ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.28 (Thu)

遊び食べに砂時計導入

ここしばらく、我が家の育児上の最大の課題は、うさこの食事時間がひたすら長いことでした。
朝も夜も1時間ぐらい。夜など長いときには2時間近くかかっていました。(フルコースじゃないですよ、ごく普通の夕飯で。)

食べる量はそこそこ多い方かなと思いますが(ミミスケが爆発的に食べるので、うさこの食べる量が少なく見えている今日この頃。苦笑)、とにかく時間がかかります。
遊び食べ、というのだろうと思いますが、ぼーっとしている時間が長い長い。
椅子を降りて走り回ったりはしないのですが、何をするでもなく、ぼけーっと眺めていたり、テーブルの片隅にあるものをいじりまわしたり。

ミミスケが食い散らかしている(こちらはこちらでまさに惨状・・・)動きを制止しつつ、ふと振り返ると、一口も進んでいなかったりなど。
デザートだけはものすごい勢いでなくなるんですけど。

毎日毎日、「早く食べてしまいなさい」「何してんの」「いつまでかかるの」と叱り飛ばす状況で、どうしたらよいものかと思っていました。
「もう片付けるよ!」と強制終了しようとすると、「やだー、食べるー」。
私がスプーンですくって食べさせるという赤ちゃん状態でどうにか最後までたどり着き終了。

この食事をしながらボーっとするというのは、2歳のころからずっとそうなのですが、ミミスケが食べなかった時期にはそれでもうさこと一対一なので、まだよかったのですが、ミミスケに手を取られる分、一緒に食べているとはいえ、うさこに向ける注意も減り、その分余計に時がかかるという循環にあり、どうしたらいいのかわからずにかなり長い時間がたっておりました。

で、ふと思いついて砂時計を買ってみました。

30分の砂時計
いろんな色がありましたが、色はうさこの希望でピンク。

導入して1週間、そこそこの効果を上げています。
最終的に食べさせるになるパターンは今もしばしば発生しますが、ピンクの砂がなくなるまでに食べ終わらなければいけないというのが、一つの目安になって、なんとなく目標ができた感があります。
途中でオマケをして、逆向きで時間を増やしたりなどのズルを入れつつではありますが、砂がどれぐらい減ったのか、目で見てわかるので、うさこなりに目標を持って食べようとしています。

時間に間に合わない=デザートがもらえない、と思ったら、「もう要らない」、とか言い出すので、野菜を食べさせたい私がオマケをするというパターンなどなど、結果的に30分以上かかっていますが、時間の流れを少しは意識できるようになったかなと思います。

もちろん、ゆったり食事をするに越したことはないので、この方法がいいのかどうか分からないのですが、ゆったりとは違う、ぼーっとをどうやったら修正できるのか困っていたので、多少の改善がみられているような気がしています。
親が怒るから急がなきゃ、よりは、この砂がなくなるまでに食べなきゃ、の方がまだマシかと。

ミミスケに手をとられる分、自分に構え~、というサインでもあるような気もするのですが、食事に時間がかかりすぎると、寝る時間はますます遅くなるし、お風呂の前後に遊ぶ時間など皆無になってしまうので、なんとか常識的な時間で切り上げられるよう、当面はこの方法を実践しようかなと思っています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2014.02.06 (Thu)

1年ぶりのシッターさん利用

日曜に熱発したうさこ。
月曜、火曜はお昼寝あけには9度の熱になり、昨日(水曜)も保育園は休ませました。

ようやく昨日になってお昼寝あけの発熱はなくなり、ようやく回復かな。
今日はまあ行けなくもないかもしれないのですが、明日・明後日が私が泊まり出張なので、無理させるより休ませることにします。
今日は保育園の保護者会の予定でしたが、この状態で無理することもないと思い、昨日の昼に保育園から電話がかかってきたときに休むことと、保護者会の欠席を伝えました。

昨日は旦那さまが終日出張。朝7時台の飛行機ということで朝6時半に出ていきました。
私も、明日からの出張先でイベントがあり、そこの実務面での責任者っぽい立場になるので、終日休むわけにはいかず、どうしたものか、と。
病児保育に連れて行くことをまず考えたのですが、電話してみると「インフルエンザの子ばっかりきているので、インフルエンザであれば受け入れられる。A型でもB型でも。それ以外だと、別室が確保できないからキャンセル待ち」とのこと。
定員は6名ですが、同じ症状の子同士で部屋が分けられているようで、インフルエンザのA型、B型で分けられているみたいでした。(病児保育は保護者は入口までしか入れないので中を詳しく見たことがない)

病児保育に行ったら却ってインフルエンザにかかって戻ってきそうなので、やめることにして、さて、次の手段。

昨年、ミミスケが生まれるときに、と思って申し込んだピジョンウェンディのシッターサービス、結局は義妹の応援で乗り切ったのでためしに2回使ってみただけでずっとそのままでした。
ちょうど、月曜日に登録を更新しますかという確認電話がかかってきて、更新を依頼したところでした。

去年は初対面のシッターさんとはなかなか楽しく過ごせなかったのですが、今回は非常事態として、また今後も似たようなことが発生したときのためにうさこにも慣れてもらうべく依頼しました。
前日に申し込んだ時点では混んでいるから手配できるかどうか約束はできないと言われましたが、無事、見つけてもらって連絡が入りました。

依頼した時間は8時15分~13時15分の5時間。
去年と同じだとすると、出かけるときにけっこうギャン泣きされて苦労する可能性もあるなあ、5時間の間、どうしうようもなければテレビ漬けでもまあいいや、と思っていました。
なので、近所にありながら、一度も行ったことのなかったGEOに行き、アンパンマンのDVDを2枚借りてきておきました。

当日、初めての方は打ち合わせのため15分前に来てくれることになっていたので、8時前には到着。
私はまだまるで身支度はできていなかったのですが、入ってもらって、徐々にうさこに馴染んでもらい、うさこも「おかあさんといっしょ」を見ながら、静かにシッターさんを観察。
私がミミスケと自分の身支度をする間、10分ほど部屋からいなくなっている間に距離を縮めてくれていました。
さすがプロ。

おかあさんといっしょが終わる頃(到着して30分弱)のところで私は出勤しましたが、そのときにはシッターさんがもってきてくれた折り紙で遊び始め、テレビは消そう、ということになっていました。
うさこに行ってくるね、と声をかけると、上機嫌で玄関まで走ってやってきて、「いってらっしゃ~い」
去年からは考えられないぐらい、スムーズでした。

必須の会議と、ミニマムの作業をこなして、ミミスケを保育園からピックアップしてタクシーで帰宅。
大丈夫かな~とドアを開けると、静か。
寝ているのかしら?と、リビングを除くと、夢中で折り紙シールで遊んでいました。
顔を見て!(^^)!、その後は少し甘々でしがみついたり、膝に座ったりでしたが、5時間弱を順調に過ごしてくれたようです。

シッターさんが持ってきてくれた折り紙の他にも、おままごとをしたり、かるたをしたりなど、飽きることなくいろいろ遊んでもらえたようですし、食べてもいいよ、と言っておいた、手作りクッキー(日曜日の発熱前にうさこの希望で一緒につくった)を食べて、牛乳を飲んだ後自分から言い出して歯磨きをしたとか、ちゃんと自分からトイレに行ったとか、ちゃんとできた模様。
借りてきたアンパンマンは、1本は見始めたところでバイキンマンが怖くて終了、もう一本は楽しく見たとのこと。
たまたま昨日来てくれたシッターさんとの相性もあるのだと思いますが、去年よりは成長したな~、今後も、いよいよ困った時にはシッターさんにお願いすることはできるな、と思いました。

1時間1680円、9時前は割増、交通費別途なので今回の5時間で1万円ぐらい。
費用は決して安くないですが、祖父母が遠く、応援が頼めないのでやはり何らかのバックアップ体制は必要&有効だなと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


2014.01.30 (Thu)

おむつ卒業間近??

