ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

2010.06.26 (Sat)

両親学級(28週4日)

土曜日、旦那さまと二人で区の両親学級に行ってきました。
本当は、もう一週前の会に申し込んでいたのですが、満員のため抽選で外れたとのこと。追加で開催された今回に参加できました。

メニューは父親メインのラインナップで
・赤ちゃんはお父さんをちゃんと認識していますよ、というビデオ
・リラクゼーションのマッサージの仕方
・沐浴実習
・妊婦体験
でした。

今回の参加者は平均が30歳ぐらいかなあという感じで、20代の方もいらっしゃいましたし、30代前半という雰囲気の方が多く、我が家は年齢上限に近い感じ。これまで参加した「働く母親のための・・」という区の母親学級、病院のは同年代の人が多かったのは偶然のようです。
35歳以上の出産が増えたとはいえ、やはり全体で見れば少数派なのですから当然ですが・・・。
今回も近所の人たちが同じグループになるように分けられていて、ほんとにとっても近所の方がいらっしゃいました。

沐浴実習は、お父さんたちの担当。皆さん緊張しながら、頑張っていました。
うちの旦那さまも一生懸命頑張っておりまして、生まれた後のお風呂もやる気満々のようです。ありがたや。
赤ちゃんの首は後ろにカクンと倒れるのは危ないけれど、前方は大丈夫らしいです。

1ヶ月ぐらいは、感染防止のためと、お風呂を入れる親も慣れていないから、安全のため、ベビーバスで入れた方がいいとのことだったのですが、必ずしもベビーバスでなくてもOK、プラスチックの衣装ケースをよく洗って使えば十分とのことでした。
ベビーバスは使わなくなった後、かさばるし、どうしよう??と思っていたので、衣装ケースを使う、というアイディアをそのまま活用しようかなと思います。

ビデオの話の筋は、お母さんには安心する関わりを求め、お父さんには好奇心を満足させてくれる刺激を求める、というような話だったので、育休を半年近くとろうとしている旦那さまには不満だったみたいです。いつも一緒にいるから安心を求めて、短時間遊ぶから刺激を、となるのではないか、と。
それはそうかもしれず、旦那さまの育休中、うさ子がどんな反応をするのか楽しみです。
ちなみに我が家では、産休のあと7ヶ月ぐらいまで私が育休をとり、その後1歳ぐらいまで旦那さまが育休をとる予定です。これについては、また別途記事にしようかと思っています。

おもりをつける妊婦体験は、なかなか大変なようで、みんな上を向いて寝られないとか、起き上がるのが大変とか、実感していたようです。助産師さんは、「奥さんたちは皆大変ですから、ぜひお掃除は旦那さんにお願いしますね」とおっしゃっていました。頑張れ、旦那さんたち!です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム