ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.18 (Sun)

仕事と体調管理

おかげさまでうさこはすっかり回復しました。ここ1週間ほどは泣いたとき以外は鼻水も出ないので、完治です。
問題は親二人
日常生活はなんとか普通にやっていましたが、ブログを更新するほどのちょっとした余裕を持てない日々が続いておりました。

とはえい、私も長い、長い、風邪っぴきのゴールがようやく見えてきた気がします。

そもそも始まりは10月の体育の日の頃。少し喉が痛いな~、というところで始まり、その後はうさこを中心とした風邪の大交換会状態。毎日少しずつ新鮮な(?)菌が持ち込まれる感じで、 3人揃って風邪ひき状態が続きました。
それでも12月にはいるとうさこは安定してきて、中耳炎が治まったあとには熱が出ることもなく収束に向かいました。これでようやく喪が明けたか、と思った矢先、私がたぶんマイコプラズマ肺炎らしきものになりました。

それ以前の数日は、ようやく風邪が治ったぞ~と思うぐらい調子がよかったんです。
そして6日の朝、ちょっと熱っぽいかな~と思いつつ、外での仕事があったので早朝から出かけて午前の用事を済ませたところで、体の節々が痛くなり、熱が出てくる予感。
そこで外出先から職場に戻る前に家の近くのかかりつけ診療所に行って薬をもらうことにしました。
そのときはまだ7度台前半の微熱でした。
せっかく家の近所まで戻ったんだから家で昼ご飯を食べて薬を飲んでから行こう!と、一度帰宅。
ご飯を食べて薬を飲んで...としているうちにやはり熱が上がってくる感覚があって、じゃあ一寝入りしてからにしよう、と職場に連絡してからベッド横になったところ、見る間に熱が上がっていき、あわや40度。私はあんまり熱が出ないタイプなので、私としてはけっこう珍しい高さです。
こうなってしまうともう仕方がないので、再度職場に連絡してその日はもう休むことにしました。

実はその日、旦那様も体調が悪すぎて、朝、うさこを保育園に送って行った後、会社を休んで寝ていたのでした。
(保育園が私の職場の保育園ですから、普段は私が送りの担当ですが、その日は早朝から外で仕事だったので旦那さまが送ってくれたのです)

結局夕方になっても9度台のまま下がらず、せっかく仕事を休み、お迎え当番でもないからゆっくり休養しようとした旦那さまがうさこを迎えに行ってくれました。
夜には熱も7度台に下がり、なんとか起きられるようになりました。

翌日はいろいろ打ち合わせもあったのですが、また熱が急上昇することが怖くて一日休むことにしましたが、問題はうさこ。
家においていると自分が休めないし、休むためには保育園に連れて行かなければなりません。
結局、タクシーで送っていきました。
うさこが元気でよかった

それ以降、熱は落ち着いたものの、徐々に咳がひどくなり、発作のようにコンコンと咳が出て止まらない症状に移行しました。
仕事もたまっていたので、木、金は出勤しましたが、どうも咳はひどくなる一方なので、土曜日に再度受診。
先生は39度後半まで熱が出たことにちょっと驚いていましたが、咳がひどいと伝えると、「授乳しているんだっけ?妊娠の可能性は?」と聞かれて、いずれもないことを伝えると、「マイコプラズマも騒がれているからそれ用の抗生剤も飲んでおきましょう」ということで終了。
原因は定かではないけれど、もし違ったとしてもその薬を飲んでも大した問題が出るわけではないから、飲んでおけばいい、的な発想のようです。なるほど、合理的。

結局マイコプラズマだったかどうかわからずじまいですが、10日あまり経っても咳は引きずっています。
それでも少しずつ改善に向かっていて、昨日は台所のレンジ周りを掃除しようという気力もでてきたし、今日は久しぶりに台所の拭き掃除もしました。
体が参っていると、うさこの進入の恐れのないところの掃除は徹底的に後回しになり、見て気になっても手を動かす気になれません。免れることができない離乳食とうさこが這いずり回るところの最低限の片づけで限界です。
ちびーっとだけれど、そこに手を伸ばしたことに自分の回復を感じます。

2か月以上も風邪をひきっぱなしって、全く自分でも情けないですが、原因を考えてみると
1.うさこの風邪を漏れなくもらう
2.以前だったら寝ている状況でも、うさこが起きていると寝ていられない
3.うさこが熱を出すたびに仕事を休むので、自分の風邪については無理してでも出勤してしまい、かつ、休んだ分を取り戻す働き方をしてしまう
4.全体的に体力が低下している(年のせい?出産疲れ?)

ぐらいでいしょうか。
1、2はどうしようもない感じです。4は根本的に何か対策が必要だなと思っています。
歳は巻き戻せないのでどうしようもありませんが、運動と食事ぐらいはなんとかなるでしょうか。食事はそんなにひどくないと思うので、なんとかして運動する時間を編み出すか?うさこと遊びながら運動する方法を編み出すか??

今すぐなんとかできる問題は3でしょうか。
職場は理解のある人たちに囲まれているので、うさこの風邪でも、自分の風邪でも、「休みます、すみません」「午後4時から夫と交代で出勤します」等々といえば、皆、快く「大事にしてくださいね」といってくれる職場です。
その点は本当にありがたい

でも、だからといって誰かが代わりにやってくれるわけではない・・・。
休んだら、休んだ分だけ溜まります。
以前だったら、自分の体調不良で休んだときでも、休んで具合がよくなってきたらメールを見ながらある程度処理することも可能だったのですが、うさこがいる限りなかなかそういうわけにはいきません。
ipadで、急ぎの案件に返信したりはしますが、寝ている時間以外は私がまともにパソコンに向かっていると激しく抗議してきます。
仕事を休んでいるのにうさこを放っておいて仕事に没頭するのも本末転倒なので、すべて先送りの対処へ。
そうすると、確実に仕事はたまります。

おまけに週のうち3日は早々に定時で帰宅、その後、うさこが寝る9時(寝かしつけに手間取ると本当に手が離れるのは9時半を回ることもしばしば)まで別モードで動き、その後、大人の夕食の準備をして、洗濯をして、夕食を食べて、片づけて・・となるとそこでもう一日が終了。
必然的に残りの2日に溜まった分を消化するしかありません。
となると、その2日が遅くまでずれ込みがちで。
かくして、本当は本調子じゃないんだからさっさと帰るべきなのに、なんとか日々を乗り切るためにそこでつじつまを合わせて、とやっているうちに風邪が長引いている気がします。

仕事復帰からは8か月たちましたが、旦那さまの仕事復帰で完全共働き開始からはまだ2か月半。そのうちの大半を体調不良で過ごしていることを考えると、働き方のいいペースを見出さないといけないなあと改めて思う今日この頃です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。