うさこも3歳4ヶ月になりました。
トイレトレは3歳半が一つの目安、と、どこかで聞いたことがあるのですが、そろそろそのリミットに近づきつつあります。

これまで一年あまり、ほとんど進展しなかったこのトイレトレ、この1ヶ月、もっといえばこの2週間、ほどで劇的な進化を見せています。
クリスマスごろにはまだ「トイレに行こう」と誘っても嫌がることが多く、まぐれで成功するぐらいのレベルでした。成人の日の3連休にはおばあちゃんたちがすごく褒めてくれるからトイレに行く、トイレでも出るけど、大抵はおむつにも出る、ぐらいでした。
そこから1週間ほどたったところで気がついたら日中は概ね成功するようになっています。

きっかけはよくわかりません。
・溜めて出す、という感覚が分かるようになってきた
・親が誘うタイミングをつかめるようになってきた(1時間ぐらいの刻みで誘う必要がある)
・保育園で一番仲良しのお友達がパンツになった
の組み合わせかなと思います。

2番目の親が誘うタイミング、というのは、これまでの私の怠慢の現れなのですが、そんなに小刻みである必要があることに気がついていませんでした。オムツに出てしまった後では、せっかくトイレに行ってもうまくでないし、モチベーションも上がらないし、だから感覚もうまくつかめないしという悪循環だったのかもしれません。

保育園のお友達がパンツになったのはとても大きい気がします。
うさこの保育園は24人のクラスですが、高月齢、低月齢で2つに別れています。ほぼ完璧にならないとパンツ許可が下りないので、うさこの低月齢グループは、まだまだおむつ派が大半だったのですが、そろそろパンツの許可が出るお友達が増えてきました。
まだおむつ仲間もいますが、急速にパンツに移行するお友達も増えていて、うさこもパンツになりたい意欲も高まっています。
「うさこはまだね、おむつにしてください、って言われているけど、パンツにしてください、って先生に言われるかな」と自分から口に出して言うことも出てきて、パンツへの憧れも具体化してきた模様。

まだ最終コーナーにはまだ時間がかかるかもしれませんが、ずっと期待してきた「突然とれるタイミング」が、遅ればせながら急に近づいてきた感じです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2013.12.23 (Mon)

サンタさんのプレゼント

先週からわが家は風邪っぴきウィークです。
まず月曜に旦那さまが不調を訴え、朝の2か所送りからスタート。

その後、火曜、水曜は持ちこたえましたが、水曜の夜、突如うさこが嘔吐。
寝る前まではすこぶる元気で、夕ご飯もお肉をお代わりして食べるぐらいだったんですけど、朝3時ぐらいから何度も嘔吐する状態で可哀そうでした。
喉が渇くといってアクアライトを欲しがるのですが、飲ませると吐く、の繰り返し。メソメソ、グズグズ。
でも、その日の夕方には嘔吐は収まってその後は順調に回復しました。

そうこうするうちに、土曜日の午後あたりから私も吐き気が・・・。でも一度も嘔吐することはなく、日曜の午後にはほぼ収まりました。

そして1週間、なんだかんだ不調を言いながらも土曜日と日曜日の昼まで元気だった旦那さまが昨夜になって嘔吐、発熱。39度を超えたそうな。
目下、完全にダウンしております。
今日はお友達に来てもらってわが家でクリスマス会をする予定だったのですが、昨夜、急遽お願いして別のお家で開催してもらうことにしました。私が子どもたちを連れて出かけ、旦那さまは休養の予定です。クリスマス会を人一倍楽しみにしていたので残念がっておりますが・・・(一昨年も似たような状況でわが家は参加せずでした)。

そんな中、時々咳をしたり、鼻を詰まらせたりしながらも持ちこたえているのがミミスケ。
空気を読む2人目、親の期待に応えて頑張ってくれている模様です。あっぱれ。

今年のサンタさんのプレゼントは、レゴデュプロの「楽しいどうぶつえん」です。
わが家のレゴは、最初に旦那さまの両親が買ってくれた「ティガーのおでかけ」があり、今年のうさこの誕生日に同じく旦那さまの両親から「デュプロプレイハウス」をもらい、先日ららぽーとに行ったときに、「デュプロマーケット」を買ってしまった(!)ので、パーツがいろいろ増えてある程度創造的な遊びもできるようになってきました。
今は、ハウスを中心に斬新な家づくりに取り組んでいることが多いです。

そろそろデュプロでない方が長く遊べるかなあとも思ったのですが、ミミスケが口に入れる危険を考えると、もうしばらくデュプロで行くことになりそうです。

旦那さまの両親からはどんなプレゼントがいいかしらと言われて、百人一首をお願いしました。
もう必要なものは溢れていて、日中は保育園に行っているので遊ぶ時間も限られます。ずっと大事に使えそうなおもちゃ、と考えてもなかなか浮かぶものはなく・・・。
私も旦那さまもまともに百人一首はできないのですが(下の句を言われてからようやく探すタイプ)、家庭に1つぐらいあってもいいだろうし、お正月に坊主めくりでもするのがいいかなと。

私の両親は、基本的に物を贈ることはしないタイプで、誕生日等々のお祝いのときにもお金を送ってくれて、必要なものを見繕ってやりなさい、というパターンなので、クリスマスプレゼントはありません。
お誕生日もそれ以上に必要なものはないので、お祝いにもらったお金はうさこがいつか使うようにと預金に回っています。

旦那さまの妹はいつもうさこやミミスケのことを気にかけてくれて、たっぷり遊んでくれて、うさこの欲しがりそうなままごとセットなどを贈ってくれて(もちろん、事前に我々に相談してくれます)、うさこにとっては大好きな存在です。親とも違う、おじいちゃんおばあちゃんとも違う、でも自分を特別に大事にしてくれる存在としてうさこにとって重要な人になっています。それはそれでいいなと思います。

ついでに、3か月遅れで入手したうさこの誕生日プレゼントの自転車。先週ようやく入手しました。
16インチです。
デザイン重視で車好きの旦那さまが選びました。
赤だけれど、女の子らしいばかりではないので、ミミスケも使えるのではないか、と。

bicycle.png

昨日の午前中、旦那さまと初めて乗りに行き、笑顔満面でまたがった写真をとって帰ってきました。
乗ってみた様子を見て、運動神経がないことを悟ったと旦那さまは言っておりましたが・・・。


ちなみに去年はままごとキッチン。
本当は誕生日プレゼント(9月)の予定だったのですが、3か月越しでクリスマスプレゼントと兼ねることになりました。
デパートなどには気にいったものがなく、結局、誕生日を過ぎてからネットで注文に応じてつくってくれるestというお店に注文し、デザインを決めたり等々、引っ越しもあったりでちょうどクリスマス時期になったので、誕生日とクリスマスが合体したプレゼントになりました。

タイルやつまみの色などを自由に選べてとても可愛いので気にいっています。
下の開きにけっこう収納できるので、ままごと道具はだいたいそこに収まります。
(手前に出ているのは、今年の誕生日に旦那さまの妹からもらったらモーニングトースターのセット)

kitchen.png


edoさんも書いていらっしゃったのに同感なのですが、物があふれる時代の子どもたち。
私たちも「豊かになった時代」と言われて育ってきたけれど、それをさらに上回る物が溢れる時代、どんな形で物を与えるのか、親の力量が試されるなあと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2013.10.22 (Tue)

うさこ3歳と七五三

職場復帰から3週目に入りました。週の終わりからの出勤で、間に連休などもあるので正味6日出勤しただけですが、勤務時間全部を職場にいられたのは初日、先週の木曜、昨日の3日だけ。
あとは、お呼び出しで早退、小児科に寄るために遅刻、念のため午前休む、など。

ミミスケはまず最初に鼻と咳の風邪で15日に呼び出し(この日は旦那さまが連れて帰った)、18日に今度はお腹の風邪からくる熱でお呼び出し。
先週は一度熱が収まった後、なんだかうんちの回数が頻回だなと思っているうちに発熱。第二陣が来たに違いないと思い、小児科に連れて行ったところ、予想通りたぶん新しいのが始まったと。ノロとかロタとか、そういう類のお腹の風邪でしょうと言われました。
「ロタリックスを飲んだ効果があるかどうか、僕も興味深く見ています」という小児科の先生談。まだ始まって日が浅いワクチンですものね。
「次々来るよ、と言ったと思うけど、本当にそれを地で行っているねえ~」とからかうように同情されました・・(泣)。
この先生にお世話になってもう3年、だいぶいろいろわかってくださっているし、二人目母と分かっているので先生も余裕です(苦笑)。
どうやらロタリックスの効果もあったのか、熱は一日で収まり、嘔吐することはなく、土曜日からはうんちは1日1回になり、日曜には普通に戻り、昨日は保育園で一日元気に過ごしてくれました。あ~よかった!


うさこも最初の冬は10月頃から風邪をひきっぱなし、私も風邪をもらいっぱなしでしたから、予想通りの展開です。ミミスケもそこそこ体力があるようで今のところものすごく心配する事態にはならないし、外せない会議は避けることができているし、土曜日は始発の新幹線で出て夜10時半に帰ってくるという名古屋出張も無事行ってこられたので十分許容範囲なのですが、自分の作業時間がどんどんとられていくので仕事が進まない・・・。
復帰早々振られた仕事をかき分けて進まないといけないのですが、どうやってじっくり手を動かす時間を捻出するかが課題です。


前置きがすっかり長くなりましたが、バタバタと日が過ぎるうちにうさこの誕生日からもうすぐ1か月・・・。
もうすっかりお誕生日気分も抜けましたが、一応の記録として書いておきます。

今年のうさこのお誕生日会は3回ありました。
まず最初が保育園。その頃、うさこが一人遊びをしているときの様子が面白かった!
どんな会なのか、詳しくは知らないのですが、どうやらホールに集まってその月のお誕生日の人が名前を呼ばれて前に出るらしい。
「○○○○ちゃん!」「○○○○ちゃん!」と一人でお友達の名前を読み上げ、最後に「うさぎやまうさこちゃん!」と自分の名前を呼び、「はい!」と返事をしてテレビボードの前に立ち、そこでちょっと恥ずかしそうにモジモジと。
名前を呼ばれて前に出るというのはまあそうなのですが、呼ばれて前に出て恥ずかしそうにもじもじする様子を見て大きくなったな~と思いました。きっとお友達もみんなそんな風にしているのでしょうね。

続いてが仲良くしてもらっている同月齢のお友達2家族と一緒に3人分のお誕生日会。
台風の日でしたが、すぐ近所のレストランでお昼を一緒に食べ、お友達の家に行って遊びました。
タクシーで調達した(もともと予約していたのですが突風の中だったので旦那さまがタクシーで受け取りに行きました)21センチの2段ホールケーキは、実際取り出してみると大きすぎて笑っちゃいました。
もう一回り小さくても十分でしたが、3家族いたからこそ買うことができた大きなケーキ、とても満足でした。(一家族6分の1を食べて、残りはそれぞれ6分の1ずつお持ち帰りというボリュームでした。)
ケーキにプレートを3枚つけてもらい、ろうそくを9本立てて、ハッピーバースデーを歌っては3本ずつ順に吹き消し3人とも大興奮!
クタクタになるまで遊びまわって帰りました。

そして誕生日本番の日。
料理はそれほど手の込んだことはしませんでしたが、今度はお花のケーキでお祝い。
晴れて3歳になりました。

8月の末頃からお誕生日まで、「3歳になったらする」という約束で先延ばしにしたことがいろいろありました。主なものは3つ。
1.トイレに行く
2.自分で食べる
3.自分のベッド(大人のダブルベッドの横にくっつけてある)で寝る

