ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

2011.12.23 (Fri)

ウィルス性胃腸炎

3週間ほど保育園を休むことなく元気に通ったうさこですが、クリスマスを目前に再びダウン。
と~っても楽しみにしていた近所のお友達家族とのクリスマス会にも行けなくなってしまいました。
プレゼント交換のプレゼントも買って、本当に楽しみにしたのに…。児童館で知り合ったお母さんたちの企画で、12家族の一歳時と親、そしてなんとそのうち10家族はお父さんも参加という一大イベントだったのです。本当に残念。
あ、もちろん、楽しみにしていたのは親です(笑)。
久しぶりに育休友達に会えると一番ウキウキしていた旦那さまはひどくがっかりしています。でも、さらに追い打ちをかけるように旦那さまも同じ症状が出てきたのでした…。

今回のうさこは、ウィルス性胃腸炎。ノロとかロタとか、そういう類のもの。
今頃はだいたい毎日うさこは5時か6時ぐらいに目を覚ましてベビーベッドから立ち上がって呼ぶのですが、親はまだ起きたくない時間なので、大人のベッドに連れてきて二度寝、7時頃起きるというパターンが定着しています。

今朝は同じく抱き上げて大人のベッドに連れてきた時、なんとなく匂いが??と思ったものの、おむつ付近も頭も大丈夫だったので気のせいかと思って二度寝。
で、実際に起きて明るいところの連れて行って初めてうさこが明け方吐いて服を少し汚していたことに気づいたのでした。気がつくのが遅くてごめんね、うさちゃん。

でも、この段階では普段と全く変わらず元気だったし、熱もなかったので、まだことの重大さ(?)には気がつかず、普通に朝ごはんの準備。
食べさせようと抱き上げたところで、こんどはおむつから漏れるほど下痢をしていることを発見。
起きてからオムツを変えたので、それが出たのはご飯の準備をしているわずかな時間。これは本格的にきたな~、とそこで認識しました。

とはいえ、様子は元気なので普通通りにご飯をさせさせ始めたのですが、パン以外のものを嫌がるし、パンもいつもほどのかぶりつき具合ではないので、喉が乾いたのかな~とイオン飲料を飲ませてみるとものすごくゴクゴク飲みました。
イオン飲料は病気の時しか飲ませていないのですが、うさこは大好き。まあいいかと欲しがるのに任せて50ccくらい飲ませたら、ご飯の続きを食べ始めた直後、ピューっと吐きました。あとで小児科で「たくさん飲ませると吐くから、一口ずつ」と言われたのですが、まさにそれでした。

祝日で近所の小児科は全部閉まっているので、大きな病院の救急に行くかどうか迷いました。結局、朝ご飯はほとんど食べなかったし、吐いてしまったけれど、基本的には元気。様子をみて明日かかりつけに行くのでも大丈夫かなとも思いましたが、夜になってやはり悪くなったりするよりはと、早めに救急を受診しました。
待っている間にもエルゴのままで嘔吐。タオルである程度は被害は防げたけれど、それでは間に合わず…。うさこの着替えは準備していましたが、自分の着替えは持っていなかったので(あったとしても着替える場所がないけれど)、うさこを着替えさせ、自分にはタオルを当ててしのぎました。奇跡的に周囲を汚すことなかっただけでも上出来。

診断は予想通りウィルス性腸炎。3連休分の薬を処方してもらいました。
吐くのがひどくて薬もすべて戻してしまうようだったら使うように座薬も処方。
脱水症状を心配しなければならない時の目安をきくと、一口飲んでも吐く、半日以上全くおしっこが出ないようなときは、早めに連れてくるようにとのことでした。吐いたり、下痢をしても、合間合間に飲んでも吐かないときがあったり、ちゃんとおしっこが出ているようなら大丈夫とのこと。目安が分かって安心しました。
親はしっかり石鹸で手洗いをするように念をおされました。アルコールではウィルスはあまり効かないんだそうです。
院外処方だったので、祝日でも開いている薬局を教えてもらい、薬をもらって帰宅。

帰って薬を飲ませ以降は今のところ下痢も嘔吐も落ち着きました。
食欲はあまりないのか、ロールパンしか食べませんが、イオン飲料を飲ませようとコップに注ぐといそいそと近づいてきます。(歯には悪そうだけれど、今日はダラダラ飲み。)

今日はいつもより早く8時前には寝ました。
もし、夜中に具合が悪くなった時に自分たちが気付けるように、今日は大人のベッドで川の字です。
早くよくなりますように。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011.12.20 (Tue)

