ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.14 (Wed)

夢クリ2回目(D10)

数日前の話ですが、今周期2回目の夢クリ受診について。

3月10日(土) D10

時間が経っているので、旦那さまの感染症検査も必要だと言われていました。
別々の日に行ってもいいとは言われていましたが、休日でもあるので、この日に一緒に行くことにしました。
となると、考えなければいけないのがうさこの預け先。
12月にも利用したことのある区の一時保育に預けることにしました。
申し込み書を持参したところで予約成立なので、空き状況を確認してから、仕事の昼休みに申請書を持参。3時間コースになる可能性を考えて9時半から13時半まで預けることにしました。
採血さえしてしまえば、私一人でもたぶん大丈夫でしょうからそれ以上長くなるようなら、旦那さまに迎えにいってもらうつもりで。
1時間800円なので、3200円。

昼を挟むので弁当持参です。
なんでもパクパク食べるうさこですが、慣れない場所のお弁当なので、特に好きなものを選んでつめました。
鮭ごはん(鮭フレークをまぜる)、ハンバーグ、野菜のトマト煮、かぼちゃと青菜のチーズサラダ。

9時すぎに自宅を出発してタクシーで支援センターへ。
12月に預けた時と同じ保育士さんでした。

うさこを預けて急いで夢クリへ。10時前の到着でした。
前回忘れて行った診察券を、新しいICカードつきのものに変更してもらいました。
4階で受付をすると、間もなく処置室への呼び出し。感染症検査の説明をしてもらい、HIV検査の同意書を記入しました。
しばらく待つと、採血コーナーの表示が2人分出ました。
採血コーナーのある内診室前は、普段、男性立ち入り禁止と書いてあるので、一人で呼ばれたご主人が戸惑っているのを時々見かけます。2人セットで呼んでもらう方がいいですね。

その後、院長以外の内診を予測して待っていたら、意外にも院長内診でした。
でも、この日は院長呼び出しの方が早いくらいのペースで進んでいました(朝、雪が降るような天気だったから、初診の人が少なかったんでしょうか?)。

受付から2時間ぐらいで院長問診までたどり着きました。


院長:周期は長いね。
私:はい、前から。
院長:E2がまだ113やから、少なくともあと4日はかかるでしょう。AMHも高いしね。37歳やったら、平均は15ぐらいだから、高けりゃいいってもんでもない。
私:はあ。
院長:次の奥さんの来院日は、来週の水曜です。午前中にきてください。

以上。

2人で聞きましたが、今のところはかつての道のりを辿っているだけ。特に食いついて質問することも特にありません。

3年前にはなかったAMHの測定、自分はどれぐらいなのかなあと気にはなっていました。
もらった紙をみると44.8。
前回、刺激周期で卵胞の数ばかりいっぱいありましたが、空胞や未成熟卵が多く、結局残ったのは1つだけ(それがうさこに成長しました)。2年半前はAMHの測定はありませんでしたが、今より低いわけはないでしょうから「高けりゃいいってもんでもない」のとおりだろうと思います。
LHはもう24になっていますから、多嚢胞の典型例なのでしょう。やっぱりね、という感じです。

このAMH、実際には治療上、どんな役にたつのかなあというのは興味があるところです。LHの値などと含めて、多嚢胞で周期が長いとわかったら、周期のはじめの通院のペースを調整してくれたりすると、通う方としては楽なんですけどね。D3、D10、その後ずっと一日おきなどで刻まれると、それだけで疲弊しちゃいますから・・・。

E2:113
LH:24.2
P4:0.3
FSH:9.6

問診を終えて3階に降りてみると、ものすごい人。
この日は会計待ちが1時間以上でした。
確かに混雑していたのはあるんでしょうけれど、もうちょっと何とかならないかなあと思いました。
それにしても土曜日でよかった。それから、うさこの保育を3時間コースを見込んでおいてよかった。
この長い会計待ちは平日だったら我慢できないし、保育時間が短かったら気が気ではありませんでした。

この日のお会計
私:25,767円(前回は保険適用だったので、AMH分は今回に繰り越し)
旦那さま:7287円

そうそう、料金の説明を受けました。
自然周期で、成功報酬40万、不成功で10万という以前とほぼ同じ設定。
44歳以下、となっていました。以前より年齢が引き上げられたでしょうか。
2人目に成功報酬の制度が適用されるとは思っていなかったのでちょっと意外でしたが、助かります。
(最終的には、1回でうまくいけば通常料金の方が安いわけですけれど、気分的に楽かなと)

次回は水曜通院です。
水曜は部内の定例会議がある日なので、一番通院になってほしくない曜日なのですが、仕方ありません。
会議の最後を脱出し、12時ぎりぎりの滑り込みを狙って通う予定です。予定のやりくりが本格化してきたことを実感です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

私も

まだまとめるのがおいついていませんが、私も先日D10の診察いってきました。もう、会計の長いこと長いこと。一時間以上待ちましたよー!娘のお迎えがあったので、イライラはMAXでした。医師の診察を待たされるのなら我慢できますが、お会計で1時間はありえません。お支払いだけでなく、薬の対応や料金説明を1人でしているんじゃ、そうなるのは当たり前です。もう1つ窓口があるんだから、一人増やせばいいのに。意見箱があったら出すつもりです!夢クリさん、そんなに貧乏じゃないはずだし。あれはいけませんねー。
多嚢胞気味なんですね。私は順調に加齢している数値でした。汗。数年前のも知りたかったなあと思いました。まあ今更自分の卵巣年齢知ったところで、やることは決まってるし、というのもあるんですけどねー。

>himekoさん

himekoさんもあの会計まちを体験されたんですね。ほんと、イライラ募りますよね~。診察の待ち時間は諦めるしかないかなあと思うけれど、会計一時間以上というのは異常だし、スタッフ増やせばいいのに、と思っちゃいますよね。
AMH、測って治療にどう活かしてくれるのか気になります。高ければいいってもんでもない、をまさに感じているので、値がわかって、それで?その先が知りたい・
まあそんなことを思いながらも、検索魔にもならずにいられるのはすでに経験ずみのことがほとんどなのと、現にこどもがいて、毎日手はかかるけど楽しいおかげだなと。私は次回土曜日通院です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。