結果、未だどれも守られていません。

トイレはいつになったら行ってくれるんだろう??という感じ。突然外れる子もいると聞くので、その突然を期待しているのですが、全然その気配なしです。
朝起きてトイレに行こうと誘っても「もう出ちゃった」とか、「嫌~」とか言っているうちに出た、とか。
うんちも気張り始める様子で誘っても同じこと。
保育園でもトイレに誘導することが本格化したようなので、近い将来の突然に期待です。
他の子と比べてどうこうと焦る感じはあまりないのですが(今、そこに気を向けている余裕もないし)、うさこのビッグサイズおむつを買うたびに、いつまで買うんでしょう・・と思います。
たいしてトイレトレの努力もせずに思っても仕方ないのですが、それでもいい加減なんとかなってほしいものです。

自分で食べる、は、好きな物(刺身とかトマトとか)は自分で食べるけれどそれ以外は「食べさせて~」。
保育園ではちゃんと自分で食べているみたいなので、単に甘えているだけだからまあいいかと思いますが、朝晩ともにそれぞれ1時間ぐらいかかるのでしばしばため息です。
10月初めごろは家の中のモードが変わってきたのを察知して、やや赤ちゃん返りの様相がありましたが、それも落ち着いてきたのでこちらはまあいずれなんとかなるでしょうか。

自分のベッドで寝る、は、親の安眠のためにできればそうしてほしい。
今は大人のダブルベッドの真ん中で寝ているのですが、とにかく暴れまくるので毎晩蹴られて大変です。せっかくうさこのベッドを買って部屋がベッドだらけになっているのだからぜひ自分のベッドで寝てほしいのですが、いつになることやら。

3歳になったら楽になる、とよく言われるのにあんまり実感がないなあと思っていました。
が、よく考えてみると、7月頃までは保育園の帰り道に駄々をこねて泣き続け、仕方がないからミミスケを抱っこひもに入れた状態で泣き叫ぶうさこを担ぎ上げて連れて帰る(もちろん周囲の人は振り返る)と言う状態があったのに、今頃はそこまでひどいことはほとんどありません。
昼寝から変なタイミングで起きてギャンギャン泣き続けてストライキをするというのも7月ぐらいにはしばしばありましたが、今頃はそれほどひどいことは減った気がします。(昼寝の寝起きが悪いのは今もですが)
少し楽になってきたのかもしれません。


そして七五三。
13日に前撮りしてきました。
着物は私の七五三の着物を手入れをしてもらいうさこに。
これは私の祖母が注文で染めに出し、自分で縫ってくれたものなので、うさこにも着せたいなあと思っていました。帯等々は両親が新調してくれました。
写真館は探し始めたのが8月ぐらいだったので、人気のおしゃれなところは漏れなく年内は予約が埋まっているし、メジャーなチェーンでもいいかなと思ったのですが、ちょっとポップすぎる感じがするかな~と思ったり、で、結局いかにも写真館というところに行きました。
デジタル写真をもらったりはできないので、そこはいまどきのところの方がよいと思うのですが、落ち着いた雰囲気のところだったのでよかったです。

前の週に着物や小物を持ち込んで確認してもらい、当日は朝10時にまず美容院へ。髪をセットしてもらい、お化粧をしてもらって着付け。ここまでで一時間強。
うさこひとりで1ポーズ、家族4人で1ポーズの2枚組にしてもらいました。
そこから車で神社に向かいましたが、帯が苦しかったらしく、うさこが「背中が痛い」と騒ぎ始め、近所の神社で一瞬手を合わせるのが精いっぱいでした。
とても祝詞をあげてもらうような余裕はなかったのですが、11月に改めて神社に行くかなあ、どうかなあ、というところです。うさこは苦しいと騒いだ割には着物を着てきれいにしてもらったのはうれしかったらしく、また神社に行きたいとか言ってますが・・・。

七五三

あっという間に赤ちゃんから大きくなったな~と改めて感じた一日でした。

さ、もう5時をすっかり回ってしまいました。夕飯の支度から始めなければ。
今日も一日子どもたちが元気でいてくれますように。
(親は二人とも風邪ひきっぱなしです)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 | HOME | 

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。