ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

2013.02.18 (Mon)

夢クリ2人目通院まとめ

いまさらですが、確定申告のために支払いを整理したついでに、2人目治療の夢クリ通院のまとめです。
通院の参考にされる方にとっては、私の長々とした記録を全部見なくてもおおまかな流れが分かったほうがいいと思いますので・・・。

3月から9月までの通院、採卵3回、移植1回、合計31回の通院でした。
旦那さまが同行したのは、2度目の通院だけですが(うさこの保育園送りや子守優先のため)、私の分の支払いが、1,080,761円、旦那さまの分としての支払いが12,314円。

<採卵1周期目:自然>
2012/3/3 二人目通院の初診(D3) 4,980円
2012/3/10 D10  25,767円
2012/3/14 D14   7,570円
2012/3/17 D17   8,847円
2012/3/20 採卵日決定(D20) 12,820円
2012/3/21 採卵日(D21)  40,000円
後日請求分(採卵費用)   43,937円

結果:成熟卵1つ、MⅠ期1つ、GV期5つ=>いずれも凍結ならず

<採卵2周期目:フェマーラ>
2012/4/8  D3 13,975円
2012/4/13  D8 6,429円
2012/4/15  D10 3,660円
2012/4/16 D11 7570円
2012/4/18 採卵日(D13) 40,000円
後日請求分(採卵費用) 50,237円

結果:成熟卵2つ、GV期5つ =>いずれも凍結ならず


<採卵3周期目>
通院に疲れて1か月勝手に休憩

<採卵4周期目:フェマーラ+セロフォン>
2012/6/5 D3  13,975円
2012/6/10 D8  6,429円
2012/6/12 D10  3,510円
2012/6/14 D12  7,689円
2012/6/15 D13  13,345円
2012/6/16 D14  15,970円
2012/6/18  採卵(D16) 40,000円
後日請求分(採卵費用) 190,861円

結果:6個成熟卵胞、2個GV期の未熟卵、3個変性卵
=>6日目午前の胚盤胞が2つ、7日目午前の胚盤胞が1つ


<移植周期>
2012/7/6  D3 11,770円
2012/7/13  D10 3,510円
2012/7/16  D13 7,570円
2012/7/17  移植日決定(D14) 7570 1000
2012/7/24  移植日(D21) 136,500円+3,780円
2012/7/28  ホルモン値確認(BT4)  3,780円
2012/7/31  判定日(BT7)  3,780円
2012/8/5  2回目判定日(BT12) 6,310円
2012/8/10  胎嚢確認(BT17) 5,210円
2012/8/20  心拍確認(BT27) 5,470円
2012/8/30  BT37 5,470円
2012/9/13  卒業診察(BT51) 7,470円

その後、順調に推移し、2013年4月11日出産予定日。
(ただし、予定帝王切開のためもっと早めに生まれる見込み)

赤ちゃんの誕生を望むご夫婦に一日も早くコウノトリがやってきてくれることを祈りつつ。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.09.17 (Mon)

BT51(10週0日) 卒業診察

この週末、土日が職場のイベントで連続の休日出勤、立っている時間が長く、久しぶりに心底くたびれました。やはり疲れやすいようです。
10週に入って、気持ちが悪いと感じるのは終わったのかしらと思っていましたが、三連休最終日の今日、休日だと再び気持ちが悪くなりました。いい加減なつわりです(笑)。

先週の木曜日、無事夢クリを卒業しました。
道が混んでいて、いつもと同じ時間に出てタクシーに乗ったのに、8時半の指定に2分遅刻…。何か言われるかな~と思ったのですが(以前、指定時間に遅れて外来受付で注意されている人を見かけたことがあったので)、特にお咎めはありませんでした。

尿検査はありましたが、血液検査はなし。採血がなかったのは採卵の時以外で初めてかもしれません。

やはり院長診察でした。
ずいぶん大きくなったゴマちゃんが写っていました。
もう35ミリもあって、指をしゃぶっているような様子が可愛い~。
心臓も順調にトクトク動いていました。

体長:36.6ミリ
胎嚢:55.1×35.8ミリ
心拍:183bpm

問診は相変わらず、アッサリ。
「紹介ですね。紹介先は?」
紹介先の名前を言うと、「カタカナ?」とか、そういう質問だけで、そこがどこかといった質問は一切なし。
私は今回も近所の産婦人科のクリニックに紹介状を書いてもらい、そこは分娩はしていないので、セミオープン方式で以前と同じ産院に行く予定です。
今度はうさこもいることだし、最寄りの総合病院でとも考えましたが、前回の出産時に子宮筋層が裂けているといった異常もあったので、カルテの残っているはずの前回と同じ病院がいいかなという結論となりました。分娩する病院には、一度だけ受診して、あとは30週過ぎまで近所のクリニックで健診を受ければいいので楽です。
予定帝王切開になるはずだから、予定通りにいけば、うさこの世話もシッターさん等々にお願いしてなんとかなるのではないかと思いますが、突然入院しなきゃいけなくなったり、予定の日より前に破水しちゃったり等々の事態になった時どうするかなど、早め早めに準備しておかなければいけないな~という感じです。前回は大人しかいないからどうにでもなる状態でしたが、今回は何かあった時には必ずうさこをどうするか、というのがあるので、いくつかの手立てを考えておかなければ…。

相変わらずのアッサリ問診で、名前だけ確認すると、「はい」で終了。
ありがとうございました、と席を立ちかけた時、忘れてた、という感じで「予定日は4月11日ですね。じゃ、説明があるので」で終了。
すぐに看護師さんと別の話が始まったので、もう一度「ありがとうございました。」といって席を立ちました。

しばらく待って、処置室でお手紙と出産報告の紙をもらいました。
お手紙は以前と変わらず手書きで丁寧に書いてくださっていましたが、出産報告の方は説明も少なくなっていて、簡略化された印象です。前は確かもっといろいろ紙をもらった気がしたんですが…。
看護師さんからは「凍結卵はありますか?」と聞かれ、「はい、2つ」というと、「ぜひ頑張って3人目を。お待ちしています」と言われました。
今時点でこちらには即答できず、笑ってお礼を言って帰ってきました。
旦那さまも私も2人きょうだい。漠然と子どもは2人と思ってきたので、今の時点でどうするか、全くのノープランです。

会計をすませ、夢クリ出るとき、ここに来るのは今日が最後なのかな~、それともまた来ることがあるのかなあなどと思いながらビルを出ました。

今回の通院は3月からの約半年。通院している間に38歳になりました。
6月までは通院スケジュールにヤキモキしてストレスでしたが、移植以降は実に順調に進み、早くも通院ストレスを忘れたような感じです。移植前後の通院も出張のちょうど合間をすり抜けるようにうまくはまり、助かった~と思いつつ、でも赤ちゃんが早くも過剰適応タイプの性格なんではないかと内心心配したり…(笑、ま、そんなわけないですよね)。
ゴマちゃんが生まれてくるまであと半年、2人目だからと気を抜かないで大事に過ごさないとなあと思うところです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2012.09.03 (Mon)

BT37 通院

つわりはないわけではありませんが、普通に出勤もできていて、今回も軽い方だと思います。休みの日、家にいると吐き気が強い気がするので、気のせいレベルかもしれません。

すっかり日にちが経ってしまいましたが、先週木曜がBT37、心拍の伸びを確認する日でした。

のんびりW先生、内診もゆっくり見てくれました。
が、ズームの合わせ方がイマイチなのか、画像の鮮明度がいつもより悪いような・・・。
印刷された紙に至っては、渡された紙の文字が読めないぐらい、ピンボケでした。

「心拍も170以上あり、17ミリ以上あるので大きさも問題ないです。」
なんとなく数字もアバウト。
特に問題ないという話で終了。
読みずらい文字を目を凝らしてみると、たぶん、心拍は174bpm。

順調に大きくなってくれています。

毎日うさこがあれこれと目の前でやってくれるおかげで、日が飛ぶように過ぎていき、あと1回の通院で卒業できる見込みというところまで来ました。
うさこも、じわじわと刷り込みをしていることの効果がでてきて、最近は「あかたん」の存在に慣れてきて、パズルのカエル4匹の絵は、「おとーしゃんと、おかーしゃんと、うさと、あかたん」と言うようになりました。
(3匹のライオンは、おとーしゃんと、おかーしゃんと、うさ」ですけど)

明日は出勤前に保健センターに寄り、母子手帳をもらってくる予定です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目(以降)不妊へ
にほんブログ村



2012.08.21 (Tue)

