ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.16 (Sat)

最近の自己主張とお姉さんぶり

家での食事は苦戦が続いています。
食に関しては本当に何でも食べるいい子だったので、初めてなかなか食べてくれない子のお母さんの苦労がわかる感じです。
保育園では何でもちゃんと食べているようで、午前食、午後食ともに連絡帳には「完」だの、「おかわり」だのの文字が並びます。(今の保育園は、午前、午後ともにおやつではなく、食事的なものを出してくれます)時々青菜を嫌がったりはするようですが、お友達が食べているのを見るとちゃんと食べたり、「お代わりする?」と聞かれると、それにつられて頑張って食べたりするらしい…。
(たぶん、全部完食しないとおかわりできないルールで、フルーツが欲しくて、とか、ハンバーグがほしくて、だと思います)
そんな様子なのだから、ま、家で食べなくても栄養的には問題ないでしょうし、すでに12.5キロのズッシリ体型ですから蓄えも十分にありそうですからその面での心配はないのですが、やはり、せっかく準備しても食べなかったり、遊んでばっかりというのはこっちもぐったり消耗します。

母に「うさちゃん元気?」ときかれて、元気だけどいろいろわがまま言うようになったよ、という話をしたところ、「保育園では頑張ってうさこなりのストレスがあるんだろうから、家ではそれを気をつけて見てやらないと」と言われました。
まあ、それはそうかも。保育園でいい子でがんばっているということは、それなりに我慢したり、子どもなりに遠慮しているってことですものね。

わがままを言ったり、泣いたりしながらこっちの様子を伺っているのは可愛くもあり、おかしくもあり、です。この間は、皿のおかずをぶっ飛ばして叱られたら、嘘泣きしました(笑)。エーン、エーンと声を出したものの、涙がついてこなくてまさに嘘泣き。思わず笑ってしまい、こっちが笑った様子にうさこもニコニコ。叱ったはずなのにこれでいいのかな、示しがつかないかしらとは思いますが、毎日保育園で頑張っていると思えば、良い悪いが判断できないということではないでしょうから、まああんまりギチギチやらなくてもいいかなと思うことにしています。危ないことや他の人が困るようなことは絶対に教えなきゃとは思いますが、それ以外はまあボチボチで。

自己主張で地面に座り込んで泣くというのもしばしば。
保育園の帰り道(特に私が迎えの日は)は絶対にベビーカーに乗らないと決めているようで、あっちフラフラ、こっちフラフラとしながら帰ってきます。PASMOで自動改札をピッとやるのがお気に入りで、改札が見えてくると「はい、どーぞ」と手を出してPASMOを要求します(うさこは物をくれるときも、要求するときも「はい、どーぞ」)。最寄り駅を降りてから、スーパーに行きたがることも多く、無理に直帰の方向に歩かせようとすると、エイッ、とか、ポイッとか言いながら尻餅をつき大泣き。抱き上げるとたっち、たっち、と反り返って大泣き。
毎日じゃないですが、こういう日は疲れます。

帰り道にスーパーに寄るのは遅くなるし、疲れるしであまり行きたくないのですが、泣かれるよりいいかな、という日は2人でスーパーにむかいます。
スーパーの中でも魚コーナーが大好き。入口付近の果物コーナーであれこれ欲しがるときにも、「うさちゃん、お魚に行こう、あっちだよ」というとテケテケ歩いて行きます。この魚コーナー好きは旦那さま譲り。
昨日、旦那さまとスーパーによった時には何欲しい?と聞かれて、「エ、ビ!」。旦那さまが海老をカゴに入れたのを見て拍手、とのこと。エビは本当に大好きです。
魚コーナーを過ぎるとうさこの操縦が難しくなるので、納豆とか、牛乳とか、うさこの好きなものを持たせて「お店の人にはい、どーぞしようね」と言いながらレジに誘導。大抵はお店の人がうさこから受け取ってくれてうさこは満足し、会計が終わった牛乳や納豆を家まで抱えて帰ります。先日は500mlの牛乳をずっと抱えて帰りました。重いはずなんでしが、「うさちゃん、重いねー」と言うと「おもいねー!」と復唱しながらご満悦。稀に疲れて途中からベビーカーに乗ってくれる時もありますが、その気になるまで3歩進んで2歩下がるような帰り道です。

