ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.14 (Fri)

初めての小旅行

うさ子のギャン泣きはひどい日もあれば、たいしたことない日もあり、という感じだったのですが、ここ3日ぐらいさんざん泣いたのでついに声が枯れてハスキーボイスになっちゃいました
散歩にしっかり連れだしたらギャン泣きが減るかと思い、それでうまく行く日もあったのですが、必ずしもそうはいかないみたいです。
最近では慣れてきて、泣くのを悪いことだとは思わず適当にあやしながら気長に待つようになっているのですが、声が枯れるとは・・・。
早く元のかわいい声に戻ってくれるといいのですが。

そんな毎日ですが、先週末の3連休、突如うさ子を連れての小旅行を決行してしまいました。

かねてから旦那さまの両親から一緒に温泉に行くのを誘われてはいたのですが、うさ子を連れて行けるかどうかずっと返事を保留にしていたんです。
両親も無理をしなくていいと言ってくれていたのですが、遠方に住み、お正月にも帰省しなかったので出産の翌日に顔を見に来てくれたきり、一度も顔を見ていないので、さぞかしうさ子会いたいだろうなあと。

年が明けてもまだ迷っていたのですが、御食い初めの時の様子やら、車で1時間ほどのところに住む旦那さまの祖母と叔父を訪ねたときの様子を見ると、行けるんじゃないかなあという気になってきました。
どうやら慣れない環境に行くと、最初は泣くけれど、しばらくすると落ち着いて飲んだり寝たりできて、その後家に帰ってくるとぐっすり昼寝をしています。
これらを見る限り、かなり肝の太いタイプらしい様子。
じゃあここは一つやってみるか、ということになりました。

場所は新幹線で1時間半。その後車で30分の距離。
トータルで家を出てから3時間ぐらいですからまあ許容範囲。
とはいえ初めての新幹線大丈夫かな?とか、初めてのお泊まり大丈夫かな?とドキドキです。

荷物は
・おむつ(25枚)
・ありったけの着替え
・バウンサー
・バスタオルとタオルを数枚ずつ
・授乳用ケープ
・防寒用の厚手スリーパーとマント

これだけでけっこうなかさになりました。
我々の荷物をチビッと隙間に詰め込んで、夫が荷物係、私がうさ子係で移動することにしました。

温泉旅館でゆっくりするという旅行で、移動は駅だけなので邪魔になるベビーカーは持たないでビョルンのだっこ紐で出発です。
これまでは新幹線も飛行機も常にギリギリに乗るタイプの我々夫婦でしたが今回は常に30分前行動を実践できました。おかげで出発間際のウンチにも余裕で対応。常日頃からこうしておけばいいんですけどね。

東京駅に着いたときには目を覚ましていたうさ子ですが、構内を歩いているうちにトロトロとお休みモードになり、新幹線に乗る頃にはコテンと寝てくれました。
新幹線の中でもビョルンに入れたままずっと抱っこしていたらなんと降りる寸前まで眠り続けてくれたのです。
なんとも親孝行!!

その後旅館までの道のりは、車が止まると泣き、動くと収まるという繰り返しでしたが、なんとか無事到着。
祖父母(旦那さまの両親)と、叔母夫婦(旦那さまの妹夫婦)の大歓迎を受けたのでした。

まずはおむつを換えて、おっぱいを飲んで一段落したところで、改めておじいちゃん、おばあちゃんにご挨拶・・・と思ったのですが、まだ警戒モードであんまり笑ってくれず、無理に抱っこしてもらったら泣いちゃいました
先月の半ばごろから人見知りというほどではないけれど、うさ子にとって知っている人(父母)と、それ以外の人の区別がつくようになってきたようで、私たちへの反応と他の人への反応が違うんですよね。おじいちゃん、おばあちゃんとはいえ、やっぱり徐々に慣らさないと駄目なようです。

その後、徐々に慣れていったあと、おじいちゃんやおばあちゃんに抱っこしてもらうときには、私がうさ子の前にいて手を握っていると大丈夫になりました。
うさ子は、私の顔とおじいちゃんやおばあちゃんの顔を交互に見つづけながらニコニコ。
かくして無事おじいちゃん、おばあちゃんにも抱っこでニコニコを披露できました。

お風呂は温泉ではない部屋の内湯に入れたのですが、お風呂に浸かっている間はそれなりにご機嫌。
上がるときにはこちらも普段とは違う様子にちょっと泣きました。
夕食時にはバウンサーに乗って食卓に参加。それなりにご機嫌でスタートしたのですが・・・


途中からぐずりだし、しばらくは揺らしてなだめていたのですが、その効果もなくなってあきらめて抱っこすると、ぷーんと臭いが。

はい、大量のが出て、背中側にはみ出していました。

どおりで泣くわけです。

慌てて全てを着替えさせ、なだめるためにおっぱいを飲ませ、服やバウンサーのカバーを手洗いで洗濯。
その後もなかなか泣き止まないので、旦那さまと代わる代わる抱っこで熊のように歩く、を実践しました。
おじいちゃん、おばあちゃんも手伝いたいのだけれど、泣いちゃいそうで手が出せない、という状況で、夫婦で交代で熊、です。
おかげでおいしい懐石料理も後半はかき込むように食べることになってしまいましたが、無事料理も完食し、うさ子も眠りにつきました。