1歳2ヶ月の成長

親が体調不良だなんだと言っている間にもうさこは元気に成長。
本人が風邪引いて保育園を休んでいるときにも成長を感じるのですから当然ですね。

もう1歳2ヶ月もあと数日で終了という時期ですがここ最近の進歩はこんな感じ。

🙆初めて自力で立ちました
運動能力は極めて遅いところをノロノロついて行っているうさこですが、先週初めて自分で立ちました。
つかまり立ちの後、手を離すことに成功したのが12月10日、自分で立ち上がることに成功したのが12月16日。
もうスタスタ歩いていて当然の時期ですが、うさこは1歳3ヶ月でもまだ歩かない2割のメンバーに入ることがほぼ確実なので、うさこなりに確実に成長していることに夫婦で拍手喝采。
すると、うさこも自分で拍手喝采\(^o^)/
まだ不安定ですが、立てることはうれしいらしく、うまく行くたびに得意そうな顔で拍手👏。

🙆言葉は確実に増えています
復唱できる言葉はどんどん増えて、それらしき言葉を発しています。
前から言わせていた、「いただきます」「ごちそうさま」などもずいぶんしっかりした言葉になってきました。
ほとんどの動物がワンワン、一部がにゃぁにゃぁ。猫は確実に認識していて正しくニャァニャァ。テレビに出てきたチーターもニャァニャァ。これは納得。アザラシのぬいぐるみもニャァニャァ。敢えて2つに分ければ
猫系かしら?

🙆スプーン食べができるようになりました
運動がすっかり出遅れる反面、食べることは大得意。
保育園からの連絡帳にも連日、「おいしそうにニコニコして食べていました」「早く欲しいと催促してました。完食」といったコメントのオンパレード。体重も9キロちょっとで停滞していた時期が長かったのですが、消化する力もついてきたようで先月が10キロ、先週が10.5キロ。元気に急増中です。
お腹は相変わらずのポンポコリンお腹も健在ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

🙆真似が上手にできるようになっています
おかあさんといっしょのぱわわぷ体操や、ごっちゃー、いないいないばあのわぁお、真似っこマーチなどは前から好きでしたが、このところ真似できるそ動きが増えてますます楽しそうo(^▽^)o
見ているこちらも楽しいです。親が歌を歌うと、うさこもそれに合わせて動くので毎晩夕食後は「だんごむし、だんごむし…」と言いながら二人でハイハイしたり、「うー3時!」と首を振ったり。なかなか忙しいです。
私の普段の動作も真似が増えてきました。ハンドクリームを見つけて引っ張り出すと、手に塗る真似をしてこすったり、フェイスクリームを見つけると、顔にペタペタ塗る真似をしたり。いつ間に覚えたんだか…。
子どもって見ているだけのようでありながら確実に吸収しているんですね。

🙆後追いが激しく…
進歩じゃないのですが、ここしばらく後追いが激しくなってきました。
姿が見えないとギャンギャ、ギャンギャと騒ぎます。
2週間前の土曜に3時間ほど一時保育に預けたことがトラウマになったのか??
でも、楽しく過ごしたみたいだからそんなはずはなさそうなんですけどね。頑張った分の反動でしょうか。

そんなこんなで元気に育ってくれています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2011.12.18 (Sun)

仕事と体調管理

おかげさまでうさこはすっかり回復しました。ここ1週間ほどは泣いたとき以外は鼻水も出ないので、完治です。
問題は親二人
日常生活はなんとか普通にやっていましたが、ブログを更新するほどのちょっとした余裕を持てない日々が続いておりました。

とはえい、私も長い、長い、風邪っぴきのゴールがようやく見えてきた気がします。

そもそも始まりは10月の体育の日の頃。少し喉が痛いな~、というところで始まり、その後はうさこを中心とした風邪の大交換会状態。毎日少しずつ新鮮な(?)菌が持ち込まれる感じで、 3人揃って風邪ひき状態が続きました。
それでも12月にはいるとうさこは安定してきて、中耳炎が治まったあとには熱が出ることもなく収束に向かいました。これでようやく喪が明けたか、と思った矢先、私がたぶんマイコプラズマ肺炎らしきものになりました。