自己主張それ自体も成長ですが、お友達との関係にも幅が出てきたようです。職場の小さな保育園なので同じクラスは今のところ5人。お隣の1学年小さいクラスは3人。そのお隣のクラスに今月から3ヶ月の赤ちゃんがやってきました。
普段は別々のお部屋にいるのですが、雨の日には赤ちゃん部屋にある室内滑り台で遊ばせてもらったり、晴れた日には一緒にお散歩に行ったり園庭で遊んだりと、と一緒に過ごす時間もあるようです。
断トツ小さいそのお友達に皆興味津々。
もちろんうさこも赤ちゃんに惹きつけられ、ユラユラ椅子で寝ている赤ちゃんを一生懸命ユラユラしてあげたんだそうです。先生に「そうっとね」と言われて、一生懸命そろーっとしたそうで。おっかなびっくり赤ちゃんを取り囲んでいる様子の写真があったのですが、その様子は可愛いし、お姉ちゃんになったのね〜、と思いました。
ギャーギャーひっくりかえって泣く幼児も、自分よりさらに小さい子には優しくしなきゃね、と思うんですね。

魔の2歳が近づく今日この頃、自分に余裕があれば一つ一つ面白し、余裕がないとけっこうイライラさせられることの連続です。自分のキャパが試されますね〜。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.06.03 (Sun)

初めての母の日

ちょっとタイミング遅れの話ですが、3週間ほど前の母の日のこと。

生まれて初めて母の日の贈り物をもらいました。
娘(と、保育園の先生)から。感激~!


連絡帳で母の日のプレゼントをつくったこと、母の日の直前の金曜に持って帰ることが予告されていたのですが、その日はひいおじいちゃんのお葬式のために急遽欠席。
母の日の翌日に迎えに行くとうさこがリボンを結んだプレゼントをもって走ってきました。

もちろん、保育園の先生が全部お膳立てしてくれた作品ですが、ちゃんとうさこなりに頑張った作品。

紙粘土にビーズを埋め込み、上にクリップをつけてカードたてにしたものです。
カードには、裏と表にそれぞれ、うさこの「にこー」であるくしゃくしゃ笑顔と、うさこなりの「いいお顔」のほっぺがムニーッとなった顔写真が張られていました。

母の日rev

うさこが自発的に母の日を理解して、何かの気持ちを示してくれるのはずいぶん先のことでしょうが、保育園の先生のおかげでこんなに早く母の日を体験させてもらうことができました。
本当に感謝、感激、文字通り宝物です。

それを見た旦那さま、父の日をとっても楽しみにしております。
父の日は何かな~。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2012.05.27 (Sun)

1歳7か月の成長

あっという間に5月も終盤。
気が付いてみるとうさこは1歳8か月になっていました。

ここしばらくの成長は、というと、歩くのが達者になり、歌にあわせて歌ったり踊ったり、言える言葉が増えたり、が急速に進歩した気がします。

歩けるようになって以降、ベビーカーは嫌いで保育園の帰りには必ず歩くと主張。
無理に乗せるそっくり返って泣いて抗議します。私はそこで折れてしまうので、私が迎えのときにはほぼ100%うさこの歩きにあわせて帰ってくることになります。(旦那さまは保育園の入口にベビーカーを横付けして、さくっと乗せてしまうらしいです。)うさこの歩きでスーパーに行ったときは悲惨でした。ベビーカーには乗らないし、好きな方向にどんどん進んでしまうしで、収拾がつかなくなり、片手で抱っこして、かごを腕にかけて、ベビーカーを押して、というわけで、もう帰りにスーパーに行くことはあきらめました。家のすぐ近所のお肉屋さんやお豆腐屋さんならなんとかなるので、平日の私の迎えの日は、買い置きと、生協と、お肉屋さんとお豆腐屋さんでやりくりする感じです。
朝はベビーカーに乗ってくれないと遅刻するので、無理やり乗せ、泣きわめくときには100均で買った砂場用「熊手」を持たせるとおとなしくしてくれます。(一緒に買ったスコップではだめで、熊手限定です)

うたいながらの手遊びが大好きになりました。
おかあさんといっしょをみながら、真似をするのも上手になったし、音程はほとんどないながら、歌らしきものを歌うことも増えました。4月の歌だった「ハートがいっぱい」は大好きで、「どきどきどきどきはーとーおー♪」「トトトトトッ」と一生懸命やっていました。5月の歌のパンの歌もそこそこ気に入っているようで、「パパパパー♪」と手をたたきながら一人で歌っていることもあります。
保育園で習ってきたのは、「トントントントンひげじいさん♪」という昔からの歌と同じメロディーで「トントントントン アンパンマン、トントントントン 食パンマン、トントントントン カレーパンマン♪~」というもので、とっても気に入っている様子。ひとりで「とんとんとんとん あんまんまん! とんとんとんとん あんまんまん!!」とやっています。

