ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.24 (Mon)

3-4ヶ月健診

先週はうさ子の3-4ヶ月健診でした。

ベビーカーで行くか、抱っこ紐で行くか迷ったのですが、ベビーカーだと機動力がなくなるなあと思い、抱っこ紐で行きました。
抱っこ紐で正解!

場所は近所の保健センターでしたが、ベビーカーは中まで持ち込むことができず、入り口に置くことになっていました。となると、ベビーカーできたお母さん達は両手で子どもを抱かなければいけないから何をするのも大変。
ほぼ首の据わった子ばかりですが、それでも片手で抱くのは大変です。
受付の後、まず予防接種と離乳食についてのお話を聞くというコースでしたが、赤ちゃんを抱いたまま丸椅子に座るというもので、両手で赤ちゃんを支えていると資料を配られても困るし、大変そうでした。

離乳食のお話は、
最初は10倍がゆから。炊飯器の中に耐熱の器を入れれば簡単に作れる。ご飯からもつくれる
野菜スープはいろいろな野菜を入れて煮るだけ。味付けは基本的に不要。だしは最初は昆布、少し慣れてタンパク質が大丈夫になったら鰹節などもOK。
本などで1さじと書いてあるのは、小さじスプーンの半量の2.5ccぐらいのこと
おっぱいを飲むための反射(口の周りに手をやると吸い付くなど)が弱くなってくるとそろそろ準備ができたということ
以前は準備期として離乳食前に果汁を与えたりもしたけれど、果汁などの甘い物を好んでおっぱいを飲まなくなって低栄養になる子どもが出てきたので、今は5ヶ月になるまで待ってから離乳食をスタートさせる
離乳食の講習会にもぜひ参加するように

というような話でした。
特段目新しいことはありませんでしたが、最近、わたしたちが食事をしているとうさ子がダラダラとよだれを垂らしながら見ているので(まだ4ヶ月にならないのになんという食欲・・・)、早めに始めるべきなのかどうかというのが気になっていることでした。
ですので、栄養士さんにも、保健師さんにも、診察のときの先生にも聞いてみたのですが、答えは全部同じ。
5ヶ月まで待って始めましょう、でした。
とすると、離乳食の開始まであと1ヶ月。心の下準備をしておきます。

お話の後は受付順に保健師さんの問診、計測、小児科の先生の診察。
受付は真ん中ぐらいだったので、1時間ぐらいの待ち時間がありました。
その間、なんとなくお母さん同士でのおしゃべりができてそれもまたよかったです。
最近行き始めた児童館で会った人とか、予防接種のために行った小児科で会った人など、互いに少しずつ顔見知りになりつつあったところだったので、初めて会った人も含めて、なんとなく話しやすい雰囲気ができていました。

予防接種の小児科はどこに行っているとか、その小児科は行ってみてどうだった、とか、児童館ではどんなことをしているか、とか、保育園はいつからいかせるか、どこを希望するか、とか。
同じ地域に住んでいるから、小さい情報だけれどお互いに有益です。
そんなおしゃべりをしながら、子どもの名前をたずねあったり、「○○ちゃんだって。お友達できてよかったね」なんてことを自分の子に話しかけたり、という中で時間が過ぎていきました。
その間、中からは順番に「ギャー!!!」という泣き声が聞こえてくるので、いったい何されているんだ??注射はないはずなのに痛いのか??と、お母さん達は一様にやや警戒モードになりました(笑)。

それにしてもほぼ同じ月齢の子どもばかりだけれど、全く一人一人違うものですね。以前だったら「赤ちゃん」としか見えていなかったのに、ほんと、一人一人が全く違う赤ちゃんとして見えてくるのだから不思議です。

保健師さんの問診でも特に変わったことはなかったのですが、へえ、っと思ったのは、家族で結核の履歴がありますか、という質問があったこと。
確か、私の父が子どもの頃結核になったことがあるって言ってたなあ~、というぐらい、日常の感覚からは遠い病気でしたが、たしかにBCGも結核の予防接種だし、赤ちゃんにとって(高齢者や体力が低下しているときは大人も、なんでしょうけれど)は結核って重要な病気なんだなあと改めて思いました。

健診の2週間前に6800グラムぐらいあったので、優に7キロは超えているだろうと思っていたのですが、意外にもまだ7キロに達していませんでした。身長は思ったより伸びていて、64センチに。
体重の伸びがちょっと鈍化してきました。
念のため、先生の診察のときに聞いてみたのですが、「同じペースで増え続けたら大変なことになっちゃいますから、徐々にペースは落ちて当然ですよ」と言われました。遊び飲みというのか、飲みむらが出てきたせいかなと思うのですが、まあ、成長曲線からはみ出すかと思うぐらいだったのが、ちょっと落ち着いてきたというぐらいだから当面は心配ないのでしょう。

