ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

2014.04.06 (Sun)

新年度&ミミスケ1歳

怒涛のような毎日のまま、新年度に滑り込みました。
諸々の事柄が間に合ったような、間に合わないような。当然積み残せるものは最大限までつみあがったまんまです。

うさこは、一つ上のクラスになり、いわゆる「乳児クラス」から「幼児クラス」への昇格しました。
うさこの通う保育園では、3歳児クラスからは、通園かばんを持っていくことになっていて、ファミリアの通販で届いてからうさこは毎日かけたりおろしたりしながら「〇〇組さんになるの、ちょっとドキドキする~」とか、「〇〇組さんはもうあと2回だけなんだって。〇〇先生が言ってたよ」とか、指折り楽しみにしてきました。
これまでお昼寝はおむつの方が安心と、自分でおむつを選んでいたようですが、進級して3日目、自分から「今日はお昼寝もパンツなの」と言って出かけ、そのとおりにしたらしいです。その日から夜寝るのもパンツになりました。

ミミスケもうさこと同じ保育園に転園です。
入園式が4月2日なので、1日はこれまでの保育園の一時利用枠を使い、2日の入園式から登園。
4月生まれなので、出席番号は1番。初日からご飯もモリモリ食べて元気です。連絡帳には「お昼寝も十分できました。今日もご飯をしっかり食べられました!」と書かれていてまずは順調な滑り出し。
ただ、まだ緊張はしているようで、夜中に2回起きたりもしています(今頃はけっこうノンストップで朝まで寝る日もあり、起きるとしても1回)。

うさこの通園のおかげで、いつも迎えに連れてこられるミミスケを知っていてくださる先生も多く、私も知っている先生がいたり、知っているお母さんがいたりでなんとなく馴染みやすいのは助かります。

初日の登園は入園式、入室して説明、給食を食べて昼には終了。翌日の木、金は、「できれば最初は9時-16時半の担任のいる時間帯に送り迎えをする方がよい」という園長先生のお話しに従い、その時間での送り迎え。来週からは8時過ぎ登園、18時過ぎ迎えでミミスケもフルタイムになります。

私は、4月1日付で室長になりました。
仕事の中身はそんなに変わりませんし、これまでも調整役割は多かったのですが、形の点からもそうした諸々の調整やらそれに伴う責任やらを引き受けていくことになります。
組織の体制からいって、研究職が40歳で室長というのは平均的な感じです。が、採用から6年、その間に2度も育休をとらせてもらい、育休明け半年で管理職にしてもらったというのは職場・上司の理解の表れと思って頑張らないといけないなと改めて思います。上司にどう評価されるかはまあともかく、特に、同じ室で働いてくれる部下の位置づけになる人たちに、ちゃんと配慮できる働き方ができるか、私にとって新しい課題です。

そして、昨日でミミスケは1歳になりました。
本当にあっという間に大きくなっていくなと実感します。

高速ハイハイに磨きがかかってきてはいましたが(ほんとに、あっという間に移動していてこっちがびっくり)、なかなか立たないタイプでした。
旦那さまが9-10か月健診に連れて行ったときに、「足を突っ張る力が弱めだから、立ったり、歩いたりが遅いかも」と、うさこと全く同じことを言われて帰ってきました。うさこも歩くのは遅かったですが、ミミスケも全く同じタイプ。

そのミミスケが誕生日の前日、ようやくつかまり立ちをしました。
その前の1週間ほど、四つんばいから足を突っ張ったり、いろいろと努力して前兆を見せていましたが、誕生日前日にベッド柵につかまってつかまり立ち成功。一回できると嬉しいらしく、何度もやっています。

車のおもちゃが大好き。自分で手で叩いて走らせ、それを追いかけてハイハイし、追いついてまた手ではたいて・・・。夢中で繰り返しています。家にあるものではレゴディプロのトラックが一番のお気に入り。トミカのミニカーも大好きです。
動くものへの興味はうさことは全然違うレベルです。それが男の子と女の子の違いなのでしょうか。
誕生日プレゼントは本番に間に合っていませんが(間に合わせる気があまりなかった)、車のおもちゃでも買おうかなと思っています。

まだ言葉らしい言葉ははっきりしませんが、コミュニケーションをとれることがとても楽しい様子。おもちゃを自分で振って喜んだあと、おもむろに差し出し、「ありがとう」と受け取ると自分で拍手喝采、キャッキャと声を上げて喜びます。そして、また返すと受け取り、また振って、差し出して受け取って大喜び・・・。エンドレスなので、たいてい途中で私がまたあとでね、としてしまいますが、なんか人間になってきたなあと思う遊びです。
ミミスケが「たったった!」とか「てってって!」とか言っているときに、真似すると「やった~通じた!!」という雰囲気で大喜びするのもまた可愛い。
これらのやりとりを見るといつも、人に自分が思うことを伝えたい、わかってほしい、やりとりしたい、といった人の本質が現れているなあ、人間って人とコミュニケーションをとりたがる生き物だよなあ、等々と思います。

食べる方はすこぶる順調。ありがちな2人目いい加減離乳食で、とりわけが可能な場合にはとりわけですませます。うまく取り分けられるものがないときには、くたくたになるまで煮た野菜のごった煮(昆布だしのみ、味付けなし)を冷凍しているので、それを解凍して麺つゆ、味噌、しょうゆ、トマトの水煮(製氷機でキューブにしておく)、コーンのすりつぶし(生協製品)等々で味をつけて、野菜は完了。ツナの水煮缶(これも製氷機でキューブに)、しらす、豆腐などを入れることもありますし、取り分けの肉・魚類は離乳食用すり鉢ですりつぶして食べさせています。

10月の復帰以降、半年間、前の保育園では冷凍母乳を持参していましたが、今回の保育園は冷凍母乳の対応なし。保育園では食後にミルクを100cc飲ませてもらうようになりました。
もう1歳になることだし、哺乳瓶洗いからも解放されるので、これ幸いと思っています。完全卒乳をいつにしようかなと。
新しい保育園にも馴染んでからでいいかなと思うと、連休明けかなあ。

姉弟げんかのはしりのようなものが見え隠れするようになってきましたが、基本的には仲良く遊ぼうとしてくれています。
けんか(?)のパターンは、うさこはトランプやかるたの類が大好きですが、ミミスケも大好き。大好きなだけならいいのですが、くしゃくしゃにしたり、なめたりするので、ミミスケが寄ってくるとうさこが半べそで「ミミちゃんだめ~!!!」と大絶叫。
もしくは、先に食事を終えたミミスケを床に下すと、一人で這いずり回って遊ぶのですが、うさこの椅子に上ろうとして寄ってきて「ミミちゃん、だめ~、おかあさんのところに行って~」と叫ばれるパターン。
あとは、ルンバに懲りずによっていくミミスケを見て、うさこの方が半べそで「怖いよ~」と逃げる、などなど。
二人で仲良く遊んでいるときは、本当に微笑ましい光景です。無条件に可愛いですね。

昨日の誕生日本番では、2段ケーキを買ってきました。
ミミスケはまだ食べられないので、蒸しパンに、トップのイチゴをつけたもの。本体はうさこと大人二人が食べました。
うさこも1歳の誕生日のとき、同じものだったのですが、イチゴをまるごと1個口に突っ込み、あっという間に食べてびっくりしたのですが、ミミスケも一口でイチゴを頬張り、目を白黒させながら、口からポトポトこぼしながらも食べ切りました。

また1年、元気に育ってくれますように。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム