ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.14 (Tue)

はじめての風邪っぴきと温泉旅行

ついにうさ子が風邪をひきました。
原因は、

わたしです

私の経過は1週間ごしで、先週の火曜、起きたら喉が痛く
それがどんどんひどくなって、水曜の午後には鼻水が止まらなくなり、
木曜には少し声もおかしくなって、夕方には微熱が。
金曜は朝からだるくて、出席必須だった打ち合わせだけすませて、午後は早退して帰りました。
その後は回復に向かいましたが、1週間たった今日も鼻ぐずぐずは止まりません。
派手さはないもののしつこい風邪にすっかりやられっぱなしです。

じわじわと悪化していく私をよそに、うさこは絶好調をキープしていたのですが、
ついに日曜、くしゅんくしゅんとくしゃみを連発。そして、鼻水がズルズルと出てきたのでした。
ひどくなったらどうしよう・・・と心配したのですが、驚異の回復力。
症状は鼻水だけで、丸一日たった時には完全に回復していました。
もう8か月なので、母体の免疫だけではなかなか持たなくなってきている時期だろうと思うのですが、軽くすんでほっとしました。
回復しつつあった私の母乳には風邪に効く成分が入っていたのでしょうか?(全く根拠はありません)

ここでやれやれと思ったのもつかの間、その後は旦那様の番。
日曜の午後から怪しくなって、昨日はほぼ完全休止で(私が代休で家にいたせいもあり)、今日は微熱を抱えながらうさこの世話を頑張ってくれました。

妊娠中は一度も風邪をひかなかったのですが、今年に入ってから、2月、4月、6月といつにないペースで風邪をひいています。
今回は外から風邪を持ち込み、家中にまき散らし・・・。(2月は旦那様が持ち込み、4月は私一人が発症して終了)
自重しなければいけませんね。

そんな中ではありましたが、土日はかねてから決まっていた義両親に招待してもらった温泉旅行。
これまでも毎年連れて行ってもらっていた東北の温泉旅館へ行ってまいりました
震災で被害があり休業していたのですが、6月から営業を再開したということで、義妹夫婦も一緒に大人6人とうさ子の7人で泊まりにいきました。

新幹線か、車か、迷ったのですが、荷物も多いし、休みながらいけば大丈夫かなあと高速を走っていくことにしました。
大のドライブ好きの旦那様なので、大人二人の時にはノンストップで直行したりもした距離ですが、うさこ連れだと休み休み。
家を出発してから片道5時間ほどかかりました。
本当はいけないのでしょうが、途中ですっかり飽きてしまったうさこは、チャイルドシートではおとなしくできず、ビョルンに入って私が抱っこして走る時間もありました。
後部座席で私がビョルンの肩紐をした状態でシートベルトをして、うさこをビョルンに入れて止めます。
素人考えではありますが、こうすれば、万一のときには、私の体重はシートベルトで止まり、うさこの体重はビョルンで止まるので、飛んでいくのを避けられるかなあと。

1月にうさ子が初めていったときにはまだおっぱいしか飲めなかったのですが、今回は離乳食の中期。
市販のベビーフードも持参しましたが、朝はおかゆ、湯豆腐の豆腐、煮物の人参、デザートのキウイをパクパク平らげました。
今回は、ちょっとハイテンションで飛ばしすぎの感はありましたが、おじいちゃん、おばあちゃんに愛想を振りまき、次々と技を繰り出して大サービス。
1月は夕食のときや朝起きぬけにギャン泣きしたのですが、今回はそんな様子はなく、夕食のときは眠くて眠くて目がくっつきそうなのに、自分も参加したいのか、必死で起きていたり(その様子がかわいい)、朝起きるなり絶好調でおじいちゃん、おばあちゃんと遊んだり。
5か月でずっと成長したことが実感できました。