それ以前の数日は、ようやく風邪が治ったぞ~と思うぐらい調子がよかったんです。
そして6日の朝、ちょっと熱っぽいかな~と思いつつ、外での仕事があったので早朝から出かけて午前の用事を済ませたところで、体の節々が痛くなり、熱が出てくる予感。
そこで外出先から職場に戻る前に家の近くのかかりつけ診療所に行って薬をもらうことにしました。
そのときはまだ7度台前半の微熱でした。
せっかく家の近所まで戻ったんだから家で昼ご飯を食べて薬を飲んでから行こう!と、一度帰宅。
ご飯を食べて薬を飲んで...としているうちにやはり熱が上がってくる感覚があって、じゃあ一寝入りしてからにしよう、と職場に連絡してからベッド横になったところ、見る間に熱が上がっていき、あわや40度。私はあんまり熱が出ないタイプなので、私としてはけっこう珍しい高さです。
こうなってしまうともう仕方がないので、再度職場に連絡してその日はもう休むことにしました。

実はその日、旦那様も体調が悪すぎて、朝、うさこを保育園に送って行った後、会社を休んで寝ていたのでした。
(保育園が私の職場の保育園ですから、普段は私が送りの担当ですが、その日は早朝から外で仕事だったので旦那さまが送ってくれたのです)

結局夕方になっても9度台のまま下がらず、せっかく仕事を休み、お迎え当番でもないからゆっくり休養しようとした旦那さまがうさこを迎えに行ってくれました。
夜には熱も7度台に下がり、なんとか起きられるようになりました。

翌日はいろいろ打ち合わせもあったのですが、また熱が急上昇することが怖くて一日休むことにしましたが、問題はうさこ。
家においていると自分が休めないし、休むためには保育園に連れて行かなければなりません。
結局、タクシーで送っていきました。
うさこが元気でよかった

それ以降、熱は落ち着いたものの、徐々に咳がひどくなり、発作のようにコンコンと咳が出て止まらない症状に移行しました。
仕事もたまっていたので、木、金は出勤しましたが、どうも咳はひどくなる一方なので、土曜日に再度受診。
先生は39度後半まで熱が出たことにちょっと驚いていましたが、咳がひどいと伝えると、「授乳しているんだっけ?妊娠の可能性は?」と聞かれて、いずれもないことを伝えると、「マイコプラズマも騒がれているからそれ用の抗生剤も飲んでおきましょう」ということで終了。
原因は定かではないけれど、もし違ったとしてもその薬を飲んでも大した問題が出るわけではないから、飲んでおけばいい、的な発想のようです。なるほど、合理的。

結局マイコプラズマだったかどうかわからずじまいですが、10日あまり経っても咳は引きずっています。
それでも少しずつ改善に向かっていて、昨日は台所のレンジ周りを掃除しようという気力もでてきたし、今日は久しぶりに台所の拭き掃除もしました。
体が参っていると、うさこの進入の恐れのないところの掃除は徹底的に後回しになり、見て気になっても手を動かす気になれません。免れることができない離乳食とうさこが這いずり回るところの最低限の片づけで限界です。
ちびーっとだけれど、そこに手を伸ばしたことに自分の回復を感じます。

2か月以上も風邪をひきっぱなしって、全く自分でも情けないですが、原因を考えてみると
1.うさこの風邪を漏れなくもらう
2.以前だったら寝ている状況でも、うさこが起きていると寝ていられない
3.うさこが熱を出すたびに仕事を休むので、自分の風邪については無理してでも出勤してしまい、かつ、休んだ分を取り戻す働き方をしてしまう
4.全体的に体力が低下している(年のせい?出産疲れ?)

ぐらいでいしょうか。
1、2はどうしようもない感じです。4は根本的に何か対策が必要だなと思っています。
歳は巻き戻せないのでどうしようもありませんが、運動と食事ぐらいはなんとかなるでしょうか。食事はそんなにひどくないと思うので、なんとかして運動する時間を編み出すか?うさこと遊びながら運動する方法を編み出すか??

今すぐなんとかできる問題は3でしょうか。
職場は理解のある人たちに囲まれているので、うさこの風邪でも、自分の風邪でも、「休みます、すみません」「午後4時から夫と交代で出勤します」等々といえば、皆、快く「大事にしてくださいね」といってくれる職場です。
その点は本当にありがたい

でも、だからといって誰かが代わりにやってくれるわけではない・・・。
休んだら、休んだ分だけ溜まります。
以前だったら、自分の体調不良で休んだときでも、休んで具合がよくなってきたらメールを見ながらある程度処理することも可能だったのですが、うさこがいる限りなかなかそういうわけにはいきません。
ipadで、急ぎの案件に返信したりはしますが、寝ている時間以外は私がまともにパソコンに向かっていると激しく抗議してきます。
仕事を休んでいるのにうさこを放っておいて仕事に没頭するのも本末転倒なので、すべて先送りの対処へ。
そうすると、確実に仕事はたまります。

