ぴょんたのひよこ日記

結婚13年目の共働き夫婦です。 4歳の娘、2歳の息子との毎日の中、3人目のお迎え準備を始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.10.16 (Fri)

うさこ5歳

なんだかバタバタしているうちに日が過ぎていますが、無事夢クリを卒業し、5人家族に向かって順調に進んでいます。かねてからの予定通り、普通に出張もしていますが、まだ12週になったばかりというのに早くもお腹が出てきています。体重も3キロぐらい増えていますし。今回も体重管理に苦労することになりそうだわ…。

うさこはもう一人赤ちゃんが来る、というと、うれしそうで「やさしくする~」と即答でした。ミミスケの方は、しばらく「赤ちゃん来るよ」「ダメ~」とか、「ミミちゃん、赤ちゃんに優しくできる?」「ヤダ~」という反応でしたが、ここ数日は「赤ちゃん優しくするよ」と自分から言ってくれるようになりました。うさこにとっては二度目のイベントですが、ミミスケにとっては初めてかつ重大事件、うまく適応してくれるといいのですが、赤ちゃん返りはかなりの覚悟が必要そうです。

10月1日が夢クリの最後の通院でしたが、正式に夢クリを卒業する少し前にこれまでも診てもらっていた近所の産婦人科に行き、事情を話し、夢クリ卒業の翌週にうさことミミスケが生まれた病院の出産予約のために受診し、等々、あちこち受診していそがしかったですが、ようやく一段落です。
この間にうさこが5歳になりました。

身長111センチ、体重19.8キロと、多分平均より大きいサイズで順調に育っています。

先日、寺本さん名義の手紙が来て、あれ?請求書や領収書はもう揃っているのになんだ?とおもったら、5歳目安で送られるという追跡調査でした。

長期の追跡データはなかなかないでしょうが、やはりそういうデータは蓄積していって欲しいなと思います。すでに生まれている子どもたちにとっては変えられない事実ですが、同じ体質を引き継ぐのであれば、うちの子どもたちが大人になった時、また親と同じように不妊で苦労するのかもしれないし、そうしたら少しでもわかっていることが多いといいな、と思います。でも、いくら有名なクリニックだって、1医療機関の力で長年追跡するのはかなり難しいだろうし(引っ越したりしたとき、通知の義務はないし)、きちんと意味のあるデータを出せるような仕組みがいるんだろうなと思います。

先日、新聞記事で見かけたのは今頃は24人に1人が体外受精で生まれているとのこと。10年前は60人に一人だったから4倍になった(数字はうろ覚え)というような記事でした。それを読んでツラツラと頭に浮かんだことがあります。

私も旦那さまも昭和49年生まれ、実母も義母も昭和22年生まれという典型的な団塊&団塊ジュニア家族です。我が家に3人の子どもがやってきてくれるのは、単純に医療の進歩、時間の経緯というのもあるだろうけれど、その数の多さに引っ張られて、この世代にたまたま生まれたから恩恵を受けている側面もあるんじゃないだろうかと思うことがしばしばあります。もし、10年早く生まれていたら、5人家族になることはなく、ずっと夫婦2人で暮らしていたかもしれません。

少子化少子化と騒がれたのだって、数の多い団塊ジュニアの世代が産める間にという圧力はきっとあったはず。そんな世代にたまたま生まれたから、そしてたまたま30代の半ばで病院通いができたから、高齢出産だけど3人目まで望んで今があるんだろうなと。
うさこが生まれた時から5年、自分の感覚が変わったところも大きいけれど、出産しても仕事を辞めない選択肢があるべき、というような空気はぐっと増えた気はします。別に世の中がどうこう言うから3度目の新橋通いをしたわけではないけれど、きっとそれも無意識に自分でハードルを下げる方向に働いたかもしれないとは思います。

そしてこの「辞めさせないほうが良い」という言説が出回るのも、団塊世代がどんどん退職していく時期には入ったこととも関係するのだろうなと。数の多い団塊世代が引退していきとき、数の多い団塊ジュニアが働いてくれないと、それから団塊ジュニアが辛うじて産める間に産んでもらわないと、というのがあるんだろうなと。

子どもの頃から教科書で習っていた2025年問題、わかっていたはずなのに40年近くたっても何も解決していないと感じるけれど、それがもう待った無しの10年後に迫り、いろいろな施策も具体化を迫られてきた時期、たぶん、私はたまたまの巡り合わせで世代のラッキーを享受しているんじゃないか、という気がしています。