先生の診察でも特に問題なかったのですが、裸ん坊であちこち引っ張ったりしながら診察してもらっているうちにやっぱり泣き出しました。「なんか変だ、なんかいつもと違う」とちょっと緊張していたところで、腕を持ってぐいっと体を起こされたときにスイッチが入ってギャー!!!
外で聞こえていた泣き声はこんな感じだったんですね。

生後1週間で退院してから気がついたのですが、うさ子は背中に真っ赤な痣があります。これについても聞いてみました。
急に大きくなるようでなければ心配はなく、時間と共に消えるかもしれないし,消えないかもしれない、消えるとしたら1歳半ぐらいが一つの目安、気になるならレーザー治療もどんどんよくなっているから話を聞くために皮膚科に相談してもいいかもしれない、とのことでした。
心配というほどのことでもないのですが、ちょっと気になるのでこれまでも1ヶ月健診、予防接種先の小児科でも質問していて、だいたい同じ答えでした。ですので、当面は様子見で、消えないようであればもう少し大きくなってから話だけ聞きに行ったりして、実際に治療するかどうかはもっと後で考えればいいかなあということでこれも当面は心配なさそう。

これにて終了で帰宅。
家を出てから帰るまで2時間ほどでしたが、うさ子はぐったり疲れたらしく、ストンとお昼寝してくれました。
元気に育ってくれていることに感謝。

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

健診おつかれさまでした。
同じくらいの月齢の子のママさんとお話出来て良かったですよね。私も家で二人きりだと夫が帰ってくるまで殆ど会話なく一日終わったりするのですが、児童館や子育てサロンのようなところに行くと、情報交換もできるし、赤ちゃんにとっても刺激になるようで夜はちゃんと寝てくれるし、一石二鳥だなあ、と最近思い始めました。

うちの子と同じ???

おひさしぶりです!
健診行って来られたんですね♪
赤い痣の件ですが
実はわたしの子にも顎らへんに赤い丸いできもの???みたいなのがあります。
気になったのでヒブワクチンの際に聞いたら
イチゴ状腫瘍と言われました。
「小学生のころには消えてるでしょう」と
赤ちゃんがよくなるものらしく
赤ちゃんof赤ちゃんの称号をいただきました(^^ゞ
同じものですかね・・・

>やまさん

コメントありがとうございます。
なんとなくのおしゃべりができるのはいいですよね。
赤ちゃんは話しかけることはできても、おしゃべり相手にはならないですから、お友達ができるととってもいいですよ~と、出産前の母親学級で助産師さんに言われましたけれど、ほんと、そうですよね。
今年に入って児童館通いを初めて、赤ちゃんにとってもいい刺激になるんだなあと思っているところです。
ちょっと大変ではあるけれど、今しかないこの時期を楽しく過ごす方法をいろいろと試していきたいですね。

>あ~ぴょんさん

コメントありがとうございます!

赤い痣、けっこう多いみたいですよね。健診の時にも、児童館に行ったときにも、それぞれ「うちの子もよ~」というお母さんに会いました。
うちはイチゴ状という名前ではなかった気がしますが(正確な名前を忘れてしまいました・・・)、血管腫でしたから、似たようなものだろうと思います。うまく消えてくれると一番いいのですけれど、治療も進んでいるようなので、様子を見ながら気になるようならそのときに対処しようかなと思っています。
あ~ぴょんさんはBCGを済ませられたんですよね。うちは来週です。BCGはけっこう泣くと聞いているので、ちょっと心配だし可愛そうだけれど頑張って行ってきます。

ちょうど検診のお知らせが届いたので、予習ができて助かります
抱っこ紐のほうが良さそうですね
うさこちゃん、BCGは集団接種じゃないのかな?
注射は見てるだけでかわいそうになりますよね
ブルコも児童館デビューしてきました
いきなり男の子に顔を舐められてブルコはキョトンとしてました

>BLUEさん

自治体によって少しずつメニューが違うのかなとは思いますが、やっぱりいざというとき両手を使える抱っこ紐は持って行った方が便利だと思います。不要だったらベビーカーに乗せておけばいいですものね。
私が住んでいる区ではBCGは予診票が送られてきて、それをもってそれぞれが区内の医療機関に行く仕組みです。これらも自治体によって少しずつ仕組みが違うんですね。

ブルコちゃん、なめちゃいたいぐらい可愛かったんでしょうね。ふふ。
うさ子も、今週の児童館では興味を持ってくれた男の子が賢明に突進してきてくれたんですが、ノホホンとしてました(笑)。
きょうだいのいないうさ子にとって、これまで大人からの働きかけばっかりでしたから、赤ちゃん同士でじっと見つめ合ったりするのはまた新しい経験になっているみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。