とされたんでしょうか?でも、看護師さんがせっせと数えてたのでそんなはずもないと思うのですけどね。
やまさんも再び通院再開なのでしょうか。気負わずがんばりましょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。