大学の卒業式の日にゼミの先生に言われた話も思い出しました。人数の多い世代に生まれると、競争は多くなる、その点では不利だと思うかも知れないけれど、数が大きいのは力になる、きっとその世代に生まれたことで何かが変わるきっかけになるだろう、というような意味の話を聞いたなあと。
話があらぬところに勝手に展開しましたが、本題に戻りますと、うさこが目下夢中になているのはプリキュア。
ほぼ1日2回、録画したプリキュアを見ています。朝、子供たちの身支度後、自分が用意をしている間は、早送りの2倍速、帰ってから夕飯の準備をしている間は通常速度で。稀にミミスケの希望でトーマスになったり、ジョージになったりしますが、6割以上はプリキュアです。

そのうさこの希望で、誕生日プレゼントはプリキュアのパレス。いかにも買わせるためにある、いかにもバンダイらしいおもちゃです。

こういう類のおもちゃはほとんど買い与えてこなかったのですが、今回は可ということにして5連休に買いに行きました。うさこは誕生日当日まで開けるのを我慢し、当日は起きるなり開封。満足してから保育園に登園しました。保育園ではみんなに吹聴してまわったらしく、「パレスで遊びたいから◯◯ちゃんと、◯◯ちゃんが遊びに来たいって」といっぱい約束して帰ってきました(笑)。

ま、そういうものでしょう。私も子どもの頃、そういうのが欲しかったのを覚えていますから。私はあんまり買ってもらった記憶はないけれど、うさこが夢中になって色々やっているのを見ると、まあ1つぐらいはこういう商売根性丸出しのおもちゃもあってもいいか、という感じで見ています。

ちなみにうさこのお気に入りはマーメード。よって今年のハロウィンはマーメードグッズを準備する約束をしたのですが、去年のエルサと違い、水色ドレスならなんでも良さそう、というわけにはいかず、苦心中です。色が同系列なのを幸いに、去年のエルサに装飾を加えてなんちゃってマーメードにしようと思っています。目下、スカート周りがなんとか完成し、あとは襟をつくればなんとかなるかな。

先週末は保育園の運動会でした。

1歳児クラスのミミスケは出番は一瞬、親子競技のみで、出がけに機嫌を損ねたのをずっと引きずって、かつ、運動会の非日常の雰囲気に飲まれて出番の間中仏頂面。愛嬌たっぷりのお友達を尻目に、ニコリともしませんでした。でも、去年はずっと泣いて私にしがみついていたので、それよりはマシかなと。

うさこの方はもう年長さんに次ぐ、年上クラスになっているので出番も多く、また本人も張り切っていました。最初のかけっこはかもなく不可もなく、という感じ。一番ではないけれど、ビリでもない、距離が短いからあまり差はつかないけれど、足の速い子の走り方ではないなあ~という感じ。我々夫婦の素質を考えれば致し方ないところです。

玉入れは、うさこの投げたものが1つ、入ったような、入らなかったような、よくわかりませんでした。うさ子曰く、入ったそうです。ただこれも、投げ方がうまいとは言いがたく、投げ方を教えないといけないんだろうなと思いました。私もキャッチボールなど下手だったからうまく教えられないのだけれど、その私から見ても、うさこの投げ方は難ありです。

一番の見せ場のフープはとても楽しそうにやっていました。家でも一人で「ピッ、ピッ」とか、先生の笛を真似ながら楽しんでやっていたので、頑張っている姿に大きくなったなあと思いました。ちゃんと言われたとおりに動くのはできるタイプのようで、指示通りの動きをして、ちゃんと飛んだり、回したり、輪になったりしていました。

5歳で何がどれだけできている必要があるのか、あんまり調べていなくて保育園任せ状態なのですが、目下練習の必要ありと思っているのが箸とひらがな。

箸は持って食べてはいますが、正しくは使えておらず、バッテン箸。私も幼稚園の頃随分親に言われた記憶があるので今の段階で修正が必要だなと思っています。

カタカナ平仮名は一通り読めるけど、書くのはおぼつかず、左右が逆だったり、書き順が滅茶苦茶だったり。これは親がちゃんと見てやっていないせいだとおもいます。書けるようになりたいみたいだから、ちゃんと見てやらないとなあ~。

