ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.27 (Sat)

選手交代

ここ1週間、野菜中心の健康食生活を送った結果、むくみがとれてきたらしく今朝の体重はまあまあ許容範囲。よかった~。
ただ、肉、魚大好きの旦那さまには物足りなかったらしく、一緒に買い物に行ったら、あれも、これもと肉や魚を買い込んでおりました(笑)。
お陰で今夜はたらふく食べたので、また逆戻りかも・・・。


今日は15週4日。あと3日ほどで5ヶ月に入ります。安定期なんてずっと先だと思っていたのに早いものです。
そして順調にすすめば8月には産休に入ります。

私は研究職なので、組織の一員としての仕事と、研究者個人としての仕事と両方が仕事です。
大学の先生が、大学の授業や入試や会議も仕事だけれど、実験室で実験したり、本を書いたり、遺跡を発掘したりするのも仕事、というのと同じです。
もちろん、どこに所属しているのかということは常について回るし、給料は組織からもらうので、個人の研究も組織が認めた範囲に限られますが、外部の研究費を申請したりして、「これをやってもいいですか」「いいですよ」という手続きで認められれば、あとは研究の中身自体は個人の判断で動きます。

仕事のうち、組織の一員としての仕事については、たぶん、同じ職場の先輩・同僚に肩代わりしてもらうことになりそうです。(代替要員を補充する仕組みがないので)申し訳ないですけれど、お願いしないとサービスが滞ってしまうので、お願いすることになると思います。
が、研究の方は、原則代わりがいません。その組織にいるからという理由ではなく、研究者個人としての活動なので、そもそも休んだら交代という概念がないのです。

今、私が代表者になっている研究費は2つあって、どちらも3年計画の2年目。つまり、私が産休・育休をとろうと思っている期間にプロジェクトのまとめをしなければなりません。
ただ、2つのうち1つは、私が一人だけでやっているもので、産休・育休の場合には、中断することが認められていて、復帰後に再開ができます。ですので、来年度はそちらは1年間、休むことにしました。再来年度、復帰してから再開することが許されています。

問題はもう一つの方。こちらには休むという選択肢がありません。
産休に入るまで4ヶ月しかないので、その間に全部成果を出すのは無理だし、それまでだって遠距離の出張は避けたいなあと思っているので、自力でプロジェクトをまとめるのはほぼ不可能・・・。もちろんチームメンバーの人たちの協力は得られるのだけれど、遠隔操作でまとめるというのは、メンバーの人にとってもやりにくいはずです。代表をチームメンバーの別の人に代わってもらうのが一番よいはず。

ずっと以前、別の理由で問い合わせたときに「死んだときか、研究をしない職場に異動したときか、海外に行ったきり帰ってこないなどの理由でないと代表者は代われない」と言われていたので、大丈夫かなあと思いつつ、問い合わせてみました。すると、今回の場合は「健康上の理由」ということで、チームメンバーの人に代表者を代わってもらってよい、ということになりました。

というわけで、チームメンバーのお一人に代表者を代わってもらうことになりました。私は一メンバーとして参加することになります。
この研究チームの人たちとは付き合いも長く、ずっと一緒にいろいろな形でプロジェクトをやってきたので、今回の事情もよく分かってくれているし、肩の荷が下りた気がしてほっとしました。
あとは理由書を準備して提出すれば手続きは完了です。

でも、ちょっとした寂しさもあります。
研究費を獲得するのも、毎年毎年の成果をまとめて、中間審査を受けていくのも、それなりにエネルギーをかけてやることだし、若手研究者(この年になっても研究者としてはまだまだ若手)としては、その一つ一つが今後に向けたステップでもあります。
せっかく途中まで頑張ったものを手放すようで少し寂しい気が。

もちろん、はじめから分かっていたことだし、何より自分が望んでいたこと。後悔するとか、残念とか、そういうのではありません。それどころか、治療までしながら、仕事を辞めずにすんで、今後も続けようと思える環境は実に恵まれていると心から思います。
でも、ちょっと寂しくなったりもして、自分の欲張りさ加減を実感したのでした。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2010.03.25 (Thu)

体重管理にあくせく

15週に入り、体調も随分楽になってきました。
安定期が近づいたことと、安静生活復帰後の生活に慣れてきたことの両方だと思います。
先日電話で話した同級生も、「毎週毎週体調が良くなっているのが分かる」と言っていましたが、そんな感じです。

問題は体重管理。
日、月と散歩には出たものの、その後は起きるのが遅かったり、雨が降っていたりで2日坊主状態です。

陽性判定以降、お酒はもちろん飲まないし、水銀の含まれそうな魚は避ける、野菜を意識して食べる、インスタント食品など添加物の多そうなものは極力食べないなど気をつけているつもりなのに、ズンズンと体重がup。
うーん、本当にコントロールできなくなってしまうとこりゃマズイ、と