BT27 心拍確認

心拍確認の日でした。
8時半までの時間指定なので、うさこの送りを旦那さまに頼んで新橋へ。

どんどん優先していただいて事が運ぶので、30分ほどの間に採血も、採尿も終わり内診室前で待機。この間が一番緊張しました。
ちょいちょい悪阻っぽい感じがあったので、大きくはなっているはずとは思ったものの、やはり緊張の山場です。

しばらくして8番へ。
モニターを見ていると、10日前より明らかにドーンと大きくなった胎嚢が見えて一安心。
ズームが調整されるうち、ピクピクと動くゴマちゃんの心臓が見えてきました。
よかった~、と思いながら、ピカピカ光りながら一生懸命動いている心臓に感動しました。綺麗だし愛おしい。

心拍を測る帯のような画面のどこに心拍数が出るのか分からないまま終了。
なんとなくそんなに遅い気はしなかったし、力強く動いていたので多分大丈夫だと思いながらも、やや緊張しつつ問診を待ちます。

内診でおよそ見当がついていましたが、やはり2番のS先生。この日も秒察でした。
「心拍確認できましたね。ホルモン値も問題ないです。次は30日です」
以上!

大丈夫すか、とか、聞いたってそれ以上の返事が得られるわけないことはわかっているし(笑)、そうなると他に聞くこともないので、「30日ですね」と確認しただけでお礼を言って出てきました。

部屋を出てから心拍数を確認すると124bpm。
うさこのときの記録をブログで確認すると136bpm。ブロ友さん記録も130以上の方が多いので少し心配になりましたが、最近もらえるようになった移植後のスケジュール表をみると、BT27では110-130bpmが基準となっているので大丈夫そうです。
胎嚢は19.9×10.2ミリ
胎芽は6.9ミリ(たぶん)

この日は心なしか特に荷物をソファーに置いて立つ人が多く、座る場所がなく立っていなければならない感じで、立っている人と、荷物のある席の数は同じぐらいだから、みんなが席とりをしなければ、結果的に全員座れるのにな~と思いました。
張り紙とか、してくれるといいのに…。

無事心拍が確認できたので、それぞれの両親に報告しました。
通院を再開したことは特に伝えていなかったので、うさこのときとは違い、急な報告でしたが、両方とももちろん大喜びでした。
職場には、今月末の海外出張をキャンセルした時に一緒に行くはずだった先輩には報告しましたが、それ以上は伝えていません。次回、心配の伸びが確認できたら上司には正式に報告しようと思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目(以降)不妊へ
にほんブログ村

2012.08.11 (Sat)

BT17 胎嚢確認

昨日から時間指定での通院となりました。
前々からわかっていた通院日なので、先週末出勤の代休を充てて受診しました。
旦那さまも今日から全社休業の夏休みなので、うさこも保育園を休ませてわが家は三連休。

血液検査、内診、問診、いずれも順番を優遇されているので1時間あまりで終了です。

内診が一番緊張しました。ちゃんと見えるかなあと。

これまで2,3度しか診てもらったことのない、若い先生(日によって2番だったり、5番だったりの先生)で、丁寧に見てくれました。

胎嚢は9.3ミリ×7.1ミリ。標準の大きさです。
卵黄嚢もちゃんと写真をとってもらっていました。

ホルモン値は、すでにβ-HCGの検査項目はなくなっており、E2とP4だけ。こちらは問題なし。

問題は着床位置が低いことだそうで、本当は子宮底から1センチ以内にあるのが望ましいのに、18.6ミリの位置にありました。
内膜が薄い部分なので、ひっつくまでに時間がかかるからなるべく安静にしている方がよいです、とのことでした。

なかなか全部の基準には合格しませんが、うさこの低空飛行スタートに比べればごまちゃん(このたまごちゃんの名前)、順調な方ではないかと思っています。

ちょっと検索してみると、着床位置が低いと、お腹が張りやすく、前置胎盤になりやすいのだそうですね・・。なるほど、なかなか大変なのでしょうか。

この週末は極力寝て過ごすことにして、昨日も旦那さまがうさこを連れて夕飯の買い物に行ってくれたり、食事の用意をしてくれたり。うさこのときほど寝たまま過ごすわけにはいきませんが、できるだけゴマちゃんのためにもゆっくりした生活をしたいと思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目(以降)不妊へ
にほんブログ村

 | HOME |  »

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム