ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.09 (Fri)

戌の日

今週火曜、4月6日は戌の日、大安でした。
5ヶ月に入ったのでお参りにいこうか・・ということで、旦那さまと二人で水天宮に行ってきました。

大安や休日の戌の日は激混み、早ければ早いほど空いていると聞いていたので、8時に水天宮に到着。
普段の出勤よりずっと早いです。8時前に家を出たのは、夢クリ通いがなくなってから初めてかも(笑)。

満開の桜を見ながら、着いてみると、確かに万全の体制(?)で、警備員さんも多数。とてもシステマティックに準備されていました。
まず境内に入ると、「こちらです~」と列に並び、順々に申し込みの紙を記入。
祈祷(3000円)と腹帯+御札セット(4000円)を申し込むことにしました。

その紙を持って再度並ぶと、お金を払って腹帯や御札を受け取り、申込書に領収のスタンプを押してもらいます。

さらに領収のスタンプを押された申込書を持って並び、短冊のようなものに筆で名前を書いてもらいます。

そこまで済んだら係員さんの指示に従ってテントの中の椅子に座って拝殿を待ちます。戌の日など混む日は妊婦本人のみだそうでテントの周りには待っている旦那さま、お父様方多数。

間もなく前の組の祈祷が終わり、中に案内されました。入口で短冊を渡し、お札をいただきました。
椅子に座ると祈祷開始。短冊が前に並べられて、祈祷の途中で全員の名前が読み上げらるました。神主さんの促しに従って二礼二拍手一礼の参拝。

けっこうあっという間に終了しました。水天宮に到着してからここまで30分もかからなかったと思います。神殿の外に出てから旦那さまと二人でもう一度お参りしました。子宝いぬをなでて、去年の夏に水天宮にきた時に頂いた子授けお守りをお返しして任務終了!旦那さまはそのまま出勤し、私は代休をとっていたので家に帰りました。旦那さまは普段より早い出勤になってエレベータで出会った上司に「早いね~」と声をかけられたそうです。
大安の戌の日でも平日の早い時間ならそんなに時間がかからずにすむようです。

さて、家に帰って一寝入り(笑)したあと、いただいてきた腹帯を装着。たしかに一回り大きなお腹になりました。ベリーベルトの出番です。腹帯は暖かくて、腰も安定してなかなかのスグレモノですね。ただ少し扱いづらいので、迷った揚句、昨日、電磁波防止の妊婦帯を注文してみました。明日ぐらいに届く予定です。
効果のほどはわかりませんが、使ってみてまた使用感など、報告したいと思います。

同じ日に母も実家の近くで神社に行ってくれたそうで、安産御守、護符、人形、御札、福杓子、御洗米、絵馬、ストラップの一式が届きました。御守りやストラップは子授祈願のときには二人分あったのですが、安産祈願は一人分。護符も子授のときにはたしか、夫婦で飲みなさいという話だったと思いますが、今回はその指示は特になし。
夫婦で協力してとは言うものの、ここから先は最終的には妻の仕事だもんなあ、と妙に納得しました。

次に護符をいただくのは、予定月の1日(9月1日)。そして産気づいたとき、出産の日、その翌日、と続くようです。「産気づいたとき」にちゃんとこの任務を思い出せるかなあ・・。思い出して護符を浮かべて飲むくらいの心の余裕を持ちなさい、ってことかなあとも思ので、なるべく忠実に実行したいと思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。