あとは食べるのがダラダラと遅いこと。食べている途中でボーッとするのがなかなか直りません。昨日は保育園の参観と面談だったのですが、先生には家では難しいかも、保育園では確かにボーッとしているときも多いけれど、時間を見せながら小学校までにちゃんと給食が食べられるように練習させてくれていることを聞き、まあ保育園任せでいいかなと思っているところです。
意に沿わないことがあるとすぐフエーッ泣くというのもなんとかしたいと思っている点ではありますが、ベテランの担任の先生から、まずは嫌だった、というのを言えるようになること、そしてそれが理解してもらえたと感じてその先に進める、というようなお話を聞いて、なるほど、まず聞いてやらないといけないのだなと思ったところです。すぐ、どうしたら解決するか、というような方向付けにし過ぎていたのかな、と。保育園でも自分たちで解決するように導きながら見守ってもらっているようなので、家ではまず聞いてやる、ということでいいのかなと思いました。
スポンサーサイト

2015.07.24 (Fri)

一念発起

ご無沙汰しております。
本日は大阪出張、明日は鹿児島に行くことになったので、日帰り2日にできなくもなかったのですが、いたずらに移動ばかり増えるので、大阪泊にしました。

うさこもミミスケもほぼ順調です。
ミミスケは大流行の手足口病にかかり(ミミスケのクラスの過半数が発症…さすが保育園)、
水曜はお休みとなりましたが、翌日には登園。
「お口痛い」とは言うものの、メロンやヨーグルトはガツガツ食べていたし、普段の蓄えがしっかりあるのであまり心配もせず、保育園の方でも「じゃあ無理しないで食べられるものだけにしますね~」とあっさり引き受けてもらいました。
昨夜もお口痛いと言い、少食ではありましたが、ゼリーはバクバク食べ、なぜか、煎餅もOK(笑)
メロンさえ痛いと一口で諦めたのに、なんで?
ちなみに保育園ではお昼ご飯は痛いと言ってメロンだけ、でもお昼寝後のおやつは梅干しおにぎりを2個も完食だそうで。そんなもんなのね…。

7月上旬には早々と夏休みをとり、石垣島に行きました。
3年前にうさこを連れて行ったのと同じANAインターコンチ。
相変わらず部屋が広々としていて、子連れも多く、快適でした。

今回は4泊。義母とは現地で合流し、隣同士の部屋。
うさことミミスケは2つの部屋を行ったり来たりしながら楽しんでいました。
わが家が端の部屋、その隣が義母の部屋だったので、ミミスケが癇癪をおこして金切声を上げてもあまり気にしなくて済んだのも助かりました。
2歳児だからそんなものなんでしょうが、ミミスケの癇癪、なかなかのパワーで、金切声もハンパじゃなくて(14キロの堂々体格なのでボリューム十分)、かなりのこちらも消耗です。

今回は4泊あったので、やりたいことは一通りできました。
毎日海に入りましたが、潮の満ち引きのタイミングのせいか、台風直前だったせいか(台風にギリギリ引っかからず帰ってきました)、シュノーケリングが今ひとつでしたが、なんとか二人とも海が好きになりました。
ミミスケは2日目に波打ち際で波を被るというアクシデントがあり(旦那さまとうさこが海に走って行ったのを追いかけたところ、波打ち際で波にジャブっとやられてしまった…。その後ろを歩いていた私はその姿が可愛くて、大笑い)、最終日になるまで海が怖かったようですが、最後の日
楽しくなったようです。筏のような浮き輪の覗き窓からお魚を探して喜んでいました。そしてこれでおしまいにしよう、という時間になって気がついたようです。
「うみ、しょっぱいね~」
それに気がつくまで5日もかかったのね…。でもわかってよかったわ~。

竹富島では義母も数年ぶりの自転車に乗り、海に行ったり、水牛車を見たり。
やいま村ではうさこは衣装を着て写真をとったり、二人で太鼓を叩かせてもらったり、楽しみました。

ミミスケの機嫌がもつのが午前だけなのでなかなか余裕のある行動はできませんが、石垣島の
大きさなら午前だけでも行きたいところに行けるし、車の中で走っているうちに昼寝をしてなんとかなりました。
ホテルに戻って昼寝をさせようとしても興奮して(寝ているうちに楽しいことを逃すのではないかと思うらしく、寝ないのです)、おまけにうさこが
「うさこは寝ない、お出かけする」なんて言うのでますますミミスケは寝ないわけで。