反省してみると、
職場復帰後、少し動くようになったことやつわりが治まったこともあって、調子にのって食べていた傾向がある。特に夕方、お腹がすくと、ヨーグルトやおにぎりならいいか、と食べていた。
 → 夕方、間食しているにも関わらず、夕ご飯を同じように食べていたみたい。

コーヒーを飲みたいけれど、我慢しよう 
 → どうせ飲むなら牛乳が入っている方がマシか。紅茶の方がマシか。 
 → 缶のミルクティーぐらいならいいかな。
 → 結果的に日常的にはほとんど飲まなかった甘い飲み物を飲むようになっていた。

旦那さまの帰りが遅かったり、出張が多く一人でご飯を食べる日が多かった。 
 → めんどうだし、総菜を買ってくることもけっこうあった。
 → 結果、味が濃いものを食べていた。

休職前より仕事をする時間が短くなったので、おそらく消費エネルギーも少ないはずなのに、同じかそれ以上に食べていた。

ここ数年、自覚なく体重が増えるということはあまりなかったので、妊娠を機に体質が変わり、コントロールできなくなったのか、と焦りましたが、原因はちゃんとあるようです。

栄養指導の本まで頂いているわけですから、食べる方を改善する必要があるなあと改めて認識し、努力を始めました。
野菜を多く、海草や根菜をちゃんと食べよう、肉は控えて・・・。

が、すると、なんだか四六時中食べ物のことを考えているような気分です。

食い意地が張っているんだなあと改めて痛感しつつ、今日もせっせと野菜を買い込んで、健全な食生活を目指します!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

2010.03.22 (Mon)

散歩はじめ

職場復帰をしてあっという間に4週間。ほぼ1ヶ月経ちました。あっという間です。
今日で14週もおわり、あと1週間で5ヶ月の安定期もに入ります。

この1週間で急激にお腹がふくらんできた感じで、体重も急増気味。14週だったら増減ゼロぐらいが平均のようですが、朝起きてからすぐ、手元の体重計で計ってもプラス2キロ。正常範囲の上限です。
木曜、金曜と週末が近づくにつれて疲れてくるのか、全体に水分代謝が悪くなってますます体重が増加する気配です。
昨日、久しぶりにワンピースを着たら、お腹だけでなく、脇のあたりやら、腕の周りやらもキツイ感じが・・。全身にドッカリと肉がつき始めた様子・・・。
先週はちょいと歩いただけで筋肉痛になった為体。
これはマズイ、と、急に暖かくなった3連休、散歩を始めました。

・・・ですが、土曜の朝は熟睡してしまったため見送って、日曜スタート。

以前、ジョギングやウォーキングとして回っていたコースの半分ぐらいの距離をゆっくり目に歩いて30分あまり。
このコースには、近所の神社も入っているので、しばらくご無沙汰していた神頼みも復活しました。うさ子が無事、元気に生まれてきてくれますように、と5円玉を入れてお祈り。

歩き始めは肌寒くても徐々に暖かくなって、体もほぐれる感じです。やっぱり体を動かすことは大事ですね。
今朝はまだ桜は咲いていませんでしたが、つぼみがすっかりほころんできて、木が全体にぼーっとピンクに染まっていて。
春なんだなあと実感します。数日のうちには満開になるのでしょうね。

さて、この運動が実って、当面今の体重をキープできるといいのですが・・・。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

2010.03.19 (Fri)

同級生の子も同級生に

大学入学と同時に東京に出てきて早17年。
中学時代の友達で今でも付き合いがある友人は1人だけ。その友人からの今年の年賀状は結婚報告はがきでした。

結婚祝いを送ろう、とは思ったものの、判定日にドキドキし、あっという間に安静に突入してそれどころでなく、日が過ぎまして。
先週末、ずいぶん時間が経ってしまったのですが、久しぶりにデパートに行ったので、食器をセレクトして送りました。

そして昨日、旦那さまは飲み会、私は早めに帰ってきたので一人でテレビを見ながら夕ご飯を食べていると電話が鳴りました。自宅の電話宛にかけてくる人なんて、実家の母ぐらいしかいないので、はじめは母かと思って電話に出たのですが、その友人でした。宅急便の伝票に自宅の電話番号を書いたからそっちにかかってきたんです。
何年かぶりに声を聞いたのですが、そろそろ届く頃からなあ、と思っていたのですぐに分かりました。

結婚おめでとう、すっかり遅くなっちゃったけど・・・なんて話をしていたら、話の展開で「私、実は今5ヶ月なんだ」とのこと。
そこで、またまた、おめでとう!よかったね。私も今4ヶ月なんだ、と。
「そうなの~、よかったね。子どもも同級生になるね~」なんてあれこれと次々にいろいろな話題で盛り上がりました。
ほんとに話すのは久しぶりだったのですが、楽しくおしゃべり。

おしゃべりしながら、11月に入籍したって書いてあったから、でき婚だと気づかないぐらい早すぎるし・・なんてとっさに頭の中で計算しちゃいました(笑)。
その疑問はあれこれ話しているうちに解決しました。「11月に入籍して、解禁したとたんに妊娠した」んですって。
同級生だから私と同い年。つまり35歳。ちゃんとできる人にはできるんですね。

「本当は新婚旅行とか、いろいろ楽しんでからの方がよかったんだけどね」というので、ずーっと助走ばっかりしているのも大変だよ~、だんだん年齢も上がってくると焦るし。うちはなかなかできなくて、最後はあの手、この手だったんだよ~、というような話にもなりました。
「そうなんだ、ぴょんたのことだからてっきり二人だけの生活を楽しんでるのかと思ってたよ。でもよかったね。」

また、彼女の場合には、つわりもなく、最初は全く気がつかなかったそうで、「大酒飲んだ、とか、調子悪くて薬飲んじゃった、とか、そういうのが後で分かって後悔ばっか。ゴルフとかもして産院のおじいちゃん先生にはさんざん怒られたし」だそうです。それもそれで辛いですよね。

私は、「そっか~、それも心配だったね、でも、その中でも元気に今育ってるんだから、きっと元気な子なんだよ。私は衆人環視の元だったから、そっちの心配はなかったけど、それまであれが異常、これが異常っていわれてたから、そっちの方がしんどかったな~」なんて感じで、なんのこだわりもなく話すことができました。

彼女も切迫流産で2週間の安静生活を経験したそうで、あれやこれや1時間余りの長電話をして、お互い体に気をつけて大事にしようね、といって電話を切りました。

楽しく電話を切った後、ふと自問自答。
もし正月早々に結婚祝いを送っていたとして、3ヶ月なんだ、っていう話を聞いていたら、私は同じようにこだわりなく話せたかなあ、と思うと自信がありません。
というのか、自信がなかったから、正月すぐにはお祝いが送れなかったのかも。年賀状には妊娠が分かったとか、そういうことは一切書かれていなかったけれど、もしかして、っていう気持ちが頭をよぎったのは確かなので。

今回、結果的にいいタイミングで話ができて、子供も同級生になれるね、よかった~、と話せたのですが、「子供が同級生になったらいいね」なんてことを決して自分から言い出せなくなった何年かの気持ちは、ずっと忘れないようにしないといけないな、って思いました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

2010.03.17 (Wed)

筋肉痛

昨日から筋肉痛です。昨日、なんか脚が変だなと思っていたのですが、今日はますますその度合いが増して、ふくらはぎも、内もも、あちこちが痛い、痛い・・。

思い当たる原因は1つしかありません。

「15分、歩いた」です。


3月15日だった月曜日、午前休をとって税務署に向かいました。
はい、確定申告の最終日です。いつもギリギリにならないとやる気にならない我が夫婦。医療費の計算だけはしてありましたが、申告書をつくったりのツメを怠っておりついに最終日。
印刷して一式を持って税務署に向かいました。

すぐに提出して一件落着の後、職場までは徒歩15分の距離。暖かいし、昼時だし、散歩しながら職場に向かい、どこかでランチを・・・と思って楽しくブラブラ散歩。決して急いで歩いたわけではありません。

途中で発見したディープな「バングラデシュ料理」を食べて、いい気分で職場に到着。
特にお腹が張ることもなく、調子よかったんです。


ところが、翌日。どうも内もものあたりがおかしくなってきました。
よく、妊婦は足がつる、なんて話を聞くので、それかしら、と思っていました。

が、さらに翌日、もっとひどくなって、明らかに筋肉痛の症状に。

いくら考えてもこの15分の散歩しか、思い当たることはないんです。確かに安静生活以降、まとまった時間歩くなんてことはほとんどしていなかったのですが、ただ歩いただけで、それもたかが15分で筋肉痛なんて・・・。
それだけ体力が落ちていたのですねぇ。

今日は仕事帰りに15分ほど歩いてデパ地下へ行ってきました。
とすると、明日はこの筋肉痛がさらに悪化するんでしょうか。
早く治ってくれますように。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

 | HOME |  »

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。