翌朝6時頃に目を覚ましたうさ子。
普段は朝はすこぶる機嫌がいいのに、いつもと違う様子を察知したのか目を覚ますなりギャーンと泣き始めましたが、おっぱいを飲むとまた安心して二度寝。
その後、ちょっとだけお風呂に入れたときには、お風呂好きぶりを発揮してご機嫌。でも上がるときにはギャーン。

そんなこんなで、いつもよりはちょっと緊張した様子を見せながらも、昼頃、宿を出発するまで、それなりに機嫌良くもしてくれて、笑い顔を見せてくれました。
なので、けっこう神経太いタイプだったから大丈夫なのね~と思っていたのですが、宿から駅までのタクシーに乗ったとたん、コテンと熟睡。駅で一度起きたものの帰りの新幹線も熟睡。
赤ん坊なりにやっぱりいつもと違う様子に疲れたんだなあと。

家に帰ってきた後と翌日、夕方から夜のギャン泣きが少しひどかった気がしますが、それ以外は特に変わった様子もなく、無事に日常に戻っています。
普段とは違う環境の刺激が必ずしも悪いことではないのだと思いますが、今回の旅行はうさ子のがんばりMAXのレベルだったのだなあとしみじみ思いました。
「適度な刺激」って難しいですね。

次のお泊まりは春になってから、私の実家に連れて行くときになりそうです。

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

旅行、お疲れ様でした:)うちは来月はじめに夫の実家の佐賀へいきます。初めて遠出&飛行機でやや心配ですが、産まれてから夫の実家にいっていないので、向こうもさぞかし楽しみにしているだろうと思うと寒いけどはやく行ってあげたいと思いました。約1週間いるのですが、大丈夫かな~。荷物、参考になりました:)

ぴょんたさん
旅行お疲れさまでした。うさ子ちゃんもぴょんたさんもご主人さんもみんながんばりましたね 
どきどきしながら読みました。 ご夫婦で交代で熊。。もたいへんでしたね
ブル子は、まだギャン泣きがなくて、いつくるんでしょうか。。遅い分すごいことになったりするのかもとちょっとびくびくしてます。
私も春に飛行機での帰省を計画してるので今からどきどきしてます。
バウンサー持ってないんですが、やっぱり便利そうですね。 荷物も参考になりました。

>JUさん

コメントありがとうございます!
初めての遠出、ちょっとドキドキしますよね。
1週間ぐらいの滞在であれば、そちらで生活のペースをまたつかめるので、2,3日の短い旅行より赤ちゃんにはよいそうですよ。飛行機の耳がキーンとなるあの変化に対応するために、離発着の時におっぱいか哺乳瓶を含ませるといいと助産師さんに言われました。
おじいちゃん、おばあちゃんも首を長~くして待っていらっしゃるでしょうから、いい旅行になるといいですね。当日、天気が荒れたりしませんように。

>BLUEさん

コメントありがとうございます!
慣れない環境ってやっぱり赤ちゃんにとっては大変なことなんですね。

ブル子ちゃん、穏やかな性格なのかもしれませんね。
予防接種に行ったときに他のお子さんの泣き声も聞こえてくるのですが、泣き方も人それぞれ、個性があるなあって毎回思います。うさ子はものすごい馬力と太い声で泣き叫ぶので、性格を表しているような気がしてなりません。繊細って感じじゃないんですよね・・・。
最初はバウンサーとハイローチェアのどちらか、と思っていたのですが、ハイローチェアは購入し、バウンサーは夫の会社の皆さんからお祝いとしていただきました。あるとやはりそれなりに便利で、ご機嫌に乗って遊んでくれることもあります。
飛行機は離発着のときにおっぱいか哺乳瓶を含ませるように、と助産師さんに言われました。
ご実家でも心待ちにされているでしょうから、楽しく初飛行機の旅ができるといいですね。

旅行お疲れ様でした。うさ子ちゃんもがんばりましたね~。
うちは実家が近距離なこともあって旅行はまだ未経験です。
でも、最近昼寝にもリズムが出来上がってきたので、もしかしたら低月齢のほうが出かけやすい面もあるのかなあと思ってきました。離乳食が始まると、また荷物も多くなるしね。
適度な刺激って、難しいですよね~。私も先日ついお雛様選びで人ごみを長時間抱っこ紐で連れ回したら、リズムも狂って、かなり疲れさせたみたいでした。午前か、午後かにまとめるか、途中でかなりゆっくり出来るところを確保しておくかする必要があるなあと思いました。

>edoさん

コメントありがとうございます!
確かに低月齢の方が動きやすい面もあるなあと思います。
認識している環境が狭いから、その場の快不快を整えてさえあげれば大丈夫ですものね。もっと知恵がついてくると普段との違いをもっと複雑に感じるでしょうし、人見知りも激しくなるだろうし。離乳食も家から離れていつもどおりにやるのはすごく大変なことですものね。
買い物一つも赤ちゃん連れだと時間が余計に時間がかかってしまうけれど、長時間になると疲れさせてしまうし、難しいですよね。「適度」をうまくはかれるようにならないとなあと私も痛感しているところで、手探り状態です。徐々に快適パターンをつくっていきたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。