そんなわけで、わが家の夏の最大のイベントは早くも終了です。

そうして、最後になりましたが
表題の一念発起、何を思いついたかといいますと、3度目の新橋通いを試みようかと。
丸二年、考えないで先送りしてきた凍結卵、今年も継続の手続きをしましたが、今年41歳。
そろそろ結論を出さないと意味がない状態になってきています。
廃棄の決断ができない以上、お迎えに行こうかなと思いました。

5月生まれ~8月生まれの間がいいなあと思うと、最初のトライは今月。

通院のタイミングが合うかどうかもわからないし、それぞれのステップがどうなるかわかりませんが、わからないままとりあえず行ってみようかと思います。
後のことは事態が進めば進んだなりになんとかなるだろうと信じて。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2014.10.19 (Sun)

エルサ完成!

来週のマンションでのハロウィンに向けて、うさこの希望に沿って、エルサ衣装を目指しました。

買ったもの
・水色のサテン生地(120センチ幅で、2メートル買いましたが身長110センチのうさこには1メートルで十分でした)
・緑色のサテン生地(アクセントのリボン用に。同じく120センチ幅で20センチ買いましたが、こちらは30センチ買っておけばよかったなと少し思いました。20センチを半分に切って長さをつなぎ、半分折にすると、やや細めのリボンに。腰にまくなら1.5倍幅の方がよかったなと)
・レース(楽天で激安レースというのを買いまして、雪の結晶模様を2メートル
・同じくレースの通販で様々な襟型のもの。

しめて3000円弱。使った分だけで言うと、1000円あまりかな。

家にあって使ったもの。
・結婚式のベール
・縫い糸(水色、緑、生成り、いずれも)
・ギャザー部分に入れたゴム
・頸飾り用のホック

ドレスの基本形は「型紙いらず! 夏用簡単ワンピース」というサイトを参照しました。
ちなみに、身長110センチのうさこの場合、このつくり方で、布を横幅120センチフルに使い、胸のところを17センチ折り返すという目安で長さを調整し、上1本、下2本のゴムを通すことで完成。(2枚にわけず、背中部分で綴じるだけの1枚布)
残りの共布で肩ひもをつくりました。

あとは激安レースで飾り付け。
裾に雪模様のレース、
すべて直線縫い、型紙もなく、線もひかず、適当につくってできました。
襟型レースにホックをつけて頸飾りに。

所用時間は子どもたちに邪魔された時間を除いてトータル3時間程度でしょうか。

elsa1.jpg

うさこがとっても気に入って、着て走り回っているので、作った甲斐がありました。
来週のハロウィン、風邪をひかずに参加できるかな。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

2014.09.05 (Fri)

4歳を目前にして・・・

本日は出張にて終日遠方へ。
午後の打ち合わせのために朝家を出てそのまま羽田空港へ、日帰りで羽田に戻るのは夜22時。
早めに空港につきはしたものの、日に数本しかない地方空港なので、しばらくラウンジで待機。
(経費削減のため、基本、変更できないチケットなので、便数が多いからってなかなか早くはならないですが)
一通りメールをチェックし終わって、おみやげを調達し、手荷物検査も終えて、搭乗までしばしの自由時間。

今月はうさこの誕生日。間もなく4歳です。
保育園のおかげではやくも誕生日気分を味わい、やる気満々のうさこです。

1歳の誕生日はほとんど本人には理解されていなかったけれど、2歳以降は毎回人生最大のイベント!って感じで楽しんでいます。
保育園の誕生会は、その主役感がたまらなくいいみたいです。
毎月毎月、他のお友達の誕生会をみて、いよいよ次は自分、というのでいやがうえにも期待が高まります。

さっそく今週の木曜が誕生会でした。
(毎月、最初の木曜が誕生会と決まっています)
誕生会の詳細はよく知らないのですが、園児全員がホールに集まり、先生がゲームをしてくれたり、年長組さんがつくってくれたプレゼントをもらい、親が写真とコメントを用意して先生がデコレーションとメッセージを添えてくれた誕生日カードを受け取ったり。
どうやら、誕生日(月)の子どもは、最前列のリボンのついた席に座らせてもらうようで、断然主役。

その日は迎えが遅めになり、6時半ぎりぎりに近かったのですが、誕生日会の余韻でご機嫌。
翌朝はびっくりするぐらい遊ばずちゃんとご飯を食べて・・・。
「うさこ、もう4歳だからちゃんと食べるもーん」だそうです。

砂時計導入後、多少は時間を意識しながらちゃんと食べようとすることも増えましたがいつ、それでも途中でボー。
「食べさせて~」となるのがパターンなのですが、驚くべきお姉ちゃんぶり。
「もう4歳だから」が随所に出てきます。

いつまでこの頑張りが続くかわかりませんが、それでも確実に成長してくれているのは確かで、ありがたいことです。
まだ誕生日本番までもうしばらく時間がありますが、ひたすら誕生日がうれしいこの期間、存分に楽しませてやりたいなあと思います。
明日は、晴れたら久しぶりにトランポリンに向かおうかな、と思っています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


2014.07.21 (Mon)

沖縄旅行とかぜっぴき

先週末から4日間、早い夏休みをとり、沖縄旅行に行ってきました。
うさこにとっては3回目、ミミスケにとっては初めての沖縄です。
泊まったのは、うさこを初めて連れて行った時と同じこちら。快適でした。

うさこは海はしょっぱいから嫌、といい、(波が怖いらしい)、2度ほど5分浸かったら終了・・・。
プールは大好きで、水が流れるスライダーを気に入り、キャッキャと騒ぎながら際限なくやっていました。
海はしょっぱいものなんですがねぇ。都会っこ過ぎて困ったものです。

ミミスケはというと、海は泣きっぱなし、プールもかなりの間ヒーヒー泣いていて、浮き輪に私が密着して連れまわしてようやく静かになる、という程度。
とても楽しんでいる
ようには見えませんでした・・・。
うさこが9か月のときには、楽しそうに揺られていたんですが、1歳3か月で多少知恵がついたから怖いのか、うさこに輪をかけて怖がりなのか。
いつか楽しんでくれるようになるとよいのですが。

美ら海水族館は、うさこはもちろん、ミミスケも楽しかったようです。
ゆっくり近づいてきて、ミミスケの前で停止してくれる魚を一生懸命指さして、うーうーと声をかけていました。
うさこを最初に連れて行ったときはまだよくわからず、あぶくを一番楽しんでいたようでしたが、ミミスケはそろそろ魚もわかってきた様子です。
うさこは義妹からもらった美ら海水族館のパズルで、隠れクマノミやジンベイザメ他、特徴的な魚をいろいろ覚えていたので、知っている魚を見つけながら楽しんでいました。

今回は旦那さまの両親、妹も一緒に行き(現地集合)、隣同士の部屋だったので、うさこは2つの部屋を行ったり来たり、実に楽しく過ごしました。
ミミスケはこの旅行中にうんと歩くのが上手になりました。おじいちゃん、おばあちゃんにも歩くのを披露し、とっても褒められてご満悦。帰ってきてからも移動のデフォルトが急に「歩く」に変わりました。(急ぐときはハイハイですが)
うさこもそうでしたが、歩き始めが遅い分、一度歩き始めたら一気に歩くようになる気がします。うさこもまともに歩き始めてから間もなく、保育園からの帰り道、ベビーカーではなく自分で歩くと主張して難渋したなあ・・と。

旅行にいく寸前までミミスケが発熱し、連日の早退&休みでそのまま夏休みに突入し、旅行から戻ると今度は大人が風邪をひきました。私も久しぶりに8度5分まで熱が上がり、ひどい咳は今も止まらず。旦那さまも熱は大したことなさそうですが、同じような咳で内科で薬をもらってきていました。
ミミスケ、うさこともに、ずっと咳は引きずっていたので、土曜日に小児科に連れて行き、薬をもらってきて・・・。
で目下、4人そろって咳&服薬中です。

daylihgt.jpg

sunset.jpg

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 | HOME |  »

プロフィール

ぴょんた

Author:ぴょんた
41歳、結婚13年目の共働き夫婦です。

34歳で不妊治療を開始。2010年9月長女うさこ誕生、2013年4月長男ミミスケ誕生の4人家族。

まだまだ新米ワーキングマザーですが、目下3人目お迎え中。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。