おまけに週のうち3日は早々に定時で帰宅、その後、うさこが寝る9時(寝かしつけに手間取ると本当に手が離れるのは9時半を回ることもしばしば)まで別モードで動き、その後、大人の夕食の準備をして、洗濯をして、夕食を食べて、片づけて・・となるとそこでもう一日が終了。
必然的に残りの2日に溜まった分を消化するしかありません。
となると、その2日が遅くまでずれ込みがちで。
かくして、本当は本調子じゃないんだからさっさと帰るべきなのに、なんとか日々を乗り切るためにそこでつじつまを合わせて、とやっているうちに風邪が長引いている気がします。

仕事復帰からは8か月たちましたが、旦那さまの仕事復帰で完全共働き開始からはまだ2か月半。そのうちの大半を体調不良で過ごしていることを考えると、働き方のいいペースを見出さないといけないなあと改めて思う今日この頃です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村



2011.11.23 (Wed)

続きがありました~発熱&中耳炎~

2週間ほど順当に保育園に通い、無事ポリオ接種もできて一安心した金曜の夜、またもや発熱しました
前回書いたとおり、機嫌よく遊んで、眠たすぎて秒殺で寝た数時間後、12時前にふぇーんと泣きながら目を覚ましました。
最近は夢を見るのか、ふぇーんと泣きながら起き上がることはよくあり、抱っこして落ち着かせて再度ベッドに入れるとその瞬間には既に眠っているということがよくあります。
そのときもそうかなと思って抱き上げてみると、熱い、熱い。
測ってみると8度8分。明らかな発熱です。

ポリオの接種直後なので一瞬気になりましたが、区からもらった予防接種の手引きを見ても、ネットを検索しても、ポリオによってなんらか症状が出るには早すぎるのでは?(数日間腸の中で菌が増殖した結果、症状が出るようなので)という気がしたので、その点はそれほど心配しませんでした。

赤ちゃん用イオン飲料を飲ませたり、着替えさせたりして一晩過ごしましたが、朝になっても9度前後。
小児科を受診しました。
熱がある割には機嫌がいいし、食べるし、熱以外の症状はないし(下痢もない)ということで、熱が高くなったら頓服を飲むように、前の風邪から引きずっている鼻水と咳の薬を処方してもらって様子を見ることになりました。
週末なので、ぐったりしたり、咳が深くなったりしたら気管支炎になってこじらせる可能性があるので救急を受診するように、元気に過ごせているようならまあ大丈夫でしょう、ということで帰ってきました。

そして週末、2日とも熱は一進一退、というか、8度後半から9度ぐらいになり、頓服を飲む →熱が下がる、→また熱が上がる→頓服を飲む →熱が下がる、という繰り返しでした。
多少甘えっこ度合いが強いかな~、食べ物で硬いものを嫌がるかなあ、というぐらいで、そこそこの食欲と、なかなかの上機嫌、忙しく動き回っておもちゃを出したり入れたり・・・
「うさちゃん、本当に病気なんですか?」って感じでした。

お陰で、熱が続く割にはあまり心配することなくすごし、でも月曜の朝も保育園に連れて行ける感じでもなく、私がお休み。
かかりつけの小児科は予約はネットですることになっていて、7時から受付開始なのですが、ちょっとボーっとしていて8時半になってしまったら(診察は9時から)、午前中は既に診療締め切り、午後も50人待ち
もう一歩遅ければその日に受診できないところでした。

この日も終始ご機嫌ですごして、6時を過ぎてからようやく小児科へ。
「全身状態もきわめてよし、ご機嫌だし、食欲もあるし、突発性かな~、でも、ちょっと熱が長すぎるから一応血液検査しておこうか」ということで、検査をしてもらったところ、
「検査してみてよかったよ。これは突発性じゃないね、何かの細菌感染だね。(突発性はウィルス)。なので抗生剤を出しておきます。耳がよく見えない(また耳垢がたまってしまったようで。耳鼻科でとってもらってから1ヶ月も経ってないんですけど・・・)けど、中耳炎だったら痛いから機嫌悪くなるしね~、食欲もあって機嫌もよくて、熱だけっていうのはよくわからないところだけれど、まあ、全身状態がとてもいいから明日までまた様子を見てみよう。明日もう一回来て。もしぐったりするようなことがあったら、午前中に、そうでなければ午後でもいいから。」とのこと。

元気で熱だけ続くということから、突発性を予想していたので、月曜には発疹が出て、火曜からは保育園にいけるかなあと勝手に思っていました。ですので予想外の展開でしたが、なにぶん、本人が元気なので、大きく心配することもなく、旦那さまに電話。
火曜も休みの場合には、旦那さまが担当してくれることになっていたので、そのつもりで仕事片付けて帰ってきてね~、という電話です。二人で分担してやらやっと、それでも仕事は滞る、ですから、もっぱらお母さんが引き受けているワーママさん、本当に大変ですよね。求ご主人方のご協力!!です。

抗生剤の効き目もあり、月曜の夕方を最後に熱は落ち着きましたが、火曜も予定通り旦那さまが小児科へ。私は出勤しました。
小児科ではこれといった原因が特定できず、念のために中耳炎かどうか耳鼻科で診てもらうことを助言され、耳鼻科に連れて行った結果、左耳の中耳炎とのこと。
うさちゃん、痛くなかったの???鈍いタイプなのかしら??という感じですが、まあ、そういう場合もあるようなので、その場合だったのでしょう。
中耳炎が原因で発熱していたのか、なんらか発熱する感染があって、結果的に中耳炎にもなっていたのかはわかりませんが、症状も落ち着いて一安心です。

発熱から5日目に入った今日は相変わらず至って元気、食欲はますます冴え渡って、お父さんもお母さんもいてお得、とばかりに一日楽しく過ごしてくれました。
午後は楽しく遊びすぎでお昼寝なし。お陰で7時半には眠すぎて撃沈。
明日は久しぶりになんとか登園できそうです。ホッ
まだまだ朝になってみないと予断は許しませんけどね。

今度こそ、完全に回復してくれますように~。うさこのため、自分たちのために、一生懸命祈る両親でした。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村



2011.11.18 (Fri)

ようやくポリオ予防接種

我が家はポリオは定期接種の生ワクです。以前書きましたが、迷いはしたものの、まあ生ワクでいいだろうという判断に至り、春に一回目を接種。

そして10月~11月が第2回だったのですが、風邪ひき続きで延び延びになっていました。
もう今日を逃したらあと1回しかないので、どうか風邪ひかないで、熱出さないで~、と、いつにも増して祈る感じでした。
熱が下がってから1週間はダメと聞いていましたが、前回手足口病で受診したときに2週間は空けるようにとのこと。
というわけでようやく今日の回に潜り込むことができました。

休日出勤の代休をとっていたので、今日は保育園もお休みして午前中は家で二人で遊び、うさ子が午前中の昼寝を始めたところで私も一緒に寝てしまったりして。
昼過ぎに保健所に出かけ、無事ワクチンをゴックンし、30分異常がないことを確かめて終了。

帰りに子育て支援センターに寄り、2週間先の土曜日が2人とも仕事になってしまったので、どちらも留守になってしまう3時間の一時保育の申請をしてきました。極力休日に預けることは避けたい気持ちはあるのですが、自分ではコントロールできない予定はどうしても入ってきてしまうし、旦那さまも私も実家が遠いので身祖父母に頼むわけにもいかないわが家には、1時間800円で預かってくれるのはありがたいサービス。
保育園には慣れたけれど、この支援センターは初めてだから緊張するだろうなと思うとうさ子がかわいそうではありますが、短い時間だし、あまり人見知りしない性格を活かして楽しみながら待っていてくれるといいな(と勝手な期待)。
昼食時間を挟むので、弁当を持参しなければいけない模様。離乳食レトルト弁当かな~。
汚れ物を入れるレジ袋にも名前を書くように言われ、ねいみ~買ってよかったなと思いました(笑)。

その後、docomoショップで携帯料金プランの見直しをして、赤ちゃん遊びスペースへ。
ポリオの接種の後だけれど大丈夫か聞きましたが、まあ問題ないでしょうということで、たっぷり1時間半遊びました。その間、旦那さまから名前を聞いていたお友達が何人もきて楽しく遊びました。遊びすぎて午後のお昼寝とおやつをすっ飛ばし、家に帰ってからは早めの夕ご飯とお風呂。7時半には眠すぎて大騒ぎ、歯磨きしてベッドに入れるとまさに秒殺でした。

久しぶりに育休期間にもどったような2人の時間でした。3人とはまたちょっと違う一日で、毎日べったり2人きりは本当に大変だけれど、たまにあると実に楽しい一日でした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 | HOME |  »

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム