ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.14 (Tue)

わが家の離乳食人気メニュー(副菜編)

うさこがついに歩くことの喜びを覚えたようで、移動の中心が歩くことに変わりました。
昨日は隅田川テラスを手をつないで散歩。ベビーカーから降りて、手をつないで歩くこと30メートルぐらいでしょうか。うれしそうに歩いていました。
帰ってからもますます歩くことに目覚め、紙袋におもちゃを詰めて、重すぎてフラフラしながらも歩き回り(笑)。ようやく、満を持して目覚めたか??という感じです。

はみがきは、皆様のお知恵をちびちび試すうちになんとなく落ち着いてきました。
何がどう効いたのか、もしくはたまたまなのか、よくわかりませんが、ここ2,3日は少々騒ぎはするものの、ちゃんと仕上げ磨きをさせてくれます。このままうまくいってくれるとよいのですが・・・。

さて、今日のタイトルの副菜です。
以前も書きましたが、わが家の離乳食の基本は野菜のごった煮を製氷機で凍らせたキューブを2つ使います。
そのキューブを使って何らか汁物をつくりますが、それがツナや挽肉などが入ってメインになり、おかずが1品しかない、というときや、あっさり味噌汁&焼き魚だけだと大食漢のうさこには足りないかしら?と、「もう一品」というときの小さなおかずを類をご紹介。

カボチャサラダ
うさこの圧倒的な支持を受け、かつ、手軽なので多用するメニューです。(イモ栗かぼちゃは主として私の担当で、旦那さまは興味がないので、旦那さまのお迎え当番のときにはあまり作っていなさそうな気配(笑))

冷凍カボチャをチンして、ヨーグルトorカッテージチーズorクリームチーズと混ぜるだけ。
ホクホクかぼちゃのときには水分多めのヨーグルト、しっとりかぼちゃのときはチーズがお勧めですが、いずれにしても冷蔵庫に入っていたものを使うのみ。サラダにしたあと冷凍しても問題なしです。
青菜の刻んだもの(ほうれん草とか、モロヘイヤ)と混ぜてもパクパク食べます。一時期、青菜の繊維を嫌がった時期にも、かぼちゃサラダに混ぜればOKでした。
ちなみに、ヨーグルトがない日に、ホクホクかぼちゃだったので、青菜をいれて、鰹だしで伸ばしたらよく分からないけれど和風っぽいものになりました。

かぼちゃは生協の冷凍かぼちゃを使うことが多いです。生のかぼちゃが実家から送られてきたときや、生かぼちゃを買ってきたときには全部切って、皿に並べてチンして柔らかくしてから冷凍庫へ(バットに並べてくっつかないようにする方が使いやすい)。

がんもどきと青菜の煮浸し
これもうさこの大好きなメニューです。
生協の冷凍がんもどきとか、「ひろうす」とか、そういうもので作ることが多いメニューです。特に枝豆入りがんもどきがうさこのお気に入り(の気がする。何でも食べるからとは一番か見極めにくい…)
。そのがんもどきを刻んで、細かく刻んだ青菜とともに煮たてて、柔らかくなったら醤油か麺つゆを少したらしてできあがり。がんもどきの具がたっぷりいい出汁を出してくれるので、何もしなくてもおいしくできます。
シラスを入れてもよし、いれなくてもよし。(シラスを入れるなら塩気は控えめに)

使う青菜は、ほうれん草、小松菜などで、普通に買ってきた生を使うこともありますが、生協のバラ凍結のほうれん草や小松菜は常備していて、よく使います。生だと計画的に食べないと枯れてしまうので、冷凍野菜は本当に便利。うさこ用にはこちらを使うことが圧倒的に多い!
多少余力がある時に、モロヘイヤとか、ほうれん草とか、大人が食べるつもりで買ってきたら、大人用のおひたしにするために茹でたものを取り分けて、みじん切りにした後で1回分ずつ製氷機に入れておくと、使う時に包丁なし、まな板をなしクッキングでとっても楽チンです。
ちなみに、わが家のお向かいが昔ながらのお豆腐屋さんで、手作りがんもどきは桜海老などが入っていてとってもおいしいので、その美味しいがんもどきでつくるとなお好評(笑)。

野菜のごった煮がないときには、このがんもどきと青菜に人参や大根を刺身のツマにするおろし金で細くしたものも入れて汁物することもあります。

青菜、きのこの納豆あえ

青菜やきのこ(しめじなど)をみじん切りにして、納豆と水を加えて煮立てただけのおかず。味付けは、納豆の付属のたれか、めんつゆを少し。
納豆1パックで3回分ぐらいにはなるので、残りは小分けタッパーでこれまた冷凍庫行き。
煮立てているときや、冷凍したものをレンジで温めた後は、納豆の強烈なにおいがあるのですが、うさこは大好物。においをものともせずパクパク行きます。
もっとかむ力が弱かったころは、ひきわり納豆を使ったり、包丁でみじん切りにしてから使っていましたが、今頃は納豆の硬さであれば丸のままで全く問題なし。モグモグ噛み、一生懸命自分でスプーンですくって食べています。

ブロッコリーのおかかorシラスまぶし
これは旦那さまの開発メニューです。魚っけが大好きなうさこさん。魚介の風味がつくと、ますます食が進みます。(お腹がポンポコリンすぎるのではないかとそっちが心配です)
ブロッコリーの花蕾のところをかつお節やシラスと一緒に水で煮たてて(ゆでると言うより、柔らかくなるまで煮る)、やわらかくなったらお醤油を少したらします。これだけでモリモリ食べます。

青菜のコーン和え
青菜だけだと、青臭いのが嫌なのか、繊維が気になるのか、今ひとつ食いつきが悪いのですが、冷凍してきたコーンのキューブと一緒にレンジでチンすると、コーンの甘さが気に入ってパクパク食べます。
このときの青菜ももっぱら冷凍野菜です。

ふかし芋
蒸し器で蒸してもよいし、レンジでチンでも大丈夫。
レンジのときには、皮をむいてからラップで包んで、数分チン。箸をさしてみて硬ければもう少し追加、という普通の工程。
そのときの分を食べた残りは、一回分ずつ切ってラップに包んで冷凍しています。
食べるときにもう一度チンして、そのまま食べたり、ヨーグルトをまぶしたりして食べさせます。
さつまいものオフシーズには、生協の冷凍スティックさつまいもを多用していましたが、寒くなってからは生をチンして使っています。

ポテトサラダ
じゃがいもを洗って皮ごとチンして、柔らかくなったら皮をむいて、つぶしながらマヨネーズを混ぜて、というごく普通のポテトサラダです。
残りはポテトサラダとして完成した後、製氷機に入れても大丈夫で、1キューブずつ、お皿に出して、再度チンして食べさせています。

トマトの粉チーズかけ
ただの生のトマトを刻んだだけでも、パクパクよく食べるのですが、そこに粉チーズをかけるとますます大好き
旦那さまはシラス和えにしたりもしている模様。

どれもレンジと冷凍庫に頼った短時間メニューです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ありがとうございます!

副菜編もありがとうございます!
手間かけ過ぎず、美味、栄養満点で、
とても勉強になります。

主菜編もいろいろ参考にさせて頂いてて、
たとえばポン酢、大変好評でして、
重宝するようになりました^^

私も4月から、いろいろ工夫しなくては!

>とんさん

コメントありがとうございます。いつもお返事が遅くてごめんなさい。

昼間はしっかり保育園でみてもらえるから、かえって楽だな~と思うのですが、それでも朝晩、いかに短時間で食べるの大好き!のうさこに食べさせるか、といろいろやっているうちにこうなりました(笑)。
とんさんも復職まであと少しですね。
スムーズな滑り出しになりますように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。