パントを見ながら真似をするのもうんとうまくなってきました。一緒に風船をふくらましたり、ぞうきんを絞ったりして頑張っています。

自分で言える言葉も日々増えていますが、短い言葉の復唱がずいぶん上手になりました。あし、め、て、は、おへそ、等々体のパーツは一通りマスターし、2語文も安定してきました。「おとうしゃん、いないねー」「にゅうにゅう、おいしいー」「にゅうにゅう なーい」など。色も青、赤ぐらいは分かるみたいです。それ以外はあてずっぽうでこちらの顔色を見ながらかな。

こちらの言っていることはほぼわかっているらしく、正しく反応しますが、イヤイヤも増えててこずります。いよいよ魔の2歳に向けたカウントダウンでしょうか。
こちらの顔色を見て反応することが増えて、「これやったら怒られるかなあ」とか、分かっていてわざと「ポイッ!」とごはんを飛ばしたり、物を投げたりします。

父と母、どちらが何をだめというのかはよくわかっていてそれに応じた反応をします。旦那さまはベビーベッドで寝かしつけるのですが、私が添い寝の方が楽なので許可してしまうため、私が寝かしつけの時には100%大人のベッドに乗り移ることを要求します。
そこに旦那さまが入ってくるとビクッとしてベビーベッドに伏せて寝たふりをしたときには大笑いでした。

食べないものが急速に増えてきました。基本的に大食で手がかからない方なのですが、今頃は野菜はまずはベーッと出してきます。ツナ入りのクリームシチューとか、エビとブロッコリーの炒め煮とか、いり卵とか、大好物の中に投入してごまかさないと無理になってきました。なぜかブロッコリーだけは好物で、バクバク食べますが、それ以外の緑のものは基本的に拒否。相変わらずかぼちゃとイモ類は好きですが(イモは、い、も、い、も、と言いながら喜んで食べる。さつまいもは、まいも、です)、人参はまあまあ、それ以外は苦戦するので、こちらのキャパが試されます。魚類は相変わらず大好きなのですが、それでも時々ポイっとかいって反抗してみせたりします。
保育園ではちゃんと食べているみたいなんですけど、家では日々苦戦が続きます。

大人の真似が大好き。
1月前ぐらいから私が出がけに大慌ての化粧をするのを見て、自分もパタパタやっています。使っていない、アイシャドウのケースを与えたら、大のお気に入りになりました。私の腕時計を持ち出して自分の腕にはめるのがお気に入りだったのですが、それをやりすぎて、この1週間、私の時計は行方不明です。家の中にあることは確かなのですが、どこに隠されてしまったのやら・・・。早く見つけないと不便です

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

それもこれもまあ順調に育っている証拠なので、余裕をもって付き合いたいなあと思う今日この頃です。

2012.05.24 (Thu)

世代をつなぐ ~ひいおじいちゃんとのお別れ~

しばらくご無沙汰してしまいました。
GWは旦那さまの両親、妹と楽しく温泉旅行で締めくくり、連休明けは甘々モードで保育園で朝泣いて…(これは保育園のお友達皆でした)。
そんなこんなで普段の生活に戻っているところでした。

そこへ突如祖父の訃報。うさこにとってはひいおじいちゃんです。
前の晩まで普通にすごし、朝、起きてこないなあと思って母が起こしにいき、まだ二度寝しているのかと思って揺り動かしてみて初めて息のないことに気が付いたという、まさに穏やかな眠るような最期だったとのこと。

この冬、体調を崩して入院したりもしていたのですが、退院後は徐々に回復し、つい3週間ほど前に帰省したときにはまだ手すりやつえは必要でしたが、短時間だったら立って歩いたりもできるなど確実に回復に向かっていたので、次は夏かなあ、秋かなあ、またね、と言ってきたばかりでした。
回復傾向にあっただけに突然ではありますし、今年100歳を迎えるはずでしたから残念、という気持ちも大きいですが、父からの電話で真っ先に思ったのは、「この前帰省しておいて、うさこに会ってもらってよかった」でした。