とても楽しく過ごした温泉でしたが、震災の傷の深さを実感する旅行でもありました。
旦那様の実家や妹の自宅は、家具などは壊れはしたものの、今はほぼ日常に戻っていますが、近所には家が崖ごと崩れたお宅や、「危険」の張り紙が貼られて住めなくなったお宅も多くありました。
大喜びでうさこを可愛がってくれる両親や妹夫婦も、震災の話になるとやはり今も思わず涙ぐんでしまいます。身内は全員無事で、ほぼ通常の日常生活に戻れていて、普段は元気に過ごしている家族でさえ、こんな気持ちでいることに改めて震災の大きさを実感しました。
直接の支援になるようなことは義援金を送ることぐらいしかできていませんが、できることを少しでも続けていかなければいけないなあと思ったところです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

旦那さまのご実家は東北だったのですね。こんな大変な時代にうまれた子供たち、きっと心優しい子に育ってくれると思います。
風邪、なんだか先週の我が家みたいです~。喉と鼻の奥が痛くて、くしゃみと鼻水がすごくて。母乳なので、葛根湯で治してやる!と思いましたが治らず、私もちびと一緒に小児科医にみてもらいました。産科もかもしれませんが、小児科でも母乳に安全なお薬を処方してもらえてよかったです。その先生が言うには、母乳をあげてると、免疫すいとられて母体の回復は遅くなってしまうんですって。うさちゃん、治って旅行も行けて、よかったですね~。

>himekoさん

生まれて間もなく起こったこの震災のことを大人になって覚えてはいないと思いますが、きっと育っていく過程でいろいろな影響があるのですよね。それがよい方向に向かうように促すのが親の務めなんでしょうね。

私も鼻と喉の痛みがひどかったです。免疫をとられて治りが遅いっていうのは納得です。もう1週間以上経つのにいまだに鼻がぐすぐすいっています。
小児科でも親の分も処方してもらえるのですね。今度うさことお揃いの風邪をひいたときにはわたしもその方法でまとめて診てもらおうと思います。

ぴょんたさんも風邪ですか・・早く良くなりますように。
私も先週まで、ほぼ3週間体調不良でした。幸い、熱はあまり出なかったのですが、子供の世話をしながらだと「ゆっくり休む」ことが出来ず、辛かったです。健康第一を実感しました。。。
温泉旅行、楽しめてよかったですね。
本当に震災は心が痛みます。できることは限られていますが、一日でも早く皆さんが平穏な気持ちで過ごせるようになるといいですね。

お久しぶりです、被災されたご家族の皆様にお見舞い申し上げます。うさ子ちゃんの存在はそんなつらさを忘れさせてくれる天使ですね。
じつは、我が家も2日まえ、美羽が初めて風邪ひきました。私たちは風邪をひいてはいなかったのですが、あちこち連れまわしたり子供さんの集まる場所に出入りしていたから風邪がうつったのかしら、なんて思ってます。たしかに子供の回復力は本当にすごいですね。39度あった熱は翌日に下がり、下がった日の夜は37度になりました。しかし38度の熱でも遊びたがってるのを見て、タフだなあと思いつつ、そんな元気な姿がありがたいと思いました。

>やまさん

やまさんも体調が悪かったのですね。もう回復されましたか?
子どものパワーにちゃんと付き合ってあげるには自分が元気じゃないとついていけないですよね。
温泉はおいしく、楽しく過ごしました。うさ子にはちょっと長旅かなと心配したのですが、それほどのこともなく、機嫌よく過ごしてくれたのでよかったです。調子にのって夏休みの旅行はどうしようかな?と考えているところです。

>JUさん

こんにちは。こちらこそご無沙汰しています。
孫パワーはやはり何物にも代えがたいらしく、うさこが笑えばみんなが大喜び、という幸せな旅行でした。

みわちゃんはもう散髪するぐらい髪がのびたのですね。
うさこは生まれた時にはそれなりにあった割にはずっと髪が増えなくてスケスケさん(?)だったのですが、最近ようやく急に伸びてきました。まだまだ散髪の必要はありません。
みわちゃんの風邪も早く治ってよかったです。いつかは風邪をひくものだし、風邪をひいて免疫をつけていくことも大事なのだとわかっていても、やはり心配ですものね。そんな中、遊びたがるタフさを見せてくれるのは本当にありがたいことですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。