急遽、お通夜に間に合うよう、旦那さま、うさこと3人で帰省。
ド田舎の家なので、自宅での通夜、葬儀のため、客間に大きな祭壇がつくられていました。
うさこは前回帰省してから日が浅いこともあり、場所見知りもあまりなく、私の両親のこともすぐ思い出したようですが、何やらただならぬ気配を自分なりに感じ取っているように見えました。
まだうさこに「大きいおじいちゃんが亡くなった」ことの意味はわからないでしょうが、祭壇や棺にわるさをすることもなく、(木魚や鐘は気に入ったらしくポクポク、チーン、とやっていましたが)「お母さんと一緒に南無南無しようね」というと、神妙に膝にすわって手をあわせていました。

遺影は、まだ祖母が元気だったころに一緒にとったという写真。70代後半だったころの写真です。
私の記憶にある祖父は、孫の様子に相好を崩して喜んでくれる優しい祖父ですが、遺影の写真はちょっと厳しいところのある厳格な姿でした。当時すでに現役を退いていましたが、頼まれ仕事はいろいろしていたし、きっと、孫に見せる顔とは違う、外で見せる顔だったんだろうなあと、なんだか初めて見るような気もしました。

いざお通夜が始まると、うさこが我慢していられる時間は短く、しょっちゅう脱走、「たっち!たっち!」の自己主張、それを追いかけて旦那さまや私が別の部屋で本やおもちゃを与えたり・・でしたが、翌日の葬儀、火葬を終えてからの七日法事と続くうちに場所や雰囲気にも慣れて、お経にあわせて膝でリズムをとりながら、手拍子をしたり(笑)、など。


騒ぎ出そうとするたびにうさこを追いかける私たち夫婦を見て、従姉からは「この場でおとなしくさせようというのは親の都合だけど、おじいちゃんは伸び伸びやっているのを見て喜んでいるよ」と言われて、確かにそうだなと思いました。
大人のマナーとしては不謹慎だけれど、きっと大きいおじいちゃんは大喜びで見てくれるだろう、もう20年近く前に亡くなった大きいおばあちゃんだって、目を細めて喜んでみてくれているだろうなと思います。

だれがみても十分に長生きで本当に穏やかな大往生だったので身内にも悔いることはほとんどないのですが、うさこの存在自体が、悲壮感をなくし、来るべきときを受け止める空気をつくっていたような気がしました。
生まれてから成長し、働き、次世代を育て、年老いて世を去っていく、その自然の摂理を体現しているような気がするというのでしょうか。
悔いはないとはいえ、やはりさみしさを感じている両親も、うさこの無邪気な様子は無条件にほほえましく楽しいものだったようです。

年の差98歳のうさこと祖父が一緒にいるところを見るたびに、「一世紀の歴史」「一世紀の重み」などという言葉が頭にうかび、うさこが100歳になる頃(もちろん、そのときには確実に私はいないわけで、うさこが生きている可能性も低いでしょうけれど)、どんな世の中になっているのかなあ、なんてぼんやり考えていました。
うさこがひいおじいちゃんのことを覚えていることはできないでしょうが、会わせることができてよかった、うさこが生まれてきてくれたこと、次世代を育てる機会を授かったことは本当にありがたいことなのだと改めて思いました。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2012.04.30 (Mon)

動物にご挨拶

わが家の連休は前半は特に遠出する予定もなく、のんびりした日々です。

連休初日は近所の仲良し2家族を誘って、前回気に入ったお寿司屋さんへ行くことになっていました。
なので、うさこには十分昼寝をして、夕方から夜、機嫌よくいてもらわなければなりません!!

というわけで、朝から近所の公園に3人でお散歩。
うさこが自由に歩けるようになるまで、寒かったこともあって、あまり公園遊びをしてきませんでした。
4月に入ってからは暖かくなったし、歩くの大好きにはなりましたが、週末のたびに風邪ひいたり、私が夢クリ通いだったり、帰省していたいr等々なかなか公園で遊ぶ機会はなかったのですが、朝からは晴れあがったので3人で出発。
しょせん近所の公園なので、何をするということもないのですが、ベビーカーを嫌がるうさこのペースで行くにはなかなか時間がかかります。
歩く速度もさることながら、少し歩いてお花が気になり、数歩進むと足元の石ころが気になり、その数メートル先には魅力的な「葉っぱ」。というわけで、行けども行けども、なかなか到着しません・・・。
そんなもんなんですよね、この時期は。

大人二人がかりで、うさこが飛び出さないように、いらないゴミを拾わないように(吸い殻とか)、世話を焼きながら進むんですから、なかなか贅沢な散歩です(笑)。
途中、もう、あと一息で飛んでいきそうなタンポポの綿毛をみつけたり、どうしても気になる小石をみつけたりしながら、ようやく公園に到着。
公園では小さな滑り台を何度かためし、またがって遊ぶウサギに乗っかり、そこそこ楽しみました。
ぶらんこは私が一緒に乗りましたが、まだ怖いみたい。
砂場はこちらの備えができておらず、またの機会にしました。砂場用のバケツとか、スコップとか、調達しなければいけませんね。買うのはいいけど、どこに置くんだろう・・。置き場所も考えなければ。

少々疲れたうさこを、ちょっとぐずるのを無視してベビーカーに乗せて、隅田川テラスを散歩。
よくよく見るといろいろな草花が咲いているんですね。

歩き回ってそこそこ疲れたうさこに昼ご飯を食べさせて昼寝。
私も一緒に寝ているうちに夕方に。
いよいよお寿司屋さんに集合です。

3家族、6人の大人と3人の1歳児。
2階の個室を占領させてもらって、乾杯。

お友達のNちゃんとYちゃんはママのお弁当をおいしく食べていました。
うさこは、というと、卵焼きはもちろんのこと、ホタルイカ、あなごの白焼き、イクラまで食べてご満悦。
うさこがそういったものを食べるだろうなあ~、という想定のもと、お弁当は持参せず、白いご飯だけ持って行ったわが家です。あればあっただけ食べたくなってしまうので、お弁当を持っていくと明らかに食べすぎなんです!

子どもたちは飽きると廊下を走ったり、二人ずつでお絵かきしたり、「タッチ!」と手をつないだり、「ギュッ!」としたり、可愛い様子を振りまいていました。
階下のお客さんにはちょっと迷惑だったのかしら、と、気にはなりますが、約3時間、しっかり楽しむことができました。

そうそう、終了後、旦那さまはNちゃんのパパを誘って2次会へ。
でも、2次会に繰り出す前に一度それぞれ家に帰り、お風呂やら寝かしつけやら、それぞれの家族の役割分担をこなせるのも近所ならではのこと。
お互いの用を済ませた後で電話をしあって出かけていきました。

日曜日はまたも朝から快晴。
遠出をする気もあまりなかったので、江戸川区の行船公園へ。
昨年の旦那さまの育休中、何度もうさこを連れて行っていたのですが、小さな動物園があり、小動物とのふれあいコーナーがあるので、歩けるようになったらぜひ行こうと思っていたところでした。(しかも、無料!)

うさこの弁当をつくり(大人はコンビニおにぎり)、昼前に出発。
ついてすぐお弁当を開き、食べ終わると動物園の中を一つ一つ見て歩きました。

目玉のレッサーパンダも目を輝かせてみてはいましたが(うさこはレッサーパンダに似ていると言われています)、この日うさこを魅了したのは、プレーリードッグと亀
プレーリードッグはちまちま動き、せっせと穴を掘る様子がかわいかったのかな。
亀はほとんど動かないながらも、スローモーな動きが気になったのでしょうか。
今のところ、鳥はなんでも(フクロウを除き)ポッポなので、天然記念物のコウノトリにも「ポッポ!」と声をかけていました(笑)。

ふれあいコーナーは1時過ぎから開園。(午前中もあります)
うさぎやモルモット、羊、ヤギ、ニワトリに触れます
小学生ぐらいのお兄ちゃん、お姉ちゃんが一番積極的で、次々と抱っこする動物を確保していましたが、譲り合ってくださいね、というアナウンスもあり、「触らしてくれる?」と頼むとみんな、やさしく譲ってくれます。

うさこは、私に抱っこされ、ちょっと離れたところから見ている分には「うーわ、うーわ(うさぎ)」と威勢がいいのですが、いざ、触れるように近づいてくれると、腰が引けて、怖くて目をそらし、手をひっこめます。
私がうさこの手をもってそっと触らせても、怖くて手をひっこめるんですよね。
ちょっとまだ早かったかなあ。

暑かったので長居はせず、1時間半ほどで切り上げ、麦茶を飲ませ、首を冷やして帰ってきました。
小さな動物園ですが、うさこぐらいの行動力にはちょうどいい感じでした。

本日はまた近所をお散歩し、今は疲れてお昼寝中。
大した予定もないけれど、幸せな連休です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 | HOME |  »

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。